Lv82 メルカの蒼き毒蛇

all.png



画像を表示 画像を表示

【メルカ国王】ベルニカ

今この時に反女神派の人物が俺を訪ねてくる理由は大体分かるがな。
手紙を読んでみるからちょっと待ってろ。

メルカの蒼き毒蛇Ⅰ

反女神派の連絡係であるイベールが、メルカ国王のベルニカに会い、休戦協定を進めてほしいと頼んできた。
メルカ王宮へ行きベルニカに会おう。

画像を表示 画像を表示

【メルカ国王】ベルニカ

……こりゃまた予想以上の話だな。
モノリスの扉が開いて一番困るのはアルテイア側だろうから、人員を送るべきか…

俺たちの世界でアルテイア人といえば、幽霊と同じように考えていたが…
こうやって実在しているのを見ると君は少し特別な人間のようだね。

幽霊ですか?

そうだ。
アルテイアではどう考えているか分からないが、ミストランド人の間でアルテイアは、女神アルテアが見続ける夢、そしてその夢が作り上げた虚像の世界と考えている。
そこに暮らす人間もやはり虚像だとな。

(ミストランドの人々はアルテイアの世界が夢だということを知っているんだ…。
でもこちらの認識とはズレがあるようだ…)

さてと…ここは自由中立都市メルカ
商人が荒れ地を開拓して造った楽園だ。
チャイルドだろうが反女神派だろうが、客であれば大歓迎さ。

じゃあ、客でさえあれば、どちらにも味方するということですか?

君、これは知ってるか?
真の中立とは、対立している両方の国の力がある程度同等でないと成立しない。
一方が素手なのに、もう一方は切れ味の良い大剣を持って決闘するとしよう。
中立だからと言ってその状況を静観しているのは、強者の味方をしているのと同じだと思わないか?

俺たちは、戦争が起こった場合、どちらかの味方をするということはない。
ただ、素手で戦う者たちに武器を掴ませてやるだけだ。

…それでは私は今反女神派側の人間で、反女神派はカタストロフより明らかに弱いから…私にミストランドで戦うことのできる剣を提供してくれるということですね?

君は1つ勘違いをしているようだが、俺は商人だ。
剣が必要なら金を払って買うんだ。
金が無ければ他の方法で誠意を表すべきだ。
違うか?

言っていることが少しおかしいです。
弱者は普通、何も持っていないものです。
つまりあなたは、商人である以上、お金のある強者の味方をするということじゃないですか?

馬鹿なことを言うな。
君は強さや弱さが持っている物で決まるとでも考えているのか?
商人がこんなことを言うのはおかしいかもしれないが、世の中には無形の価値というものが確かに存在し、その価値こそが最も高値で取り引きされるのだ。
剣を握らせてやっても、そいつが剣を操る方法を知らなければ話にならないではないか。

反女神派からの使いで、アルテイアから来た特別な存在だというが、それが君の価値の全てなのかい?
それに俺は、反女神派を助けるかどうかまだ決めていない。
それなのに「あなたは中立で弱者を助けると言ったから、私を助けるのは当然だ」とでも思っているのか?

俺は、幼くして両親を失い、天涯孤独の身だった。
本当に何も持っていなかったが、生き残ってやるという一心で行動し、やっとのことで先代の国王の目に留まり、ここまで上りつめたのだ。
君も、自分の価値を見せてみろ。
君を信じて反女神派を手助けしてやろうと思わせるように説得してみるんだな。

それじゃぁ、どうすれば私を信じて助けてくれますか?

そうだな…。
ああ、このメルカ王国の郊外に昔からドリムゴルド鉱山を占拠しドリム石の涙という密造酒を製造する盗賊団の本拠地がある。
完全に根絶やしにすることができず、最近では必要悪とでも言わんばかりにのさばっている状態だ…。
そろそろ本腰を入れて壊滅に追いやらなければ、ますます増長する。

ほとんどのドリム石は、幻覚作用のある酒を製造するのに利用されるが黄金の輝石と呼ばれる石は、宝石としての価値がとても高い。
そのドリムゴルド盗賊団を壊滅させ、黄金の輝石を持ってきてくれれば、武力の証明と共に信用に値する冒険者であることの証明にもなるだろう。

分かりました。
それで私の価値を証明し、私を使いとして送った反女神派も信じられると言うのなら…

ドリムゴルド盗賊団は手強い相手だ。
奴らは長い間ドリムゴルド峡谷を占拠し、その背後には…いや、それは知らなくても良いだろう。
とにかく…たやすい相手ではない、覚悟して行くのだ。

メルカの蒼き毒蛇Ⅱ

【メルカ国王】ベルニカに、自分の価値を証明するためドリムゴルド峡谷の盗賊団を壊滅させ黄金の輝石を持ってくるよう言われた。
ドリムゴルド峡谷へ行ってみよう。

画像を表示 画像を表示

傷ついた盗賊

はっ!お前!初めて見る顔だな?
トリヤンのとこの兵士か?誰の命令でここへ来た?

(トリヤンの兵士?)
そっちこそ誰ですか?盗賊団のメンバーなんだろうけど…人に聞く前に自分が名乗ったらどうですか?

(周囲をうかがっている)
初めて会った奴にこんなこと言うのもなんなんだけど…
できれば、このまま帰ってくんねーかな?
見てのとおり怪我しちまって戦う力がねぇんだ。

……まぁ私も理由なく誰かと戦うつもりはありません。
でもあなたは、盗賊団だし、ベルニカさんに言われた任務を遂行するしか…!(武器をかまえる)

…お前はベルニカの指示でここに来たのか。
それなら話は早い。
俺もベルニカとつながってるんだ。
いきなり信じられねーかもしれんけどな。
このままお前にやられちまっては、俺もベルニカの信頼を裏切っちまうことになる。

(なんだか悲壮な雰囲気が漂っている…信じてもいいのだろうか。
でも、怪我してるのに攻撃するのは卑怯な気がする。
それにもし本当に盗賊じゃなかったら、死ぬまで後悔するだろうな。
命は大切だし、まずは信じてみよう)

疑いからは何も始まらないと言うし…。
もしあなたが嘘をついているとしても、恩義を感じたなら心を入れ替えて正しい人生を送ってくれることを願います。

(武器をしまって傷の手当をしてやる)

……ありがたい。
詳しくは言えないが、この恩は忘れねぇ。
あと、ベルニカに変な迷惑をかけちゃまずいから、俺のことは言わないでおいてくれ。

(しゃべりすぎて疲れたのか、目を閉じて休んでいる。次へ進もう)

メルカの蒼き毒蛇Ⅲ

ドリムゴルド盗賊団を退治する途中で傷ついた盗賊に会った。
ベルニカと関係があると言うが、今は深く関わらないことにしよう。
傷の手当もしてあげたので、そろそろ行こう。


画像を表示 画像を表示

・・・

メルカの蒼き毒蛇Ⅳ

盗賊団を壊滅させ黄金の輝石を手に入れた。
メルカ王国の王宮にいるベルニカに報告しよう。

画像を表示 画像を表示

【メルカ国王】ベルニカ

なんと!
ドリムゴルド盗賊団から黄金の輝石を取ってきたとは!
ノルペの言ったとおりアルテイアのドラゴンたちの加護を受けているというのは間違いではないようだな。

レッドドラゴン ルビナートは、半分の宝玉で張った結界でカタストロフを防いでいる…。
一匹といえど、ドラゴンの力は決して無視できない。
君もルビナートの宝玉を半分持っている上に、別のドラゴンの加護も受けているそうじゃないか。
信頼に値する助っ人だ、ハハハ…

…紹介状に…ルビナートや私についてそんなに詳しく書いてありまし…た…?

あぁ…少し説明が必要だな。
(ベルニカが目を細めて笑う)

最初からこちらの手の内を明かすことはできず、ある程度隠していたが、反女神派と君に協力することにしたからには、少し種明かしをしてやろう。

そもそもこの場所は、モノリスの扉以外は何もない荒れ地だった…。
扉のせいで、支配権争いが絶えなかったこの場所で、メルカが発展できたのは、その紛争を利用してあらゆる物資を供給し、中立という立ち位置を確立したこともあるが、何よりも情報の収集と利用を繰り返してきたためだ。

最も高値で取り引きされるもの、それは情報だ。
情報は、多様な者たちが集まる市場に集中する。
それに加え、メルカの貿易商人たちが大陸全土を行き来し多くの人に会う。
メルカの商人は一人ひとりが密偵と言っても過言ではない。

そのため俺たちは君が思っている以上のことを知っているし、ともすれば反女神派より多くのことを知っているかもしれない。
反女神派には入らない情報も俺たちには入ってくる。
なに、そのようなものだと考えてくれ。

(やはりメルカの蒼き毒蛇の名はダテではなかった…)

とにかく、メルカとしては、強力な助っ人がいてもいなくても反女神派が力を蓄え、カタストロフと同じくらいの勢力になればと思っている。
チャイルドがアルテイアを占領し、今よりもっと強大な勢力になると俺たちも困るからな。

そういえばなぜあなたは、中立を守っているのですか?
女神ベスティネルの支配力が絶大な世界ならば、女神ベスティネルに仕え、その勢力にくみする方が簡単ではないのですか?

答えは明白だ。
ベスティネルにとっては、俺たちなんて「ただの消耗品に過ぎない」からだな。
しかも俺はチャイルドでもないしカタストロフに入れるほどの武力も持ち合わせていない。

そうであれば、彼らに必要とされる存在になる必要がある。
そうすればぞんざいに扱われることもない。
彼らが必要とするものを供給するが、誰の味方でもないためより価値があるのだ。
そして敵対する勢力が多ければ多いほど、私の価値は上がっていく。

まぁとにかく、休戦は反女神派にとっても俺たちにとっても好都合だ。
信頼できる助っ人も来てくれたことだし、進めない理由はない。

君とつながっている反女神派の連絡係に、反女神派を助け休戦協定を結ぶため尽力するつもりだと伝えてくれ。

関連クエスト



  • 最終更新:2017-06-26 19:49:29

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード