Lv80 騒がしくもあり暖かくもありⅠ

※環境依存文字が使用されていたため、一部変換を行いました
all.png



【エルフ警備兵】シートリーデル

うぅぅ…あ!DNクエストさん!
ちょうどよかった…うぅ…お、お腹が…!

どうしたんですか!?またお腹が痛いんですか!?

くっ…こ、これは…違うんです…。
先ほど本を読んでいたのですが…。
お、面白くて…ぷっ!
胃炎と重なって…お腹が…ぷっ、ぷははは!はー、うっ…おぇぇぇ

うわわ!こっち向かないで!
お、落ち着いてください!

ふぅ、最近DNクエストさんもお疲れのようなので、ぜひDNクエストさんに読んでもらいたいと思いまして。しかし、絶対に外部に漏れてはいけない本なので、誰もいないところで読んでくださいね(シートリーデルがウィンクをする)

ええ?そんなに価値のある本なんですか?

最近、私ずっとストレスで…苦しくて…それで思ったんです。
やっぱり人は… いや、エルフもたまには息抜きが必要だと…
(シートリーデルが何か悟ったのかのような顔で微笑んでいる)

わわわ…
(何かが壊れた!?)
だ、大丈夫ですか?どうしたんですか?

私は大丈夫です。やっぱり健康が一番ですよね!
国を守るためには、まず健康!体力!
あーなんか乾燥バッタが食べたいなー!ははは!

(どうしたらいいんだ)

人生…いや、エルフ生は楽しく行かないと!はははー!
(シートリーデルが元気な声で笑う。とりあえず誰もいない絡み合う追憶の道に行って本を読んでみよう)

騒がしくもあり暖かくもありⅠ-(1)


シートリーデルが面白い本という本を貸してくれた。1人でこっそり見るよう言われた。
シートリーデルの言うとおり、絡み合う追憶の道でこっそり読んで来よう。

DNクエスト

さて、と…(深呼吸して本を開く。いったいどんな内容なんだろう…)



本の内容

元気で騒がしい愉快なお友達の話~。
ねぇ、知ってる?最近、町の遺跡が壊れたのは…
レッドドラゴンがやったんですよね?ハハハ!
そこに姫様と エルフも一緒にいたんですって!ワハハハ!



【王女】エリザベス

はぁ…本当に広い遺跡ですわね。
こんな所にまで兵士を…一体何がしたいのですか?



【アーチャー】メリエンデル

ここで冒険者たちが被害にあっているという情報がありました。
冒険者たちの安全を確保するのもフェザーの仕事だと思いまして…



【王女】エリザベス

まぁ、それはそうですけど…(エリザベスが口を尖らす)
冒険者は人間ですよ?
みんなメリエンデルのように強いわけではないのです。
それに、私たちには立派な盾…いえ、ドラゴンもいるのに…ここまでしなくとも…



レッドドラゴン ルビナート

…今「盾」と言おうとしたな。はっきり聞こえたぞ。



【王女】エリザベス

えぇ、そうですわよ。
(エリザベスは当然だと言いたげだ)
ルビナートは私とメリエンデルの2人より大きくて重いのですから。



レッドドラゴン ルビナート

本来はもっと大きいがな。ん?
ちょっと待て大きくて重かったら盾になるのか?!
…世界中のデカい人間と魔物に謝罪しろ。今すぐ!



【王女】エリザベス

あら、ルビナート。
人間と魔物の心配してくださるの?優しい方ね。



レッドドラゴン ルビナート

(ルビナートも口を尖らせる)
人間は重さには敏感なんだろう?
…そもそも「明日からダイエット!」と言いながらパーティーを開く奴らの気が知れん!
余計太るだろう!人間は考えることをしないのかい!?



【王女】エリザベス

…それは…未来永劫続くであろう人間の業というものですわ。
(エリザベスが真面目な表情で話す)
この服を着られるまで…どんなに苦労をしたか…メリエンデル、あなたにも分かりますよね?



【アーチャー】メリエンデル

え?…大きくて重量があるほうが強くて…
いいんじゃないでしょうか?



【王女】エリザベス

そうではなくて…ダイエットの話です。



【アーチャー】メリエンデル

え?…痩せてどうするのですか?
(メリエンデルが首をかしげる)



【王女】エリザベス

どうするって…綺麗になるに決まっているでしょう。
かわいい服はみんなサイズが小さいですし。



【アーチャー】メリエンデル

…私は戦闘要員なのでかわいい服には興味が…しかし、どうして痩せる必要が?
戦闘後の筋肉は少し大きくはなりますが、すぐに元通りに…



【王女】エリザベス

(ムカッ!)



【アーチャー】メリエンデル

あっ!
ひょっとしてエリザベスのお話でしょうか?
そういえば、太ももあたりが大きくなったような!
ケーキの食べすぎ?…あ、でも私は全然太ってないのに…おかしいですね。



レッドドラゴン ルビナート

ち、ちょっと…メリエンデル?
人間の女性にそんなこと言ったら…
(危険を察したルビナートが後ろにさがる)



【アーチャー】メリエンデル

最後に残ったケーキは私が食べましたよね…
私の方がたくさん食べたのにエリザベスが太るなんて…不思議ですね。ふふっ。
(ニコニコ笑うメリエンデルをルビナートがかばう)



【王女】エリザベス

ひ、ひどい…
(エリザベスの体が震えている)



【アーチャー】メリエンデル

あ、申し訳ございません!
最後のケーキを食べてしまって…
今度、私の分を差し上げますので…エリザベス?
(ただただ純粋で悪気のないメリエンデル)



【王女】エリザベス

そ、そういう問題ではありませんわ!
(エリザベスの怒りの声が響き渡る…その時!強力な魔法が発動されると同時にメリエンデルの見事なジャンプ!遺跡が大きく揺れる)



レッドドラゴン ルビナート

(頭を抱えるルビナート。ボロボロになった遺跡が崩れてくる)
君たちいい加減にしないか!
ここが古い遺跡だと知ってるだろう!
一度崩れたら終わりなんだ!まったく!

(ルビナートが文句を言いながらドラゴンに変身する。翼を広げメリエンデルとエリザベス、そして遺跡の隅で恐怖で動けなくなった冒険者を抱える。しかし、その衝撃で遺跡の一部がまた崩れる)



本の内容

…遺跡は崩壊した。
そして3人はフェザーに呼ばれた。
その場に居合わせた召使いたちは、その空気に恐れをなしたそうだ。



騎士フェザー

(怖い顔で机を叩いている。その前にルビナート、メリエンデル、エリザベスがいる)

…寝室、山、砦、基地に…今度は遺跡か!?
次はなんだ?

メリエンデルが変な装置を触ったのか?
それともエリザベスの魔法か?
それともルビナート、貴様が…



【王女】エリザベス

あ、あの…フェザー…



レッドドラゴン ルビナート

私だ。



【アーチャー】メリエンデルと【王女】エリザベス

!!?



騎士フェザー

…貴様が?



レッドドラゴン ルビナート

…空気が悪くてな…外に出ようとしたら、翼が壁にあたってしまったのだ。
あそこは古いからな…しかし、まさか一発で崩壊するとは思わなかったよ。
そもそも、きちんと管理できていない君の責任でもあるよ?フェザー。



騎士フェザー

(しばらく沈黙が流れる。そしてフェザーがため息をつく)
仕方があるまい、もう終わったことだ。
ルビナート、今回の罰だ。一週間洞窟から出るな。



レッドドラゴン ルビナート

ふん…分かったよ。



【王女】エリザベス

(小さい声でルビナートに囁く)
ルビナート…どうして…



レッドドラゴン ルビナート

(ルビナートが小さい声で答える)君たち昨日も言い争っていただろう?
夫婦喧嘩を見るのは、もうウンザリなんだよ。
悪いと思っているのなら美味い物でも持って来るんだね。



【王女】エリザベス

(小さい声でルビナートに囁く)
…ありがとう、ルビナート。
この恩は決して忘れません。



【アーチャー】メリエンデル

わ、私も失礼します!
(メリエンデルも慌てて姿を消す)



騎士フェザー

(ルビナートとメリエンデルが居なくなると静かに呟く)
本当に…騒がしい連中だ。
手伝ってくれるのはありがたいが、今回は少々やり過ぎではないか?エリザベス。



【王女】エリザベス

…うっ…バレていました?



騎士フェザー

数千年を生きてきたドラゴンがあのようなミスをするわけないだろう。
2人のどちらかだとは思ってはいたが…



【王女】エリザベス

え…と…ご、ごめんなさい!
(エリザベスが笑顔で謝る)



騎士フェザー

…昨日のこともある…気にするな。
さて、ルビナートに何か美味い物でも持っていくか…



【王女】エリザベス

あ、私が行きます。手料理を振る舞ってあげないと!



騎士フェザー

…!!き、今日は疲れてるだろう…休んだ方が良い…
(フェザーが慌てて止める)
それより、今日は私のそばにいてくれ。



【王女】エリザベス

まぁ、うれしい!もちろんですわ。
(エリザベスが明るく微笑む)



本の内容
…ハッピーエンドかよ。

(チッ!)

作者:遺跡で巻き込まれた冒険者1、2、3

(…ダイエットの苦悩は昔も今も変わらないな。これはメリエンデルが悪い。…そろそろシートリーデルに本を返そう)

騒がしくもあり暖かくもありⅠ-(2)

本を全部読んだ。ルビナートが可哀想だった。
シートリーデルに本を返しに行こう。

【エルフ警備兵】シートリーデル

面白いでしょ!?
私なんかもう面白くて、お腹がもっと痛くなって、そしてらバシャーが心配そうな顔で私を見るんですよ!
それがまたおかしくて、アハハハー!

(面白かったけど)…それは心配しますよ。
(私も心配です)

でも、あはは…面白いじゃないですか。
フェザーがいた頃にドラゴンがいたなんて…ぷっ!
ドラゴンが本当に居るみたいに…くっくっ…ぷははー!

(え?)
(そこ?!)
(そこがツボなの!?)

あ、あれ?面白くなかったですか?私はあんなに面白かったのに。

(シートリーデル…大分疲れがたまっているようだ…)
…ちょっと休んだ方が良いですよ。
(そう言われて見れば…なんだか面白くなってきた…っぷ!)

へぇ?私、大丈夫ですよ。
もう全然痛くも痒くもありません!感覚すらありませんし!

(…このエルフは…)

う~ん、なんか反応が微妙…。そうだ!
では…これ!これは面白いですよ!
これもこっそり持って来たんですが…
(シートリーデルが目をキラキラさせている)

関連クエスト




  • 最終更新:2015-01-25 22:06:07

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード