Lv85 少女の決意

all.png



(ギイさんがこの世を去ったことは紛れも無い事実だ……イベールさんに全てを正直に話そう)

少女の決意Ⅰ

イベールに兄、ギイの訃報を伝えよう。

画像を表示 画像を表示

イベール

…そうだったんですね。
ギイ兄さん……。
兄は…盗賊団のせいで命を落としたんですね。
…そして、その影にはトリヤンがいる。
…そういうことですね。

DNクエストさん……。
私はおかしくなってしまったんでしょうか?…不思議と悲しみを感じないんです…

ただ怒りが……。
…あぁ、どうしてこんな世界に…!
これまで必死に耐えてきた怒りが……まるで堰を切ったように溢れ出します……!

私は戦い続けます。
もう戦うしかないんです。
もう…これまでのように隠れて戦う理由もなくなりました。

世界が…私から大切なものを奪い去りました。
だから私は…この世界に復讐します。

まっ、待ってください!イベールさん!!まだグレルが…グレルがいるじゃないですか!

フフ…安心してください。
(イベールが虚ろに笑う)
私は、グレルのためにも、自暴自棄になったりはしません……

……反女神派の軍に志願するつもりです。
力をつけ、女神派をなぎ倒す剣になる……そうすることで、私の中の怒りも少しは収まるでしょう…
…もう…行かなければなりませんね。

…イベールさんがそう決めたなら…もう何も言えません。
…でもせめて反女神派の本拠地まで、見送らせてください。


貴方がそう言うなら…お願いします。
反女神派の本拠地に行くには、ドリムゴルド峡谷を越えなくてはなりません。
渓谷の外れでお会い}しましょう。

少女の決意Ⅱ

ギイの訃報を聞いたイベールは女神派に復讐するために反女神派の軍に志願するという。
彼女を見送りにドリムゴルド峡谷の外れに行こう。

画像を表示 画像を表示

イベール

ここまで来てくださって、ありがとうございます、DNクエストさん。
きっと…つらい思いをなさったでしょう?
私たちのために…すみません。

そんな…!イベールさんは、もしかしたらがっかりするかもしれませんが…
アルテイアにも悲しみや苦しみは存在します。
これまでもそんな場面をたくさん見てきました…

でも、アルテイアの人々は、その悲しみや苦しみに向き合って戦うべきだと考えてる…!
そんな思いから…今ここに立っているんです。
イベールさん…あなたもきっとそんな思いから……

ええ。
信じなければ…何も変わりませんからね…
(イベールがおぼろ気に笑う)

あ…それから、ベルニカ様のお力添えもあって、現在、女神派も休戦協定について前向きに検討しているようなのです。
ベルニカ様の言うとおり、思いの外ルビナート様の結界が頑丈だったことを不安に思ったようです。

また、反女神派内部でも、これからはベルニカ様への警戒を完全に解き、同盟とみなすべきだという判断がくだりました。
私もメルカを離れる前にベルニカ様にご挨拶して、反女神派と直接やりとりできるように段取りを整えておきました。

これからはベルニカ様を通じて、反女神派に連絡なさるとよいでしょう。

それでは…この辺りでお別れにしましょう。
いつかまた再び会える日を心待ちにしています。

少女の決意Ⅲ

イベールは見送りの途中で、反女神派がベルニカを同盟とみなし警戒を解いたこと、これからは彼を通して反女神派と連絡ができることを教えてくれた。
メルカ王国に戻ってベルニカに会ってみよう。

画像を表示 画像を表示

【メルカ国王】ベルニカ

あ~やれやれ、有名人のお帰りだ。
全く君ってやつは…

ったく…君が俺のこと助けてくれてるのか、それとも、心優しき俺が君の面倒を見てやってるのか……ハァ…君、どっちが正解だと思う?

関連クエスト



  • 最終更新:2017-06-26 21:16:02

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード