Lv77 復讐の鬼(加)

Kari.png



画像を表示 画像を表示

エルフの長老

DNクエストさん!?
DNクエストさん、どうやってここへ?
それにアルゼンタ様はどうなりましたか?

(一部始終を話す)

復讐の鬼Ⅰ

エルフの長老と会話しよう。

画像を表示 画像を表示

エルフの長老

時間に巻き込まれた…。
それにモノリスの扉がフェザーにより開かれた…
…しかし何も異常がない…これはひょっとするとリアンの仮説が
(エルフの長老が青ざめていく)

アルゼンタ様はまだ来ていないのですか?

(首を横に振る)
あなたがアルゼンタ様と出発してまだあまり時間は経っていません。
ですが、あなたの言った通りならアルゼンタ様の無事もわかりませんね…。
モノリスの扉が開いた時、ミストランドの毒や女神の悪夢が入り込んだとしたら…

DNクエストさんがお疲れなのは存じているのですが…
アルゼンタ様の捜索をお願いしてもよろしいでしょうか?
熱風の奈落にはすでに他の方が行っていますので、DNクエストさんには監視者の塔の捜索をお願いしたいのです。
入れるようになったと聞きましたので。

あそこに入れるようになるのは…あまり良い兆しとは言えませんが…
(エルフの長老が眉間にしわを寄せる)

熱風の奈落へ行った人って…誰ですか?

名前は教えていただけませんでしたが、エンシェントドラゴンの宝玉を持っていました。
黒い鎧を纏っており、皆口々に黒衣の騎士と呼んでいました。
…50年前にネルウィンに聞いた者と似ているような気が…

へ!?(ベルスカード!?来たんだ…!)

黒衣の騎士が戻られたら、あなたのことを伝えておきます。
さぁDNクエストさんはご心配なさらずに監視者の塔へと向かってください。
私たちはモノリスの扉が開いたのを前提に対策を立てたいと思います。

はい…
(モノリスの扉が開いたのに…なんで無事だったんだろう…まさか…)

(エルフの長老はこちらをじっと見て、ぼそっと話し始める)
まだ戦いは終わっていません。
本当にモノリスの扉が開かれたとしても、私たちはあきらめてはなりません。

行ってください。あなたが出会うすべての運命、でき事は全てテレジアです。
あなたがあなたの意志で道を行く時、運命に反することは決してないでしょう。
途中の結果が意図するものではなかったとしても、あきらめないでください。
私たちも…(エルフの長老が戸惑いながらも続ける)
もう先ほどのような恥ずかしい姿はお見せしません…



画像を表示 画像を表示

【エルフ警備兵】シートリーデル

本当ですか?
もう大声は出さないんですね?喧嘩しないんですね?
(シートリーデルがブルブルと震える手で胃薬を握りしめている)



画像を表示 画像を表示

エルフの長老

もう大声は出しません!
それに…喧嘩したわけでは…いえ、何でもありません。
あぁ私はそろそろ王に謁見の時間です。
それでは失礼します。DNクエストさんも早く行ってください。
(エルフの長老の顔が赤くなった。本当に大声で喧嘩したようだ…)

はい…(シートリーデルが無事であることを祈り、監視者の塔へ行こう)

復讐の鬼Ⅱ

アルゼンタがまだ戻ってきていないようだ。アルゼンタを捜しに監視者の塔へ行こう。

画像を表示 画像を表示

・・・

復讐の鬼Ⅲ

ランバートが現れた。ランバートと会話しよう。

画像を表示 画像を表示

ランバート

…フン。王と呼ばれた者もこの程度か。
だが封印石という物の威力を抑えられたのは良かった。

…ランバート!?

ほぉ、まだ生きていたか。
それもモノリスで…古代人の子孫というのは嘘ではないようだな。
(ランバートが不快そうに笑う)

ねえ、なんで私の町を襲ったの?なんでお母様を…

…落ち着いているな。少しは成長したようだな。
お前自身の傲慢な態度が自らを滅ぼすことに気づいたのか?

そんなことはいいから早く教えて!
何の恨みがあって私たちを襲ったの?

…それをお前が聞くのか?お前はお前の同族がやったことを何も知らないのか?
彼らが殺した数多くの者の1人が私の妻だっただけだがな。

え?そんな大昔の話じゃないの。
あなた…一体何歳なの?たしかシアンの父親だって話だけど…

(ランバートが憤慨した様子で叫ぶ)
お前たちの罪が、時が経ったからといって消えるとでも思っているのか?
お前たちは世界の秩序を乱し、全ての者を苦痛の沼へとたたき落とした!
罪は時が経っても消えはしない!

…過ちから言い逃れするつもりはないわ。でも、おかしいじゃないの!

…私には妻がいた。名をサティラと言う。
…世界で一番美しく、一番強く、そして素晴らしい女性だった…
「蒼き花のサティラ」と呼ばれ、男女ともに敵う者はいなかった。

あいつは最高の女だった。
あいつも私の強さを認め、お互いに同じ道を歩むことを決意した。
互いに切磋琢磨し合いながら、私たちは常に共にいた。

私とサティラはある遺跡に入った。
そして……そこで呪わしい古代人に出会ったのだ。
どこから来たのかもわからないが…奴らに出会ってしまった。そして…サティラは…

狂った古代人たちが祭壇へと無理矢理引きずっていった。
私は必死に止めようとしたが、ダメだった。
何度も何度も何度も止めたが…ダメだった…。
奴らには私がまるで幽霊のようだった…。
そしてサティラは……あの忌々しい祭壇に捧げられた…

サティラがそこでどんな残忍な仕打ちを受けたのか…!
気が付いた時には、すでにサティラはおかしくなっていた。
動き回り、跳ね回るだけの怪物のようになってしまった…。
それが高貴なる騎士の最期だ。
サティラの心は古代人に食われてしまったのだ!

その身も心も壊れてしまった。
あの強く美しい身体は、もう剣を持つことはできず、私の手さえも恐れた。
彼女は世界の全てを恐れるか弱い少女になっていた。

古代人は私の妻の精神を蝕んだ!
妻はあの日消えてしまった。
あの時そこにいたのは妻の仮面を被った怪物だった!
お前は…愛する者が怪物になっていく姿を見たことがあるか?
私を愛してくれていた者が、私を恐れる怪物になったのだ!!

………で、でも…シアンからはそんな話聞いたことない…

息子と親しいようだが、シアンにはまだこの事を話してはいない。
サティラはシアンを産んですぐに…逝ってしまった。
シアンは母親のことは、ほとんど覚えていないだろう。
あいつのことを覚えているのは、この私だけだ!
誰もあいつのことを覚えていない…
誰もあいつが非業の死をとげたことを知らないんだ!

…全ての真実を知った今でも…お前は自分の復讐を続けるのか?
お前の町と母親が受けた報いは当然のことだ!
正当な復讐だったのだ!

(ランバートの奥さんが…古代人の実験でおかしくなって………
時を超えてきた?……なんてことなの…)
(逃げちゃダメね…。
私たち古代人が命を捧げたとしても、犠牲者は増えていく…。
サティラのことは…私たちの罪…だけど…)

…心から申し訳ないと思う。けど、それは私たちの町を滅ぼした理由にはならない!

理由にならないだと?
それならばサティラは何故死ななければならなかったのだ!
傲慢で残忍な奴らめ…

そうだ、お前が何故生き残ったのか知っているか?
お前の母が乞い願ったからだ。
だから多くの同族と引き換えにお前を生かしたのだ!
悲痛に乞い願う様は腹の底から笑えたぞ!

…な、なんですって!?

フンッ、これでやっと同等の価値になったな。
罪もなく逝ったサティラ、そして罪もなく散ったお前の同族!
…お前が消えれば本当に同価値となる…

私はそんな簡単にやられないわよ!
…私たちの一族がヒドいことをしたのはわかった。
たしかに私たちの過ち。
いくら拭っても拭い去れない罪だと思うわ。
一生を後悔して生きた末に、ほんの少しだけ罪が軽くなる…それぐらい重い罪ね…
…だけどそれは私も同じこと!
お母さんと友達の仇……許さないんだから!
あなたがサティラの恨みを晴らすというなら、私は私の恨みを晴らすわ!

…ほぉ、そうか。無駄死にしようというのか。
お前の母との約束で…お前がその預言者の役割とやらを果たすまで待っていたが…、自ら死を望むのなら止めはしない。
(ランバートが武器を手にする)

…ッ!!(ランバートからもの凄いプレッシャーを感じる…!)
…ッ!!(よく考えたらこの人…人間なのにモノリスに入ってきて何ともないの?
…本当に人間なのかしら?…それともフェザー並みに強いということ…!?)
…くっ…ま、負けないんだから!

(こちらをボンヤリと眺めた後、ため息をついて武器をしまった)

え…?

お前を消すのは簡単だが…客が来たようだ。
息子の気配を感じる。

シアン!?…シアンがここに?

数奇な縁だな。
我が息子は何の真実も知らないが、このモノリスまで来るほど強くなった。
ある程度真実を話す時が来たかもしれんな。

……え!?

シアンもかなり強くなっているはずだ。
そして私のことを手伝ってくれるだろう。
そうなれば、お前をシアンの最初の獲物にするのも悪くないな。
…シアンも母親の壮絶な最期を知れば、お前を許さないはずだ。

(シアンが私を…?)
笑わせないで!このまま放っておくと思うの!?

やはり若いな…

…ッ!?

復讐の鬼Ⅳ

ランバートは息子のシアンに全ての真実を語ると言っていた。
本当にシアンはランバートの意志を受け継ぎ、復讐しに来るのだろうか…?
胸がモヤモヤする。少し考えをまとめよう。

画像を表示 画像を表示

DNクエスト

(き、消えた…)
(置いていかれた…?シアンに真実を伝えるために…私に復讐させるために…)

(ヤダ…そんなの嫌…)
(お母様…こうなることをわかってたから、ずっと復讐なんてやめろって言ってたの…?
でも……いえ、シアンは…シアンならランバートみたいなこと言わないわ…絶対に!)
(でも…もしそうならなかったら、お互い戦うのかしら…)

(こんな…なんで……。
私に対して怒るシアンも見たくないし、シアンと戦うのも嫌…。
私はただ…皆の復讐を果たしたかっただけだったのに…)

(…ど、どうしよう?
もしシアンに会ったらどんな顔すればいいんだろう…)
(シアン…ランバートみたいな目つきで私を見ないでね…。
サティラのことは、怒りが収まるまででも謝り続けるから…
何でもするから…お願い……)

(…情けない…お母様の言うことを聞かずに……。
お母様や町の人のことを想うと今でも涙が溢れてくる…。
ランバートが正しいだなんて全然思わないんだから!)

(あっ…このままだと堂々巡りになるわね。
今はこんなことしてる時間はないわ)

(ダメダメ!しっかりするのよ私!
今は自分の事情で動いていい時じゃないわ!
早くエルフの長老の所に戻りましょ!)

関連クエスト

hidari.jpg Lv77 影の預言者 職:カーリー以外
hidari.jpg Lv77 影の預言者(加) 職:カーリー


  • 最終更新:2017-06-26 12:58:52

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード