Lv82 ドリムゴルドの怪物Ⅱ

all.png



【親切商人】ポープ

もう少しお手伝いお願いできますか?

【親切商人】ポープと会話


【親切商人】ポープがまだ頼み事があるみたいだ。話を聞いてみよう。

【親切商人】ポープ

盗賊団がいくら強いと言っても、アルリカントたちも弱いだけの種族じゃありません。
だから昔の国王たちもアルリカントたちとのぶつかりを避けたのです。

盗賊団がアルリカントたちを奴隷にすることができたのは、何か違う方法があったからです。
その方法が分かれば、アルリカントたちを解放する時に役に立ちませんか?

私の調べによると、あらゆる流れ者が集まって集落を成しているバイゼの町にアルリカントの生存者が紛れ込んでるとのことです。

彼に会って、どういう経緯で盗賊団がアルリカントたちを奴隷にしたのか調べてくれませんか?

はい、わかりました。

おそらくバイゼの町にいるアルリカントはかなり衰弱してるはずです。
見た目が想像と違っても驚かず、しっかり探してください。

衰弱したアルリカント探し


【親切商人】ポープが衰えたアルリカントに会って、盗賊団がアルリカントたちを奴隷にした方法を聞き出してくれと言った。バイゼの町に行こう。

衰弱したアルリカント

ゲホッ…ゲホッ…だ…誰だ…誰が私を知ってるフリを…?

(事情を説明する)

ははは…ボスにさえ捨てられた、こんな種族を気に掛ける者がまだいたのか…
(アルリカントの目に悔恨がこもる)

そうか…その憎たらしい盗賊団たち…。
取って喰っても不十分な邪悪な存在…。
彼らはまだ純朴だった私たち種族に近づき、親しいふりして偽のドリム石を食わせた。

宝石としての価値が高い黄金の輝石は、私たち種族には食べられない石くれに他ならない。
私たちアルリカントたちが主食とするドリム石は、主に酒を造る時に利用する一般のドリム石だった。

盗賊団は、自分たちはそのドリム石の結晶だけを取り扱う商人だとし、採取過程で出る一般のドリム石を私たちに全て提供すると言った。
私たちとしては、苦労して採掘せずに済むから拒む理由はなかった。

だがその鉱石を食べた同族たちは病を患い、一人二人と死んでいった。
さらにその偽のドリム石には中毒成分が入っていてな、死ぬと分かっていても食べるのを止められなかった…。
グッ…

同族たちの力が弱まった隙を狙って、盗賊団は私たち所有の鉱山を占領して偽のドリム石を餌に同族たちを奴隷化し始めた!!私たちは…。
私たちはドリム石一粒を貰おうと、爪が剥げるまで採掘をしなければならなかった!!

メルカ側は何もしてくれなかったのですか?

メルカでも軍隊を派遣するはした。
だが地の利がある盗賊団との戦いは容易くもないうえに、戦闘の最後にはアルリカントたちのために犠牲を払う理由はないと判断したようだ。

そんな……

私たちの許可を得て少量を採取することも、盗賊団から鉱山のいくつかを奪還して自分たちのものにし、そこでだけ開発活動をすることも数字で見れば同じだったんだろう。

どうせ皆そうだろう。
この体は中毒は避けたが、抗争中に致命的な内傷を受け消えゆく卑しい体…。
ただ…私の願いは、これ以上同族が苦痛を受けないということだけだ。

ポープという者にも伝えろ。
偽のドリム石が原因だと分かった所で、同族たちは中毒者で解毒剤などない。
ただ、偽のドリム石にやつれ苦痛を受ける同族に安息を与えた方がマシだ。

プライドを守りたくも守れない者に、最後の慈悲の刃を下ろしてやってくれ。
ボスというふさわしくない名前に浸食された愚昧な男が自分の同族を捨てた時、すでに全ての希望は消えてしまったのだ…

ただ1つの時代が終わるってだけだ…。
アルリカントたちが壊れたドリムゴルド峡谷の主人だった時代が…

【親切商人】ポープに報告


衰弱したアルリカントは、もう全ての希望を失ったから偽のドリム石中毒の奴隷として生きる同族に、安息を与えることだけが自分の願いだと言った。
【親切商人】ポープにこの話を伝えよう。

【親切商人】ポープ

お帰りなさい。
アルリカントの生存者にはお会いできましたか?

(アルリカントの言葉を伝えた)

すでに同族全員が中毒者で解毒剤もないから、ただ安息を願うだけだと…?

わかりました…。
ボスも失って生存者もきわめて少ないのに、それすらも中毒状態なら他の方法を見つけるのは難しそうですね。

(あぁ、やっぱりかなり落胆したみたいだ)

彼の言う通り、今この時もどこかでは滅亡する種族や国があり、新たに誕生する種族や国があるのが時代の流れですね。

ありがとうございました。
DNクエストさんにも遺憾な思いをさせてしまいましたね。

良かったら最後に、アルリカントと私の祈願を叶えてくれませんか?

関連クエスト




  • 最終更新:2015-09-16 22:09:43

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード