Lv80 懺悔する者

Warrior.pngCleric.pngArcher.pngSorceress.pngAcademic.pngKari.pnglencea.jpg



テレンス・テラマイ

おお、待っていたよ。

懺悔する者Ⅰ

テレンス・テラマイにレッドドラゴンネストについて報告してください。

テレンス・テラマイ

フェザーの居場所を特定した…!?
こんなに早く、一体どうやって…!?



【公爵】スチュアート

どうせその場しのぎの戯言ではないですかな?
こんなに早く見つかるとは考えにくい。
負傷兵ばかりで何ができるというのですかな…

…ジャスミンに会いました。
覚えていますか?
テル・ローサを燃やし、占領基地まで建てた…未来技術を有する者…

(宮中はただならぬざわめきに包まれた。
スチュアートも驚きを隠せずにいる。
彼らも直接軍を動かす者…知らないがわけない…)

忘れるわけがない。
その女の技術は見たことも聞いたこともない代物…。
貴殿が倒したという噂を耳にはしたが、今になってどういう関係があるというのですかな?

生き残ったようで、今はフェザーの部下になっていました。
そして彼女は…未来の技術でフェザーをレッドドラゴンに…
現在、アイルン島にレッドドラゴンネストが作られているようです。

なっ!?彼女がフェザーの部下に…?
それに未来の技術でドラゴンになったと…?
な、何を戯けたことを…そんなことを信じろというのですかな?



【将軍】ダグラス

…アイルン島と言えば、あの英雄が眠りについたという伝説の島ではないか?
伝説の通りならば、そこへ行く可能性が高いとはいえ…そもそもその伝説の島へはどうやって行くつもりなのだ?

…えーと、どこかに地図は…あ、ありました。
アイルン島は…ここです。
この小さい島です。
ここからはかなり遠い上…そこに入れるのは私だけです。
(また単独任務かと周囲がざわつきはじめる)



テレンス・テラマイ

…静粛に!経緯を話してはくれないかい?
なぜ君だけが入れるのかを…

…(レッドドラゴンの結界、レッドドラゴンが残した本の力を自分だけが得られるようになった経緯を説明する)

ふむ、結界が解ければ我らも行けると…?ただ、問題は過程だね。
君はたった1人でレッドドラゴンと渡り合うつもりかい?
同じ境遇の冒険者と共に戦うことはできないのかい?

(それができるならそうしたいけど…)
(早く見つけ出せれば、その方法もあるけど…)



【公爵】スチュアート

全くもって愚かしいことこの上ないですな。
支援なんぞできるわけがない!



【宮廷ソーサレス】カーライエン

既にこの冒険者も危険に晒されているのに変わりないわ。
それにDNクエストが指したその島…
マナの異常な流れや魔物が急増したという報告が多数寄せられているの。
偶然にしては出来すぎだと思わない?本当に無人島なのかしらね?



【公爵】スチュアート

あの伝説の島がこんな所にあったとは…
カーライエン殿、もしや報告書を流出させてDNクエストがそのように答えるよう仕向けたのではないのですかな?



【宮廷ソーサレス】カーライエン

な、な、何ですって!?
侮辱するにも程があるわ!聞き捨てならないわね!
(カーライエンが真っ赤になって怒っている)



【将軍】ダグラス

少し落ち着いていただきたい!
スチュアート殿、カーライエン殿。
このままでは何も進展しない。
(ダグラスは雰囲気を収拾するのに必死だ)

ひとまず急増する魔物退治と民心の鎮静が先決。
そこがアイルン島なのかどうかはさて置き、兵力の派遣は必要でしょうな。
魔物を倒しながら島の調査を進めれば問題ないかと思うが、いかがかな?



【宮廷ソーサレス】カーライエン

私も行くわ。
その公爵なら勝手にさせればいいわ。
否定的な意見で頭がいっぱいなようだから、世界がどうなるかなんて考えられないのよね?
多くの人が何とかしようと動いているのに…地位しか頭にないのかしら。



【公爵】スチュアート

…危機的状況だからこそ慎重に対応する必要があると申しているだけだ!
その者に対する盲信が問題だとは思わないのですかな?
どこにでもいるただの冒険者ではないか!



テレンス・テラマイ

そのただの冒険者に、今までどれ程助けられたのか知らぬ訳でもないでしょう、スチュアート殿?
いかなる存在も出身ではなく、その功績で判断すべきだ。
女神は全てを平等に見よとおっしゃった。
君は教団の一員としても、受け入れがたいことばかり言っているようだね。



【公爵】スチュアート

とにかく、私は賛同しかねますな。
お好きなようにすればいい。
(スチュアートは口を噤んだ)



【宮廷ソーサレス】カーライエン

報告にもあるけど、魔物の動向が怪しいのは事実よ。
ネスト突入はさておき…まずは調査する必要があると思うわ。



DNクエストの話は十分信憑性がある。

結界のことはこっちで確認しておくわ。
いつでも行けるようにね。



テレンス・テラマイ

DNクエスト、ご苦労だったね。
レッドドラゴンネストにすぐ向かうということではないのなら、少しゆっくりして行くといい…

…お心遣い感謝します。
ですが、私はネストについて調査するつもりです。
少しでも勝つ可能性を高めるために…

(再び周囲がざわめき出す。
大戦後の毅然たる態度、仲間の功を否定されても世界を守ろうとする姿勢、驚異的な精神力の持ち主、常に率先垂範、キャデラックとセントヘイブンの真の英雄…突然聞いたことのない称賛の嵐が聞こえてくる。
ち、ちょっと恥ずかしいな…)

(私はただ…ジェレイント様、アルゼンタ様、アイオナ、ルビナート、メリエンデルが…全力で守ろうとしたこの世界が…多くの人々が住んでいるこの世界が…みんなが平和を望むこの世界が、自分勝手な誰かのせいで滅びてしまうのが嫌なだけ…)

みな静粛に!君がそう言うのであれば止めはしない。
ただ絶対に無理はしないで欲しい。
そして、助けが必要な時はいつでも声をかけてくれ。
エルフの長老には私から勅書を送っておこう。
DNクエストにはネストの調査を任せるよ。
(テラマイはなぜか満足気だ)

はい、分かりました。(アレンデルにいるルビナートの所に行こう)

懺悔する者Ⅱ

任務遂行後、自分の評判が上がっているようだ…少し恥ずかしい。
レッドドラゴンネストの攻略法もよく検討されているようだ。
ルビナートに報告しよう。

レッドドラゴン ルビナート

お、来たな。
前より良い顔になったんじゃないか?
せっかくアレンデルまで来てくれたんだが…少し2人で話したいことがある。
場所は…彷徨う過去の迷道
どうだ?

は、はい…わかりました。
(なぜかアイオナとの最期を思い出して身をすくめると、ルビナートが両肩を掴んで目を真っ直ぐに見つめる。
迫力がある…)

ハハ、そんなにビクビクするな。
ただ話をしたいだけだ。
お別れとかそんな話じゃなくて…正直ここだと話しにくいだろう?

ど…どうして?
(心を…読んだ?)

…君の何倍生きてると思っているんだ?さぁ、行こう。
話をするだけだ。
(ルビナートが微笑む。彷徨う過去の迷道に行こう)

懺悔する者Ⅲ

ルビナートは状況報告を聞いて一安心したようだ。伝えたいことがあるらしい。
彷徨う過去の迷道に向かおう。


懺悔する者Ⅳ

彷徨う過去の迷道にロゼが現れた!?
ロゼと会話してみよう。

ロゼ

…私はどこまで愚かなのでしょう。
この世で一番愚かで自分勝手な選択を…私を許せたのは私だけ…
それ以外の全てが私の愚かさを呪い、女神でさえも背を向けるでしょう…

ロゼ?本当にロゼかな?
(ロザリンデの罠!?)

…あなたが全ての真実を知ることも知っていました。
そう、私はあなたに謝らないと…ごめんなさい…本当にごめんなさい。

何を…言っているの?
謝ってばかりじゃ何も解決しないよ。
あなたを救えなかった自分にも責任が…

…あなたが私を温かい眼差しで見守っているということが、全てが歪んでしまったという証拠。
あぁ、あの女性の甘い言葉に耳を貸してはいけなかったのに…。
私が…最初から幸せにはなれない存在であることを受け入れていたなら…

職:カーリー

…あの女性って、まさか…母さん?ガハラムのこと?暁の預言者ロゼ…?

ロゼ

(静かに頷く。その目は悲しそうだ)

…謝るべきなのは私の方です。
…自分が生きようとさえしなければ、あなたの運命は歪んだりしませんでした。
私じゃなければ…あなたはずっと暁の預言者でいられたのではないですか?

(首を横に振る)
…選択権を持っていたのは私…誘惑に負けたのも私。
全てを知りながらも見て見ぬ振りをしたのも私。
あなたを恨んではいません。
全て私の選択による結果なのですから。

……平気なフリなんてしないで!自分さえいなければ、あなたがロザリンデになることも両親を失うこともなかったじゃない……それに…それに…

(何も言わず涙を流し、こちらに来てギュッと抱きしめる)
それさえも私が選択したことだとしたら、あなたは私をもっと恨むでしょう…?
私が必死に逃げて得た運命がそれだとしたら、あなたは私に同情しますか…?

それはどういう…?
ロゼ…?

…あなたは歪みに呑まれただけ…私の願いは、あなたが同じ運命を辿らないでほしいということ…。
選択してもしなくても全てを失う…幸せのかけらもない運命…
全てを守っても、結局は全てを失う残酷な運命…私は…それに耐えられなかった…

…どうかあなたが…良き道に導かれますように…。
それと、忘れないで…。
この世に全てを元通りにする方法はないけれど…歪ませる方法はある…。
その違いを忘れないで…。
あぁ、どうか私を許さないで…。
それは私も、私が愛した人も心から望んだことだから…
(ロゼの姿が次第に消えていく)

職:カーリー以外

...


懺悔する者Ⅴ

ロゼが消えた…少し頭を整理してみよう。

…ロゼ!!待って!ロゼ…!
…(悲痛な叫びも虚しくロゼは消えた…何を言いたかったのだろう…残酷な運命…?
これまで苦しんできたロゼ…それ以上の何かがあったということなのだろうか…?
まさか、ガハラムが歪める前の暁の預言者の運命は、また別のものだったということ?)

…(彼女でさえ手に余る選択を、自分に耐えることができるのだろうか…?
でも、ここで滅亡していくのを見守るだけなんて、暁の預言者である彼女が望むはずない…
どうにかしてこの世界を滅亡しない未来へと導くしかない……
それが自分の役目…)

(…物思いにふけっていると、どこからか人の気配が伝わってきた)

ロザリンデ!?どうしてここに?

懺悔する者Ⅵ

今度はロザリンデが現れた!?
ロザリンデと会話してみよう。

ロザリンデ

ふん、我が王について回ってるに決まっているだろ?
お前、まさかフェザー様に何かするつもりなんじゃないだろうな?
…まぁ、お前のような青二才には触れることすらできんだろうがな。

まだ諦めていないの?フェザーは今ここにいないのに、どうしてここへ…?ベルスカード様の話だと、あなたはもう…

ふん、笑わせるな!
お前にフェザー様の何が分かるというのだ?
あの方こそ、この間違った世界を正すお方!
イチイチうっとうしいぞ!邪魔しかできんのか!

職:カーリー

...


ロザリンデ!!待って…!!
(ロザリンデは本当に煩わしかったのか、すぐに消えてしまった)

懺悔する者Ⅶ

ロザリンデはまだフェザーと会えていないようだ…
ロザリンデは去っていった。ルビナートに会いに行こう。

レッドドラゴン ルビナート

…お、来たな。
ん?何かあったのか?

暁の預言者ロゼに会いました。
ロザリンデと暁の預言者ロゼに会って…もう何がなんだか…

暁の預言者…?変だな。
ま、今はそんなことはどうでもいいんだ。

私が話したいことはアレだ…仮にフェザーに勝てたとして、その後の計画も立てておいた方がいいと思うんだ。
フェザーを倒したからといって、モノリスの扉が閉まるわけじゃないからな。
「世界の滅亡」という前提は変わらないということだ。

モノリスの扉があの状況だ。
あれを閉じられるのは今のアルテイアにはいない。
他のケイオスを捜し出すにしろ、それは砂漠で針を捜すようなものだし…
たとえ見つけたとしても味方っていう保証はないからな。
そもそも扉をどうにかする能力があるかどうかも分からない。

方法は1つしか思いつかない。
だが、この方法は君1人に負担がかかる危険な方法だ…

それでも言ってください。
覚悟はできてます。
もう慣れっこです。大丈夫ですよ。

…はは、まったく。
(ルビナートがまた笑う)そういうことをサラっと言っちゃうんだよな、君は。
その方法っていうのは、君がミストランドに行くんだ。
そこで女神に会うなり何なりして「モノリスの扉を閉じる力」を得てくるんだ。

はい!?
え…えっ!!??
何ぃぃぃいいい!?

おーおー、予想通りの反応だ。
だが、それしか方法がない。
だからと言って、弱ったチビのエンシェントや宝玉を2つ持った不安定なエンシェントに行けとは言えないだろう?
ベルスカード…だったか?
それならむしろ力を放出しろと言ったほうがまだ信頼できる。
何かをやらせるよりはな…

な、ななな何を言い出すかと思えば…ど、どうやってミストランドに行くんですか?
モノリスを通過したとして、毒まみれの世界でどうやって耐えろと…?
少し勘違いしてるかもしれませんが、私はルビナートほど強くありません。
それに、ミストランドに知り合いもいないし、何をどうしたらいいって言うんですか?

…まぁ落ち着け。
1つずつ説明する。
以前、私の記憶を見たから分かると思うが、あの時半分の宝玉を持ってメリエンデルと共にモノリスに残った。
そして、おそらく…メリエンデルが息絶え私は…ミストランドに行った。
私はそう安々と命を落としたりはしないし、私がそこにいるからこそ今この状況の説明がいくこともある。
とりあえず、向こうに着いたら、まず私を探すんだ。

あっちにもルビナートが…いるんですか?
ミストランドに行ったというその確信はどこから?

これでも50%以上は確信してるんだ。
理由は言えないが、そうだと思う。
メリエンデルは、この世界を守りたいと思っていた。
私はそんなメリエンデルが大切だったからな…。
おっと、次の質問だったな。
「どうやって耐える?」だったか?それは簡単なことだ。
この世界にも私の宝玉があるだろう?

フェザーが持っているもう片方の宝玉…
それは、そうですが…

そうだ、フェザーを倒して必ずレッドドラゴンの宝玉を手に入れるんだ。
そして、その力でミストランドに行け。
向こうにいるであろう私の半分の宝玉は、アイオナの力で守られている君を害するほどの力はないはずだ。
私の宝玉は自然にミストランドの私の宝玉と繋がろうとするだろう。
だからきっとすぐ見つかるはずだ。
君も毒から守ってやる。

心配ならジェレイントも連れて行くんだな。
何かあれば、なんとかしてくれるだろう。
腐っても鯛っていうからな、あれでもエンシェントだ。
君が混乱したら、一発くらいぶん殴ってくれるだろう。
(ルビナートはいたずらっぽく身を震わせている)

すごくことだと思わないか?
あのフェザーを倒せば、アルテイアの存在がミストランドに行けるようになる。
これはラストチャンスであり、最後の希望というやつだ。
君がミストランドに行って方法を探してくること以外、この世界が残る道は他に無いんだ。

ルビナートが宝玉を手に入れて、ドラゴンになった方が…
ルビナートが直接行ったほうが良くないですか?

あっはっは!DNクエスト思念体ってのはどこまでも分身であって本体じゃない。
それにその宝玉は、元々の私から分かれたもの。
「その宝玉のレッドドラゴン ルビナート」は既にいない。
私にはその宝玉をどうすることもできない。
それに、「その宝玉で作られる新しいルビナート」は、おそらく私とは全く違うヤツだろうな。

そんな…
(そんな重要なこと、さらっと言わないで…)

君への負担も大きいことも、一筋縄ではいかないであろうことも承知している…
それでも、新しいことに挑戦しないと見えてこないこともある。
何千年も知識を積み上げてきた私が言うんだ、間違いない。
それに…
(ルビナートは少し躊躇いながら口を開く)

うーん…(ルビナートはしばらく考えてから話し始める)
たぶん、私以外にも言葉が通じる何かがいるはずだ。
実際、ビヨンドドラゴンと話したこともあるからな。

へぇー…はいっ!?
なっ…!?

懺悔する者Ⅷ

ルビナートが突然カミングアウトを始めた。
ビヨンドドラゴンのかけら!?もう少し話を聞いてみよう。

レッドドラゴン ルビナート

本当に偶然だったんだが、小さなビヨンドのかけらをかき集めて、人型を作るのに成功したことがある。
もちろん不完全で人格もないただの人形だった。
突然時間移動か何かで、家出しちゃったんだが…。
ま、とにかくそいつとは言葉は通じた。
ミストランドにもそんな奴らがいるかもしれないだろう?

ま、まさか…不完全でいっそのこと消えたほうがいいって言ってたのは…
ビ、ビヨンド?ビヨンドのかけらで作ったんですか?正気ですか!?

う…DNクエストちょ、ちょっと落ち着かないか。
ち、違うんだ、ほら。
ミストランドの存在というのが気になって、人型として作ってみただけなんだ。
それにそんな小さいかけらから毒を吐くドラゴンが生まれるわけない…だろ?
私はただ純粋な知的好奇心でだな…

そのせいで世界が危ないっつーの!(殴る)
ケイオスはそれで堕落したんだっつーの!(蹴る)

ちょ…ちょ、ちょっと話を聞け!
あいつ程度ならモノリスに近づいただけでイチコロだ。
何度も言うが、私は知恵のドラゴンなんだからな。
少しでもビヨンドの力を使おうものなら即消滅するようにしてある。
もちろん、堕落したものに触れて覚醒しようとしても同じこと。
安全面に問題はない…はず。
今まで何もなかっただろう?

何を今さら爆弾発言を!?
いくら安全でもあれがビヨンドな事に変わりありません!

おいおい、少しは信じてもらいたいものだな。
今までだってそうだっただろう?この非常時にそんなことする余裕もない。
私はただ、この世界を守りたいだけだ。
たとえ私が堕落したとしても、ここがミストランドになるのだけはゴメンだからな。
メリエンデルもそれを望んではいなかった。
それより、私の提案は受け入れてくれるのか?

(メリエンデル…ふぅ、彼女のことを考えると…)
(ルビナートが同じ立場ならどう思うんだろう…?)
(うーん、彼が今まで助けてくれたことを考えると…)

懺悔する者Ⅸ

ルビナートは意外な可能性を提示した。
この世界に答えがないのなら、ミストランドで探せばいいと…
この決定がどんな結果を招くか分からないが…そこに可能性があるなら…必ず方法はあるはずだ…

分かりました。
やりますよ。
この世界が滅亡していくのを黙って見てなんていられませんから。
自分一人で守るわけじゃない、みんなで守るんです。
世界を守ろうとする気持ちはみんな一緒だから…

レッドドラゴン ルビナート

(ルビナートが目を丸くしている)
…こんな時にそんな答えが返ってくるとはな。
何もしないヤツらのことまで考えてるんだな?私には到底及ばない境地だ。
みんなで…か。
……そうか、だからアイオナは君を…

(ルビナートは大げさに頭を下げる)
どうかフェザーの誤りを正し、世界の可能性を見つけ出してほしい…DNクエスト

そして、君が見つけたその道が、世界の新たな運命となることを願う。
…現存する最年長ドラゴンであるこのルビナートの名において頼む。

こちらこそ、よろしくお願いいたします。
でもまだ聞かなければならない話がありますから。

(ルビナートがいたずらっぽく笑みを浮かべる)
よし…ジェレイントとベルスカードが戻ってくるまでアレンデルで話でもするか?
ここまで来て、君の信頼を失うわけにはいかないからな。
何でも聞いてくれ。

※外伝:紅き王と赤き竜を完了しました。
サブクエストで追加シナリオが続きます。

関連クエスト



  • 最終更新:2015-08-28 20:02:41

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード