Lv85 悲しい世界

all.png



そういえば、お兄さんのギイさんは今回の事件のことを知ってるんですか?

悲しい世界Ⅰ


ギイが家族の訃報について知っているのか、イベールに聞いてみよう。

イベール

いえ、兄はまだこのことを知りません…。
兄がこのことを知れば、どれほど心を痛めるでしょう…いっそ伝えないほうが良いのかもしれません…

…でも!ギイさんはイベールさんのお兄さんですよ。
家族が自分の知らないところで苦しんでいるなんて…後から知ればもっと悲しむと思います。

そう…ですね。
家族がつらい思いをするのを見過ごせない人ですから…ギイ兄さん。
自分はあんなにつらい仕事をしているのに…

ギイさんとは前にグレルの頼みで、ファルジョを通じて連絡したことがあるんです。
イベールや家族の話を伝えてほしいって頼んでみますね。

ありがとうございます。
正直なところ私も動揺していて…何をどうすればいいのか…
まるですべてが嘘のように現実味がありません…

きっとグレルを安全なところに逃がしたから、気が抜けたんですよ。
じゃあ、早速ファルジョに会いに行ってきますね。

DNクエストさん、ありがとうございます。
出会って間もないというのに頼ってばかりで…本当に、何とお礼を言っていいか…

ルビナート様がいらっしゃった頃は、とてもお世話になりました…。
きっとその頃の名残ですね。
…こんな日は、ルビナート様にひと目会いたくなります。

悲しい世界Ⅱ


ギイに家族の訃報を知らせるため、メルカにいるファルジョを訪ねよう。

【雑貨商人】ファルジョ

キャットグラス生えるよ♪
たくさん生えるよ♪
大事な大事なキャッ~トグ~ラ~ス~♪
(ファルジョがおかしな歌を口ずさんでいる)

おんや!DNクエストさん!
やっぱり~今日は良いキャットグラス柱が立ったから、素敵なお客さんが来るんじゃないかと思ったんだぁ~♪ふふふ~ん♪

(言ってる意味がわからない…が、気を取り直して、ギイに家族の訃報を伝えたいと告げる)

んなっ!…あいわかった。
ドリムゴルド鉱山には、明日辺り…ぼちぼ~ち行こうかなぁ~と思ってたとこなんだけど…。
でも、そういったことなら今日すぐにでも出発しなきゃね…グスン…
(ファルジョが泣きそうな顔になる)

そ…その、せっかく良いことがあったのに、こんなこと頼んじゃって…ごめんね?

いんや、いいってことよ。
メルカはまだマシなほうさ。
あちこち行商しながら色んな話を聞くけどさ…やれ誰がやられた、やれどこの町がダメになった…そんな話ばっかりだもんね…

それじゃ、あっちは前みたいに、隠れてお客さんの後をついてくってことで!
さぁさ、そうと決まれば早速出発、しゅっぱ~つ!

ふやぁ~!何度見ても神出鬼没!華麗な技さばき!カタストロフの将軍もイチコロだぃ♪な~んて!

悲しい世界Ⅲ


ギイに連絡するため、再びファルジョに会った。
ファルジョは安全にドリムゴルド鉱山に入るために、もう一度ドリムゴルド盗賊団を退治してほしいと言う。

【雑貨商人】ファルジョ

そいじゃ、あっちはギイさんに会って、ちょっくら家族の訃報を伝えてくるよ。
ほいじゃ、またメルカ王国で!

悲しい世界Ⅳ


ファルジョは盗賊団を倒したことに礼を言うと、ギイに家族の訃報を知らせに行った。
メルカ王国に戻って、戻ってきたファルジョと話そう。

【雑貨商人】ファルジョ

あっ…!DNクエストさん……!
それが、その………(ファルジョは何か言いにくそうに尻尾をいじっている)

……どうしたの?もしかして、ギイさんに何かあったとか…?

そいつがその……ドリムゴルド盗賊団が鉱山を襲ったって話なんだ…
お偉いさんたちは護衛の奴らに守られた。
…でも、ただの働き手の奴らは…誰も守ってくれなかった…それで…

そんな……こんなときに…(イベールに何て伝えよう…)

…グスン、次から次に、良くない知らせばっかりだ…
ギイさんは先に旅立った家族を追って、あの世に行っちゃったらしい…
ハァ、残念なこった…せめて体だけでもって思ったけど、死傷者が多くて、そいつもできなくって…

……でも、ギイさんをそんなところに置き去りになんてできない…探しに行かないと!
それに、あの盗賊団…もう好き勝手させられない!
いくらベルニカさんでも、盗賊団の討伐ならきっと手を貸してくれるはず…!

関連クエスト




  • 最終更新:2015-08-29 20:24:35

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード