Lv85 災いを示す者

all.png



……でも、ギイさんをそんなところに置き去りになんてできない…探しに行かないと!
それに、あの盗賊団…もう好き勝手させられない!
いくらベルニカさんでも、盗賊団の討伐ならきっと手を貸してくれるはず…!

災いを示す者Ⅰ


ファルジョはドリムゴルド盗賊団が鉱山を襲撃して、ギイもこの世を後にしたという。
もう少し詳しい話を聞いてみよう。

【雑貨商人】ファルジョ

たぶん…亡骸たちはみぃんな埋葬されたあとのはずさ…あきらめなよ。
それに、盗賊団だって、次から次にわいてくるんだ…。
危ないよ。

そりゃあ賢明なベルニカ様があいつらを泳がせてる理由…お客さんは何でだと思う?
こいつぁ噂なんだけどさ、ドリムゴルド盗賊団の裏にそりゃべらぼうな勢力がいるらしくってさ、どうにもできないって話さ。

一体誰なんだろう?メルカ国王のベルニカさんも手出しできないような人物…

うぅ~ん…あっちは旅の行商人、そこまでは分かんないや。
一国の国王と肩を並べるほどの奴ってったら、どっかの商団の長とか、…最悪チャイルドか…あっちが思いつくのはそんくらいかな?

(そういえばドリムゴルド峡谷で会った盗賊の人…!
ベルニカさんと知り合いだって言ってたし…トリヤンの兵かって聞いてきたし…あの時は気づかなかったけど、今考えてみたら怪しい!!)

どっちにしても敵に回しちゃ危ないやつらさ。
…さ、ギイさんのご家族に彼の訃報を伝えてくれよ。

(ファルジョは荷物の整理に没頭している。話すのは難しそうだ)

(とにかくトリヤンの要塞にもう一度行ってみよう。
もし本当にトリヤンがドリムゴルド盗賊団を裏で支えてるなら、そのことをベルニカさんに伝えなきゃ!)

災いを示す者Ⅱ


ファルジョは盗賊団の裏には何か大きな勢力がおり、一筋縄ではいかないだろうと話す。
その裏勢力は、トリヤンではないだろうか?トリヤンの要塞で手がかりを探してみよう。

こんな所にドリムゴルド盗賊団がいる…ってことはやっぱり!あれ?
(何だか見覚えがあるような?)

ラピス

久しぶりだな。
小さな恩人さん。
私はラピス。
ドリムゴルド峡谷で君に助けてもらった者だ。

はい、覚えています。
でもどうしてこんな所に…?
やっぱり、ドリムゴルド盗賊団を裏で支えているのはトリヤンなんですか?
それで、あなたもトリヤンに接触しようと思ってここに来たんですか?

シッ。
静かに。
本当は私の正体は秘密なんだ…でも、君はベルニカ様を助けてくれているようだし、私の恩人でもある…本当のことを教えてあげよう。

実は私は、ベルニカ様がドリムゴルド盗賊団に送り込んだスパイなんだ。
ここにはトリヤンと盗賊団の関係を明らかにするため侵入した。

あっ…それで!!そっかそういうことか…だから盗賊団のフリをして、トリヤンの要塞にいるんですね!

そう。
…どの道根絶やしにできないのなら、内部からコントロールしてしまえ…。
これが、ベルニカ様のお考えだ。

…うーん、ベルニカさんなら確かに言いそう。

私は、かつてベルニカ様の恩恵にあずかった身、チャイルドの襲撃で亡国の王子となった私を救ってくださったんだ。
それで恩返ししようと…私は盗賊団の副頭まで上り詰めた。

…そ、それは…すごいですね…!!

君と初めて会ったときもそうだ。
私の正体を怪しんだトリヤンの部下と戦い、傷を受けたところだった。
…トリヤンは盗賊団を利用してメルカの重要資源であるドリムゴルドを横流しし、密造酒を作って、メルカの裏社会を牛耳る経済力を得ているらしい…

特にドリムボールは製造方法によっては強力な幻覚作用を持つことから、政府が厳重に管理している品だ。
トリヤンと盗賊団との癒着関係の裏を取り、ベルニカ様との作戦を実行しなければ…彼らはメルカへの脅威となるだろう。

副団長であるあなたすら、トリヤンとは接触できないなんて…。
トリヤンと直接やり取りできる人は、ほとんどいないってことですか?

その通り。
どうやら盗賊団の頭と極小数の側近だけが、トリヤンとの接触を許されているらしい。
私の場合はベルニカ様が潜り込ませた勢力の副頭だ。
同じ副頭とはいえ派閥が違うと言っていい。

イベールの家を襲ったのも…盗賊団を裏で支えてるのも…トリヤン…あいつなんだ…

トリヤンと君にどんな因縁があるのかは私にはわからない。
しかし、彼はチャイルド。
その上、強大な勢力を操る者だ。
ベルニカ様のご指示がない以上、先走らず、チャンスを待つほうがいいだろう。

それじゃ、私はこのまま調査を続けるよ。
君は君のやるべきことをやるんだ。

(ベルニカさんはすでに盗賊団とトリヤンの関係調査に乗り出してた。
他に…何かできることはないかな?
まずはイベールさんの所に戻って、ギイさんの訃報を伝えなきゃ…)

災いを示す者Ⅲ


トリヤンの要塞で再び出会った盗賊ラピス。
彼は自分はベルニカのスパイで、盗賊団の裏にいるのはトリヤンだと教えてくれた。
ひとまずイベールの所に戻って、このことを知らせよう。

イベール

こんなに遅くなるなんて…一体どうしたんですか?

(ギイさんがこの世を去ったことは紛れも無い事実だ……イベールさんに全てを正直に話そう)

関連クエスト




  • 最終更新:2015-08-29 20:30:20

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード