Lv90 俺様ズ・クロニクル-虚勢-

all.png



【ソーサレス】アンナ

ちょっと!
そこの子ブタちゃん!
今これと言った用事があって?

そうですね。

それじゃ、こっちにいらっしゃい。
…静かにね、さあ。

(近くに寄る)

【ソーサレス】アンナと会話


【ソーサレス】アンナが内緒の話があるらしい。
アンナと会話しよう。

【ソーサレス】アンナ

はぁ、どうしてあたくしがこんなことで他人の手を…

何か用事ですか?

まあ、あると言えばあるし、ないと言えばないし…
実はそんな大事なことでもないのは確かだけどね。

とりあえず、話してください。

…ラダメス警備兵や、あたくしみたいに戦える人は、エリアを分けてこの近所を見回ってるの。
だけど、最近妙な視線を感じて…

…視線、ですか?

そう、危険って言うよりもまとわりつくような…いや~な感じの。
最近、見回りのたびにそれが気になって…まったく!
そんなモノにこのあたくしが…!

でも、気になるんですよね?

…そう。
だからと言って、任務を放り出すわけにもいかないでしょう?
でも、今日くらいは誰かに代わってもらおうと思って…そこで、子ブタちゃん!
アナタよ。

まぁ、1回くらいなら…

…本当に?
見回りの場所は、ボルカノス泥地よ。
危険だし、面倒だけど…本当にできるかしら?

そりゃあ、面倒じゃないって言ったら嘘になるけど…

それじゃ、今回だけは任せようかしら。
警備兵にはあたくしから言っておくわ。
まったく、こんなことで借りをつくるなんて…

借りだなんて…思ってないですよ。

アナタに聞いてないわ!
あたくしの気が済まないの。
まあ、今回は頼るしかなさそうだし…。
さっさとボルカノス泥地に行ってらっしゃい。
二度とこんな頼みはしなくってよ。

ボルカノス泥地を見回るだけよ。
罠には注意なさい。

ボルカノス泥地の偵察


【ソーサレス】アンナから依頼を受けた。
ボルカノス泥地をクリアして、怪しい物がないか確認しよう。

・・・

ボルカノス泥地でグリゴリーと会話


泥地にはグリゴリーがいた。どうしてここにいるのか、問いただしてみよう。

グリゴリー

なっ…どうしてテメェが?

あのアンナだかパンダだかのソーサレスじゃなくて、なんでテメェなンだよ!?
こんな事なら待つんじゃなかったゼ!

(…アンナさんを待ってたってこと?)

(ブツブツ…)
この近くに来るのを何度か見かけたから、来てみたら…なんてザマだ…!

まさか、ストーカーじゃ?

俺様が!?
このグリゴリー様が、ソーサレスごときを…?
わ、わ、笑わせンな!
ん、んなわきゃねーだろ!
ストーカーじゃなくて、そのぅ…あれだ!
コイツを渡そうと思って、待ってただけだ!
(グリゴリーがカバンから何を取り出した)

…?(とりあえず受け取る)

どうだ?
この辺じゃ見られない最上級のドリム石だ!
あのソーサレスに伝えろ。
宝石商のグリゴリー様がくれてやるってな!

…アンナさんがこれを受け取るとは思えないけど。

この俺様からの貴重なプレゼントだぞ。
それをイヤだって…おい、マジか!?

ん?
ちょっと待て!
お前、誰にタメ口きいてンだ!?

こっそりつけ回す人からのプレゼントなんて…キモチワルイ…
いくら貴重な物でもぶしつけに渡されたら、イヤになるよ。

そんな…!
お、俺様は宝石商だぞ!
関心を持ってやるだけでも、嬉しくて涙モンだろ!

でも、相手への配慮はゼロだよね。

配慮だとぅ!
フン、俺様がテメェらごときに何を配慮するンだ?
もういい、さっさと伝えろ!
そしたら上手くいくはずだ!

こんな近づき方は良くないって。

良くないって何が…
(ブツブツ言っているが、グリゴリーなりに考えているようだ)

…渡してあげるからさ。もうストーカーはやめときなよ。

ストーカーじゃねェ!

(ドリム石を受け取ろう)

いいだろう、あのソーサレスに伝えろ!
グリゴリー様からの贈り物だッてな!

あああ…こんなバカ高いドリム石をくれちまうなんて…!
俺…大丈夫か?

(グリゴリーが独り言をつぶやきながら、頭をかきむしっている。無視して、ラダメスにいるアンナに報告しよう)

ラダメスで【ソーサレス】アンナと会話


グリゴリーからアンナにドリム石を届けるよう頼まれた。
まずは、ラダメスに戻ってアンナに一部始終を話そう。

【ソーサレス】アンナ

あら、早かったのね?
変わったことはなくって?

(アンナにグリゴリーに出会ったことを伝える)

えっ?
あの宝石商があそこをうろついてる?
あんな罠だらけの泥地を一人でうろつくなんて…正気の沙汰じゃないわ。

とにかく…あの薄気味悪い視線はアイツだったわけね…も~~!
考えただけで身の毛がよだつ!

彼からの預かり物です。

あら?
なにこれ…ドリム石じゃない?

ハァ…コソコソ後を付け回した上、こんな物をよこすなんて…
あたくしには必要なくってよ。
欲しくもないし…借りを作るなんてもってのほかよ!

それじゃ、これはどうすれば?

…突き返すために行くなんて論外よ。
しょうがないわ…とりあえず、ノルペ様にお見せなさい。

まぁ、子ブタちゃんも、なかなか頑張ってくれたじゃない?
ご苦労様。
まったく…どうしてこう問題ばかり起こるのかしら!
…頭が痛いわ。

ラダメスで【ホログラム】ノルペと会話


アンナはグリゴリーがくれたドリム石を受け取りたくないと言う。
彼女の言うとおり、【ホログラム】ノルペと相談して、ドリム石を処分しよう。

【ホログラム】ノルペ

DNクエスト様、どうされましたかのう?

そんなことが…。
少々の事では、仕事を他人に任すことのないアンナ殿じゃが…だいぶ参っているようじゃのう。
研究員に言ってドリム石を調査してみましょうかのう。
このホログラムの前に置くのじゃ。
ただのドリム石じゃったとて、財政の足しくらいにはなろう。

ご苦労じゃったのう。
アンナ殿に代わって、お礼を申し上げますぞ。

関連クエスト




  • 最終更新:2016-11-12 21:41:27

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード