Lv80 終劇をもたらす者

Warrior.pngArcher.pngCleric.pngSorceress.pngAcademic.pngKari.pngAssasin.pnglencea.jpgmachina.jpg



画像を表示 画像を表示

エルフの長老

…テラマイ様より伝言です。
急ぎ王都へと向かわれてください。

…何かあれば私も行きますので。
あまり心配されずに向かってください。DNクエストさんは何も悪いことをしていないのですから。
罪悪感を抱く必要などないのですよ。
(セントヘイブンにいる【国王】カシウスと会話しよう)

終劇をもたらす者Ⅰ

モノリスでの戦いについて報告する時が来た。
セントヘイブンに行こう。

...


終劇をもたらす者Ⅱ

カシウスから何か話があるようだ。カシウスの話を聞いてみよう。

(この重々しい雰囲気…耐えられないよぉ…)

画像を表示 画像を表示

【国王】カシウス

うむ……そ、その…報告を受けたぞ。DNクエスト、とても残念だ…。
皆頑張ったが…結果は散々だった……とき、聞いたぞ。
(カシウスが不安そうに辺りを見回している)

はい…
すみませんでした。
申し訳ありません。

(カシウスは驚いた顔をした)い…言い訳を…しないのか…?
だ、だが…そなたの口からちょ、直接聞こうではないか。
あそこで何があったのか…し、真実を話すが良いぞ…

(周りの雰囲気に言葉が詰まった。
だが、一瞬アルゼンタの声を聞いた気がした。
「そんな顔しないの。
しゃんとしなさい!」と…。
懐かしい声に…話そうとした内容が頭の中を駆け巡った)

(…時間が経てば経つほど、あの時の自分の選択が間違っていたのではと思えてくる…。
古代人の記憶…アルゼンタの記憶…フェザーの記憶…それに メリエンデル……考えがまとまらない。
辛い記憶しかないよ…これを、全部話せというんだろうか…?)

………DNクエスト



画像を表示 画像を表示

【公爵】スチュアート

(皮肉を言いたくて我慢できない、といった顔をしている)
まったく、最初はあんなに威勢が良かったくせに…
今になって敗北の責任を取るのが恐いのですかな?
どちらにせよ、未熟な冒険者には荷が重すぎたのだ。
だから冒険者など信じるなと言ったのです。



画像を表示 画像を表示

テレンス・テラマイ

言葉が過ぎるぞ!全ての任を終え、やっとのことで帰還した者によくもそんなことが言えたな!
誰の手助けもない…たった1人での戦い、なおかつ目の前で仲間を失ったのだぞ!
それを思いやるのが、大人としての努めではないのか?



画像を表示 画像を表示

【公爵】スチュアート

フム…かくいうテラマイ公こそ、多くの兵を失った陛下のお心をお分かりでないようだな?
モノリスの扉が開けばおしまいだ、と言ったのは貴殿ではなかったかな?
それがこんな結果とは…
(スチュアートが大きくかぶりを振る)

モノリスの扉が開き、世界は終わりを迎える…軍隊をもってしても止められなかった!
この現実の原因は、まさにあのDNクエストではないですか?
その責任を追求しない、と言われるのですかな?



画像を表示 画像を表示

【宮廷ソーサレス】カーライエン

黙って聞いてられないから言うけど…扉を開けたのはフェザーよ。
DNクエストじゃない。
元凶はフェザーであって、DNクエストはそれを止めようとしたんじゃないの。
その責任を全部あの子に押し付けるのは…筋違いじゃないかしら?

それに… モノリスによりフェザーがどうなったかなんて、私たちにも分からないんだから。
何よ、この無意味な雑談は。
こんなことしてるヒマがあったら、フェザーを探す計画でも立てたほうがマシね。



画像を表示 画像を表示

【公爵】スチュアート

だから、二度とこのようなことがないよう、きっちりと罰を与えようというのではないですか。
もしも…



画像を表示 画像を表示

テレンス・テラマイ

(テラマイがすぐに割り込む)カーライエンの言う通りだ。
民が混乱しないよう、我々が早々に立ち上がる必要がある。
君はまるで、DNクエストが混乱を招いたかのように言っているな。
おかしいとは思わないか?スチュアート公よ。



画像を表示 画像を表示

【国王】カシウス

(カシウスが張り詰めた空気を破るかのように声をあげた)
よ、よ、よ…余はっ!!!



画像を表示 画像を表示 画像を表示 画像を表示

城の全員

(突然大声を出したカシウスに全員が注目する。
皆の視線を感じながら、やっとのことでカシウスは口を開いた)



画像を表示 画像を表示

【国王】カシウス

…余は…昨日、エルフの報告を受けた時から…お、おかしいと思ってた!!
それで…そ、その戦いの中心にいた…DNクエストが来た!!
それゆえ、質問する…そなたが見たのは…
あの…あのフェザー…
伝説の征服王、フェザーに…ま、間違いないのか?

…気になりますか?
報告を受けたなら…それが全ての真実です。

(どもりながらも口を開く)
お、王家は一度変わったが……
フェザーといえば、こ、この大陸を統一して国を作ったお方……
なぜ…征服王がモノリスの扉を開くのじゃ?
え、英雄が…なぜ…世界を…滅ぼそうとするのじゃ?

せ、征服王は英雄であろう?英雄…そうであろう!
たとえ王家は違っても、世界を統一し多くの人々に賞賛され尊敬を受けた…!
そ、それほどの王がなぜ…
も、もしかして余が頼りないから…英雄島から出てきたのか…?
どうなんだ!答えろ!!

(カシウスは今にも泣き出しそうな顔をしている。
皆はどうしていいのか分からずジッと見守っている)

(…どうしよう。
カシウスの言ってるフェザーに間違いないけど…誤魔化すのがいいのか、フェザーの目的を説明した方がいいのか…)

「その」フェザーです。
「その」フェザーではありません。

(…いや待てよ。
もうカシウスは報告を受けてるんだから、バレバレな嘘をつくことになるな。
…それに嘘をつくのは気が進まないし、もう少し慎重に考えてみよう)

… 陛下の仰られた征服王フェザーは……今回モノリスの扉を開いたフェザーに間違いありません。

な、何だと!?それでは…や、やはり余が頼りないから…

それは違います。
フェザーがモノリスの扉を開き、この世界を滅ぼそうとしている理由は…別にあります。

ほ、本当か!?で、では一体なぜ…?

それは…
(うーん…そしたら、この世界が女神の夢だってことも話さないといけないのかな?
いや…ここは少しボカして話そう)
フェザーは…この世界を破壊して、作り直そうとしているのです。

せ、世界を…破壊?そのためにモノリスの扉を開いたと…?
うぅむ…だが、なぜ?なぜ征服王ともあろうお方が世界を…?



画像を表示 画像を表示

【公爵】スチュアート

(スチュアートが口を挟む)陛下、悪党の事情などお知りになる必要はないですぞ。
奴はただの悪党。
この世界を滅ぼそうと企む悪党なのです!



画像を表示 画像を表示

【国王】カシウス

う、うむ…。
だ、だが英雄が…



画像を表示 画像を表示

テレンス・テラマイ

…一時は英雄だったとしても、永遠にそうとは限らぬ。
心変わりしたとも考えられる。
そうでなければ…自分の行いを「正義」だと考え違いしているか…
(テラマイの視線が冷たい)

(テラマイ様…)
(言葉に刺がある…。誰のことを言ってるんだろ?)



画像を表示 画像を表示

【国王】カシウス

そ、そうなのか…?
(カシウスも少なからず失望しているようだ)



画像を表示 画像を表示

【公爵】スチュアート

(スチュアートが慌てて口を挟む)
今は、そのような話をしている時ではないですぞ。
ここで彼の正体を気にしても始まらんでしょう。
…陛下はお疲れのようだ。
少し休憩するとしよう。
皆、頭を冷やした方がいい。

DNクエストは、ちょっとこちらへ。
確認したいことがある。

(スチュアートがこちらに視線を向ける。…ちょっと…怒ってる?)

終劇をもたらす者Ⅲ

スチュアートから話があるようだ。聞きたくないが、一応聞いてみよう。

画像を表示 画像を表示

【公爵】スチュアート

…あぁ、まったく…なんと愚かな…なぜあのようなことを言ったのだ!
陛下はまだまだ幼い!
その気持ちを悟ってあげられず何とする?
陛下にあんな…
(スチュアートが訳の分からないことを言っている)

それで…確認したいこととは?
何か用ですか?

…フン、女神が貴殿を助けたとも考えられるな。
…本来ならば、貴殿を監獄に入れる予定だったのだが。
こうなっては致し方ない。
貴殿に私の手伝いをしてもらおう。

(物には言い方ってものが…)
(監獄…!)

…テラマイに信頼されていい気になっているようだが、忘れるでないぞ。
貴殿には責務があるのだ。
この場では言い逃れできても、その責務が消えることはない…このことを肝に銘じておくのだ。
…まさか、いくら貴殿でもこのまま引き下がるわけではありますまいな?

責任なら取ります。
もちろんです。

そうだ、いい返事だ。
つまり、これから厳しい任務を言い渡されても文句は言えぬということですな。
そうだろう?

どんな任務なんですか?
厳しい任務…?

私が聞いているのだ。
早く答えるように。

…全力を尽くします。
…決定には従います。

よろしい、その覚悟が聞ければ十分だ。
下がってよろしい。
会議を続けねばならぬのでな。

(スチュアートが安堵のため息をついた。カシウスに声をかけよう)

終劇をもたらす者Ⅳ

スチュアートは何か特別な任務を任せようとしているようだ。
どんな任務かは分からないが…会議が再開するようなので、カシウスと会話してみよう。

画像を表示 画像を表示

【国王】カシウス

…では再開するぞ。
我々の本来の目的は…戦争の責任についての裁判…であったな?



画像を表示 画像を表示

【公爵】スチュアート

陛下。
その点につきまして、私から一言。
先ほど議論したように、全ての責任をDNクエストだけに問うのはよろしくありませぬ。
また今後の事を考えるに、フェザーの追跡も急務。
(カーライエンが驚いた顔でスチュアートの方を見る)

だが、戦争を主導したDNクエストに責任を問わないわけにもいきますまい。
そこで提案が1つ…。
DNクエストにフェザーの追跡を任せること。
ただし支援は一切なしだ。
あくまでも単独行動をしてもらうぞ。



画像を表示 画像を表示

テレンス・テラマイ

スチュアート公…何を言い出すかと思えば…!
DNクエストだけで、この大陸を捜索しろと言っているのか?



画像を表示 画像を表示

【公爵】スチュアート

ああ、少し説明が足りませんでしたかな?DNクエストが調べる地域は限定する。
例えば…フェザーの昔の居城付近、という具合にですな。



画像を表示 画像を表示

【将軍】ダグラス

フェザーの城だと?そこなら、龍の使徒の本拠地だと言われ調査したが…
正体不明の者たちにより、兵士が全滅させられた場所ではないか?



画像を表示 画像を表示

【公爵】スチュアート

その通り。
しかし、調査する価値は十分にある。
無視するわけにはいきますまい?しかし、兵力が足りないのも事実。
そこでDNクエストに託すのです。

モノリスでフェザーと対峙するほどの勇猛さを持つ者であるからな。
我々は兵力を温存でき、DNクエストは責務を果たす…。
良い案だと思いますが?



画像を表示 画像を表示

テレンス・テラマイ

だが…DNクエストも、大分疲れているだろう。
フェザーと対峙することがどれほど危険かは承知のはず。
私は反対だ。
危険な場所からやっとの思いで帰ってきた者を、またもや危険な場所に送り出すなど…。
常識的にありえない。



画像を表示 画像を表示

【公爵】スチュアート

それでは、本人に聞いてみるとするかな。
どう考えているのだ、DNクエスト
貴殿は責任を果たし、フェザーの追跡も続けられる。
良い方法だと思うがな?

…(フェザーの昔の城…ホントにフェザーはそんな所に住んでるのかな?かなり危険な場所だとしても…手がかりをつかめる場所だっていうなら、迷ってるヒマはないな)
…行きます。十分休みましたから、もう大丈夫です。



画像を表示 画像を表示

テレンス・テラマイ

…な、なんと…!!



画像を表示 画像を表示

【宮廷ソーサレス】カーライエン

………(「気に入らない」と顔に書いてあるようだ)
全然大丈夫には見えないけど…?



画像を表示 画像を表示

【公爵】スチュアート

よろしい。
責務を全うするように。
それでは、次に功績について話をしようと思いますぞ。

いずれにせよ、エルフと協力し一度はフェザーを追い詰めたこと。
これは後世に伝えるべき素晴らしい働きである。
(スチュアートはとても満足そうだ)

もちろん、その中心はDNクエスト…かもしれぬが兵士たちの功績こそが最も大きい。
エルフという未知の存在に、我々の力を見せつける契機にもなったのだ。
例えDNクエストがフェザーと直接対峙したとはいえ、一番の功はやはり我が兵たちのものでしょう。

…ちょ、ちょっと待ってください!
あれは……違うんです!功を立てたのはアルゼンタ様です。
フェザーと直接剣を交えたのもアルゼンタ様です…!!

…アルゼンタ?確か50年前に六英雄と行動を共にした銀髪の女剣士がそんな名だったが…。
最近はそういうのが流行っているのですかな?
その者には悪いが、宮廷に属さぬ者には功を上げることはできぬな。

…な、何を言って…!!アルゼンタ様は、フェザーを止めるために命をかけたんですよ!それを…!!



画像を表示 画像を表示

テレンス・テラマイ

落ち着くのだ。
スチュアート公も言いすぎだ。
どの程度功績を立てたのかも重要だが、このような状況で慌ただしく決めることでもないだろう。

(テラマイがすばやく提案する。
だがその声には、得も言われぬ力が入っている)



画像を表示 画像を表示

【公爵】スチュアート

(とても不満そうだ)
ふむ……あんな未熟者の言葉にいちいち耳を貸すなど…。
フン、これについては後ほど我々だけで議論するとしよう。



画像を表示 画像を表示

【宮廷ソーサレス】カーライエン

その「我々だけ」に、私たちも含まれてることを願ってるわ。
今日はこれくらいにしましょ。
あとDNクエストは、任務に必要な資料をあげるからこっちに来て。

(会議、というか裁判は終了した…。カーライエンと会話しよう)

終劇をもたらす者Ⅴ

単独でフェザーの行方を追う任務を受けた。
カーライエンが地図をくれるらしいので、カーライエンと会話しよう。

画像を表示 画像を表示

【宮廷ソーサレス】カーライエン

(カーライエンは何か呪文のようなものを唱えていたかと思うと、深呼吸をして突然まくし立ててきた)
うぅぅっ!あの分からず屋のダメ公爵!
嫌味ったらしいったらありゃしないわ!!
あの時は手を貸そうとしなかったくせに、今になってごちゃごちゃ言うとか。
まったく、呆れるわ!お前も言いたいように言いなさいよ!
魔法であいつには聞こえないようにしてるから!

(感情がこみ上げてきたが、少し疲れてきた)
あの時…アルゼンタ様がどんな気持ちで戦ったかも知らないくせに…!!

お前が怒るのは当然よ!
あそこまで言われて怒らない奴なんて、どこにもいないんだから!
はぁ…あんなのが王の教育係なんて、お先真っ暗だわ。
やっぱり私が全権を握っておくべきだったわね。
そしたらこんな馬鹿げたことにはならなかったのに…
(カーライエンが頭を横に振る)

…それにお前もよ。
そんなに落ち込むことないじゃない。
お前が仲間を傷つけたわけでもないのに…
…今は何を言っても無駄なようね。
まだ若いんだから、悩むのもいいことよね。
ここにいる人たちみんなが、あんな偏屈じゃないんだから。
(カーライエンはなんとか慰めようとしているらしい)



画像を表示 画像を表示

【将軍】ダグラス

任務についてなら、私からも少し助言がある。
我々の提供した地図を見ながら話そう。

(ダグラスが言うと、カーライエンは何事もなかったように地図を開いた)

うむ、それでは…まず、地図について説明するが、我々の進んだ道は全て危険なルートだった。
アレンデルから進む道がいいだろう。
「薄影の森」という場所だ。
君ならエルフとも仲が良いから大丈夫だろう。
それと…
(ダグラスが突然こちらに手を伸ばし、握手を求めてきた。思わずその手を握る)

…知っているとは思うが、スチュアートはああいう奴でな。
代わりに私が謝罪しよう。
スチュアートは、全てを王家中心に考えてしまうのだ…
目の前で戦友の功を否定されるくらい辛いことはなかろう。
改めて…すまなかった。

ダグラスさんのせいじゃありません…
アルゼンタ様に聞かせてあげたかったです…

本当にすまなかった…。
今私にできるのは謝ることぐらいだ。
お前の戦友、そのアルゼンタという剣士は本当にすばらしい。
他の者が何と言おうと、その功が消えることはないだろう。
その者は世界を救ったのだ。
その事実は、誰がなんと言おうと揺るがぬ事実なのだ。

………

そして、その者が命をかけてやろうとしたことは、必ず我々の手で成し遂げるのだ!
たとえフェザーが征服王だったとしても、我々の土地で好き勝手にはさせぬ。
奴と戦ったアルゼンタの遺体を回収できないのは心苦しいが…
この将軍ダグラス、その意志は忘れぬと約束しよう。



画像を表示 画像を表示

【宮廷ソーサレス】カーライエン

私もよ。
フェザーに傷を負わせたなんて、勲章をもらっても足りないくらいよ。
あれはホントに…(カーライエンがうなだれる)
私たちもこのまま黙ってなんかいないんだから。
心配しないで。
認めるものは認める!フェアリスターの名にかけて約束するわ。



画像を表示 画像を表示

【将軍】ダグラス

…テラマイ公が勅書をくれるらしい。
我々も復旧し次第、すぐに調査を開始しよう。

(ダグラスはすごく不愉快そうにしている。テラマイと会話しよう)

終劇をもたらす者Ⅵ

カーライエンから地図を受け取った。
アルゼンタの功を認めないことについて、スチュアートの代わりにダグラスが謝罪してきた…。
テラマイが勅書をくれるらしいので、テラマイと会話しよう。

画像を表示 画像を表示

テレンス・テラマイ

(心配そうに尋ねてきた)
なぜ君は自分の功を主張しないのだ?これは危険な任務だ。
公爵が、責任、責任と言ってはいるが、君がいなければ我々はアレンデルに行くこともできなかっただろう。
何も知らない間に、この世界が終わっていたのかもしれないんだ!

でも…
全てアルゼンタの功です。

…うむ…その…
(テラマイはどう言えばいいのか迷っている)
君が成し遂げたことはあまりにも多い。
君の行いは、決して小さくはないということ…今までもそうであるし、今回の件もだ。
…次の会議に参加してそれを証明するのは…

…いいえ、もう行きます。
ジェレイントも待ってるし、時間がないのは確かです。

………(テラマイはこちらを見ると一息ついた)
私は女神に使える身であるが…こういう時は女神が恨めしい…。
苦難を乗り越えた若者に、なぜ更なる試練をお与えになるのか…。
女神は耐えられる試練のみをお与えになるというが、これはあまりにも過酷…

…できないことも多いですけど…でも…でも弱くないので…!
(耐えられる試練…)
大丈夫です!

…君が傷つくことはアルゼンタも望まないだろう。
だから…あまり自分を責めるなよ。

(テラマイは勅書を差し出した。エルフの長老に渡そう)

終劇をもたらす者Ⅶ

エルフの長老に勅書を届けよう。

...


画像を表示 画像を表示

エルフの長老

DNクエストさん…セントヘイブンでは、どうなりましたか?
(長老に勅書を見せ、あったことを簡単に説明する)

(長老は怒りに震えているようだ)
これが…これが人間の…英雄に対する仕打ちなのですか?………いいでしょう。
一旦は従いましょう。
少し地図を見せてください。
ふむ…アレンデルを通るということなら…ああ、これは賢者メリエンデル様が作った道のようですね。

メリエンデル!?
長老もメリエンデルを知ってるんですか?

…ええ、エルフの中で最も賢明だと云われている伝説のお方です。
最後はフェザーの側に付き、行方が分からなくなってしまいましたが…
(長老は何かを隠しているようだ)それよりも、薄影の森は黒月の森近くにあります。
フェザーの城に続く道だったとは…さすがメリエンデル様ですね。

(エルフから見たら裏切り者…になるのかな…)
(最も賢明なエルフか…)

…ジェレイント様と一緒に向かってください。
ずっとDNクエストさんのことをお待ちしていた様子でしたので。

何か迷惑をかけませんでしたか?
何も問題を起こしませんでしたか?

(長老は微笑んでいる)もちろんです。
とてもおとなしくしていましたよ。
まだお若いので世界のことはよく知らなくても、そこはドラゴンですからね。

(…長老は騙されている。
けどそのことを説明するのも疲れるし放っておこう。
…ジェレイントと会話しよう)

終劇をもたらす者Ⅷ

エルフの長老に勅書を届けた。
ジェレイントが待っているので、ジェレイントと会話しよう。

画像を表示 画像を表示

ジェレイント

…やっと来たのか?
…遅いじゃないか!
(ジェレイントはなぜか怒っているようだ。)

関連クエスト

hidari.jpg Lv79 決断の時 Chapter12.銀色の願い


  • 最終更新:2017-06-26 15:59:27

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード