Lv79 久しぶりの集い

all.png



ベルスカード

祈りの心臓の場所はわかるな?
灼熱の大河-入口-から行くんだ。
(ベルスカードの表情は少し疑わしげだ。祈りの心臓へ行こう)

久しぶりの集いⅠ


祈りの心臓へ行こう。そこにアルゼンタがいるようだ。


ベルスカード

…まさか、この中身のない封印石を復元したワケではあるまいな?
(アルゼンタの方を顔をしかめながら見つめている)



ジェレイント

おい、お前どういうことだ!
あの時逃げ出しただろ!}

逃げていません!闇に飲まれて何もわからなくなって…

(ジェレイントがいぶかしげに見つめてきた)
一度逃げ出したくせにまた現れるとはおかしな奴。
人間は一度尻尾を巻いて逃げ出すと、二度と帰ってこないものと思ったが?
エルフもそうだ…

そんなことないですよ。ここに戻ってくるためにどれだけ頑張ったか…

お前がか?
(ジェレイントが不思議そうな表情をする)
ハッ…まさかな。

いやいや、ここにいるじゃないですか。目の前にいるんだから信じてくださいよ。

まぁそんなことはどうでもいい。
アルゼンタが怪我をしてしまったんだ…
(それっきりジェレイントは口を閉ざしてしまった。アルゼンタに直接聞いてみよう)

久しぶりの集いⅡ


ジェレイント、ベルスカード、アルゼンタがいる。
アルゼンタと会話しよう。

アルゼンタ

はぁ、やっと来たの!
非力なくせに無事だったのね。
悪夢に飲まれて跡形もなくなったかと思ったわよ。
しかも…あんなおまけまで連れてきて。



ベルスカード

説明してもらうか?これはどういうことだ?



アルゼンタ

なによ、エンシェントの宝玉を飲み込んだのに全く変わってないじゃない。
相変わらずイラッとする顔ね。



ベルスカード

貴様の行動がお粗末なだけだ。



ジェレイント

この者がベルスカード?
なぜ私たちの宝玉を持っているのだ?
私たちの兄弟だということか?



アルゼンタ

違うわ
ただの泥棒よ。
あと、あそこで間抜けな顔で見てる奴も共犯ね。



ベルスカード

そんなことは後だ!
それより扉が開いている。
一体どういうことだ?アルゼンタ。
あの中の悪夢はどこへ行ったのだ?



アルゼンタ

やっとそれに気がついた?本当にどんくさいわね。
力を取り戻した私には、この程度の悪夢は問題ないわ。
古代人たちの封印石は壊れたし、私は今古代のエンシェントドラゴンに一番近い存在よ。

…だから全部飲み込んでやったの。
ミストランドから漏れてきた闇と悪夢があの間抜けな冒険者さんと世界に悪さをする前に全部。
飲み込んだ気分は最悪だったけどね。

…え?飲み…え?………どういう…

(アルゼンタが鼻で笑う)
ケイオスはあの気分の悪くなるものをどうやって全部飲み込んだのかしら?
骨まで凍ってしまいそうよ。
生まれてこの方、こんなに気分が悪くなったのは初めて。

でも堕落したついでに、あのフェザーからあれを奪ってやったわ。
もう力はあまり使えないはずよ。
ブラックドラゴンの宝玉を奪って、半殺しにしてあげたから。
(アルゼンタの手の中に、何か黒い光が見える)



ベルスカード

…それであいつが弱くなっていたのか…



アルゼンタ

あいつにもう会ったの?しかも、トドメは刺さなかったの。
使えないわね。
ふぅ…中途半端な宝玉しか持っていないあなたに期待した私が馬鹿だったわね。

でも…もう関係無い。
私は今、少しずつミストランドの存在に近づいている…



ベルスカード

…ッ!?



アルゼンタ

そうね。どうせ消えるなら、堕落しきった宝玉も持って行こうかしら?
危険なものはついでに消してしまったほうがいいわよね。

アルゼンタ…様?

フン…あなたも大きくなったわね。
昔、キャデラックで初めて出会った頃とは別人みたいよ。
こんな短い期間でよくそこまで強くなったわね。

アルゼンタ様……だ、大丈夫…なんですよね?
フェザーに勝ったって言ってたし…大丈夫……なんですよ…ね?

(アルゼンタが向こうを向く)
今私はどんどん堕落が進行しているわ。
ミストランドの毒は私の命を削って、私の宝玉までブラックドラゴンの宝玉のように完全に堕落してしまうはずよ。
使えない宝玉になってしまう。

だから…そうなる前に…私を消して。



ジェレイント

…何だと!?何を言ってる!アルゼンタ!
※パーティメンバーが同じステップで、別のクエストが進行中でない場合にクエストを進行できます。

久しぶりの集いⅢ


ジェレイントは衝撃を受けたようだ。ジェレイントと会話しよう。


ジェレイント

そん…な……
アルゼンタ…アルゼンタ…

こんな…こんなことで消えるなんて………くそっ!

関連クエスト




  • 最終更新:2014-07-27 19:14:11

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード