Lv91 復讐の終わりⅠ

all.png



【警備兵】ベルクス

あなたはアルテイアの善なる心を持つお方!
メルカ【親切商人】ポープ殿が、急ぎのご用があるとのことでござります。

ポープさんが?

【警備兵】ベルクス


【警備兵】ベルクスと会話してみよう。

【警備兵】ベルクス

はい、詳しいことは私には分かりません。
直接ご確認なさってくださりませ!

分かりました。

それでは、お早くご準備をば。
ラダメスからメルカへの道は険しいですから。

メルカへの呼び出し


メルカの【親切商人】ポープが探しているという。
彼と会話してみよう。

【親切商人】ポープ

おお、アルテイアの善なる心を持つお方よ。
お待ちしておりました。

どうしたんですか?

反女神派として伝えたいことがありましてね。
こうして来てもらったというわけです。
ベルニカ様のスパイとして活動していた「ラピス」のことはご存じですか?

あ、はい。ラピスが盗賊団を制圧したってだけ聞きました。

その後のことは聞いてないんですね。
盗賊団の長になったラピスは彼らを連れて北部の、本来の彼らの故郷であるラズリ王国の領土に向かったのです。

どうしてそこに…

復讐のためでしょう。
自身の王国を滅亡させたチャイルドに対する…

そんな無謀な…

傍から見れば、巨人に丸腰で立ち向かうくらい無謀な行為だったでしょう。
ですが、驚いたことに復讐は成功したのです。
もちろん、ラピス率いる盗賊団の被害も甚大でしたが…

ですが、結果的にこれが、ミストランド一帯を揺るがす大事件となりました。

一介の盗賊団ごときにチャイルドが倒された…これはかなりの大事件でした。
結局、すぐに別のチャイルドがその領地を占領したのですが…そのチャイルドもすぐに消滅してしまった…問題はここなのです。

消滅した?チャイルドは宝玉がある限り消滅しないはず…

よくご存知で。
チャイルドが消滅するのは、宝玉が破壊されるか、他のチャイルドに吸収された時のみ。

この場合は後者だったのですが、宝玉を吸収したチャイルドは私たちがよく知っている新生チャイルドだったのです。

まさか…

このことについては、まだ確実ではないためお話できません。
確かなことは、今回の件に非常に強いチャイルドが3人も関わっていて、女神派も関心を持っているということです。

ということは…

女神派が、問題の発端であるラピスを取り調べた場合、それによって我が反女神派の正体が明らかになる恐れがあります。

……

このままラピスが幅を利かせているのは危険です。
ノルペ様のお立場としては、彼の所属であるメルカ王国のベルニカ様に迅速な措置をお願いしたいのです。

なるほど。

最初にラピスをスパイに起用したのはベルニカ様でした。
メルカ王国ベルニカ様にラピスの処置を頼んでいただけませんか?
このままでは反女神派の存続が…

分かりました。

ありがとうございます。
あの方はとても計算高くてわがままですが、自分が起用した者を見捨てるほど無責任ではないでしょう。

それではメルカ王国のベルニカ様にお伝えください。

ベルニカのスパイ


ラピスについての話をベルニカから聞いてみよう。

【メルカ国王】ベルニカ

俺に何か用?

ラピスについて、伝えることがあって…

ああ、そのことなら分かってるよ。
ラピスがずいぶん騒がせたみたいだね。
後先考えないなんて…まったく、仕方のないやつだよ。

ラピスはどうなったんですか?

実は、ラピスが盗賊団に潜り込んでから、連絡が取れないんだ。
今、奴がどうなってるか、誰も知らないってわけさ。

そんな…

ただし、他の情報網からラピスがチャイルドに復讐を遂げた後盗賊団を率いて南部の領地に向かったっていう情報なら手に入れた。

南部の領地って…でもどうして?

詳しいことは俺にも分からん。
【門番】ペールセンから聞いただけだからな。
ラピスのやつ、一体何を考えてるんだか…

俺が知ってるあいつは、復讐のために無茶するような奴じゃないんだけどな。
もしもそんな愚か者だったとしたら、俺の面目丸つぶれだ。
君さ、ラピスを探して確認してくれないか?

分かりました。

最近のラピスのことを知ってるのはラダメスの門番、ペールセンだけだ。
彼に会ってくれ。

ラダメスへの帰還


ペールセンはラピスを見たという。
ペールセンにラピスの居場所を尋ねよう。

【門番】ペールセン

いつも美しい心~!
そして助け合いの精神!
それがあれば世界は美しい~♪

ん?
ハッ! オホン! 何かご用ですか?

さっき、何かすごく似合わない歌を歌ってませんでした…?

ハハッ!
まさかそんなこと…ところで、どうかなさいましたか?

(ラピスについて尋ねる)

関連クエスト




  • 最終更新:2016-11-12 13:30:58

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード