Lv77 復讐の鬼

Warrior.pngArcher.pngCleric.pngSorceress.pngAcademic.pngAssasin.pnglencea.jpgmachina.jpg



エルフの長老

DNクエストさん!?
DNクエストさん、どうやってここへ?
それにアルゼンタ様はどうなりましたか?

(一部始終を話す)

復讐の鬼Ⅰ


エルフの長老と会話しよう。

エルフの長老

時間に巻き込まれた…。
それにモノリスの扉がフェザーにより開かれた…
…しかし何も異常がない…これはひょっとするとリアンの仮説が
(エルフの長老が青ざめていく)

アルゼンタ様はまだ来ていないのですか?

(首を横に振る)
あなたがアルゼンタ様と出発してまだあまり時間は経っていません。
ですが、あなたの言った通りならアルゼンタ様の無事もわかりませんね…。
モノリスの扉が開いた時、ミストランドの毒や女神の悪夢が入り込んだとしたら…

DNクエストさんがお疲れなのは存じているのですが…
アルゼンタ様の捜索をお願いしてもよろしいでしょうか?
熱風の奈落にはすでに他の方が行っていますので、DNクエストさんには監視者の塔の捜索をお願いしたいのです。
入れるようになったと聞きましたので。

あそこに入れるようになるのは…あまり良い兆しとは言えませんが…
(エルフの長老が眉間にしわを寄せる)

熱風の奈落へ行った人って…誰ですか?

名前は教えていただけませんでしたが、エンシェントドラゴンの宝玉を持っていました。
黒い鎧を纏っており、皆口々に黒衣の騎士と呼んでいました。
…50年前にネルウィンに聞いた者と似ているような気が…

へ!?(ベルスカード!?来たんだ…!)

黒衣の騎士が戻られたら、あなたのことを伝えておきます。
さぁDNクエストさんはご心配なさらずに監視者の塔へと向かってください。
私たちはモノリスの扉が開いたのを前提に対策を立てたいと思います。

はい…
(モノリスの扉が開いたのに…なんで無事だったんだろう…まさか…)

(エルフの長老はこちらをじっと見て、ぼそっと話し始める)
まだ戦いは終わっていません。
本当にモノリスの扉が開かれたとしても、私たちはあきらめてはなりません。

行ってください。あなたが出会うすべての運命、でき事は全てテレジアです。
あなたがあなたの意志で道を行く時、運命に反することは決してないでしょう。
途中の結果が意図するものではなかったとしても、あきらめないでください。
私たちも…(エルフの長老が戸惑いながらも続ける)
もう先ほどのような恥ずかしい姿はお見せしません…



【エルフ警備兵】シートリーデル

本当ですか?
もう大声は出さないんですね?喧嘩しないんですね?
(シートリーデルがブルブルと震える手で胃薬を握りしめている)



エルフの長老

もう大声は出しません!
それに…喧嘩したわけでは…いえ、何でもありません。
あぁ私はそろそろ王に謁見の時間です。
それでは失礼します。DNクエストさんも早く行ってください。
(エルフの長老の顔が赤くなった。本当に大声で喧嘩したようだ…)

はい…(シートリーデルが無事であることを祈り、監視者の塔へ行こう)

復讐の鬼Ⅱ


アルゼンタがまだ戻ってきていないようだ。アルゼンタを捜しに監視者の塔へ行こう。


復讐の鬼Ⅲ


ランバートが現れた。ランバートと会話しよう。

ランバート

…フン。王と呼ばれた者もこの程度か。
だが封印石という物の威力を抑えられたのは良かった。

ランバート!?

ほぅ。まだ生きていたか。それもこのモノリスで…何をしたのだ?
なかなかの強者のようだ。王と敵対する者よ。

ランバート…フェザーの命令でモノリスを調査しているのですか?

王の?いや…今の私は王の命令は受けていない。
これは彼の戦いだ。
私は彼に手を貸しながら私の目的を実行し、今は別の目的に向かって動いている。
私はまだ人間に過ぎん、彼の戦いに手を貸すこともできんのだ。

(人間にすぎないって言ってもめちゃくちゃ強そうだ)
人間でもこのモノリスで平気でいられるのですか?

人間を超えるほどに強くなければ意味がない。
私が敵にしているものも人間ではないからな。

はい?一体あなたは何と戦っているのですか?

…なぜそれをお前に答えなければならんのだ?

あなたが世界を滅亡させようとするフェザーの部下である以上、戦いは避けられませんから。
しかし目的が違うのであれば…戦わなくてすむかもしれませんし。

お前が立ちふさがったところで、止められるとは思わんが答えてやろう。
私は古代人を探している。

古代人をですか?

そうだ。古代人だ。
私の妻は古代人の装置とでたらめな実験によって命を失った…
私はその復讐をしているのだ。
私の敵はひとえに古代人のみ。

はい!?いや、ちょっと待ってください。
古代人は昔の種族じゃないですか。
どうすれば、あなたの妻が犠牲者になるのですか!?

そうだな、
そう思うのも無理はない。
しかし違う…。そこは時間が歪む場所。
時をでたらめにし、一度起こった悲劇は永遠に繰り返される。
奴らは過去の罪だと思っているようだが違う!
どんなに時が経とうとも、罪が消えることはない。

奴らの邪悪な行動は数多くの者の存在を踏みにじった。
私はその一片たりとも許すことはない。
私の妻が目の前で古代人の野蛮な手に捕まり残忍な仕打ちを受け、狂っていく姿を私は見なければならなかった…!

古代人は相応の報いを受けるのだ。
すでに多くの古代人が報いを受けた!
私はそのために力が必要なのだ。
私は力と復讐以外に何もいらない。
お前が行く道に興味もなければ、お前に関わるつもりもない。

(何かが引っかかる。多くの古代人が報いを受けたって…)
もしかしてガハラムという古代人を知っていますか…?

その名はどこかで聞いたことがあるな。
お前はその女の仲間か?

仲間ではありませんが、話を聞きました。
彼女が古代人の町を作ったと…

...


そうか?
消えたと思っていたが、古代人らしく怪異で恐ろしい術を使ってお前に話かけたのだろう。
お前はどうしようというのだ?
邪悪な古代人の事を聞き、私に剣を向けるか?

私があなたの復讐にとやかく言う資格はありません。
いくらなんでもひどいと思います。
復讐は連鎖するだけです。すぐに止めてください。

「私があなたの復讐にとやかく言う資格はありません。」


ランバート

フッ。そうか。

もちろんやり過ぎだとは思います。
だけど関係のない私がやめろと言う権利はありません。

そして…古代人も自分が犯した罪を後悔していました。
あなたが全力で復讐しなくても、彼らは自ら多くの償いをしました。

償い?この世界から消えたことがか?
ちがう!私はそうは思わない。
奴らは逃げたのだ!奴らは犯した全ての罪を整理して消えただけだ。
奴らが残した小さな一片さえも他人には毒になるということを分からぬほどに奴らは愚かなのか?

他の存在を考えもしない愚か者は、その種まで根絶やしにするほうが良い!
その力に誰も近づかせてはならんのだ。

(過度に極端で感情的な人。
他人の行動にあれこれいう権利はないけど、この人をこのまま放って置いてはいけない…
もし全ての古代人を消そうとしたら、ガハラムが話していた影の預言者というものも消されてしまうんじゃ?)

あなたが今まで復讐していたのなら、多くの古代人の命を奪ったということ…ですか?
ならもう復讐は十分じゃないですか!?

…古代人の血を受け継いだものはまだいる。
私は絶対に止まらん。

「いくらなんでもひどいと思います。」


ランバート

ほぅ。
純真な顔で戦いをするなとぬかすか。
夢見る少女を見ているようだな。

お前は何も知らない。
だから私の恨みを理解できないのだ!奴らに犠牲なった者の叫びが聞こえなかったのか?
何よりも酷いのは、実験が時を超えてまで人を蝕むということだ!

お前の愛する者がそのような目にあっても、何もせずにいられるというのか?
お前のような者を偽善者と言うのだ。

いつかお前も分かる日が来るだろう。
それまで生かしておいてやろう。

それでもあなたがひどい事をしたのは変わりません。
あなたによって命を奪われた古代人はあなたに恨みを持たないと思いますか??
古代人も古代人なりに苦しんできたんです。

ガハラムが何を言ったのか知らんが。
お前のもう少しましになったら、再び話してやろう。
虚しい理想を掲げるお前が未だに生きているのは奇跡だな。
もう二度と会わないことを祈る。

(うわ…。こんな人もいるんだ…
だとしたら皆が復讐の連鎖が始まっても何も感じないってこと?)

「復讐は連鎖するだけです。すぐに止めてください。」


ランバート

おかしな事を言うな。
復讐の連鎖に巻き込まれたことでもあるのか?
そうか、復讐の終わりに何があるのか知っているようだな。

あなたは分かっていながら続けているのですか?

続けているのは耐えられないからだ。
古代人のどんな行いも許すことはできん。
奴らは悪だ!力を持ちながらも他人を破滅させることしかしない悪だ。

私の妻が今でも狂い暴れまわる姿が目に焼き付いている。
そんな私にお前は理屈を並べて復讐をやめろというのか?
お前はお前の愛する者が酷い仕打ちを受けても同じことが言えるのか!!

もちろんです!
愛する人ならば、私が手を血に染めることを望むとは思いませんから。

あなたが行っているのは、ただの利己心、あなたの行動では誰も救われません。
むしろ新しい恨みを、憎悪を生みます。だから私はそれを止めます。
あなたが止まるまで私は全力であなたを止めます。

お前が私を止める大義を持っているというのか?愚かだな。お前もたかが人間だ!
お前のような未熟な者がどうしてこのモノリスにいるのか分からんが、私をもう一度止めるというなら容赦はせん。

分岐パターン1


…(復讐…そんなことのために多くの人の命を…)
(彼が怒り、悲しみも分かるけど、あんなことはよくない。
復讐が終わらなければ、悲しみは消えない。それだけは止めなければ)

分岐パターン2


(彼の悲しみを、怒りを完全に理解できないわけじゃない。
だけど手当たり次第に復讐していたら、どれだけの人が世の中を恨むことになるのか。
消えた人は自分の復讐をしてほしいわけじゃない。
残った者に正しい道を歩いてほしいはず)

▼不明

...


復讐の鬼Ⅳ


ランバートは自分の目的を明らかにして消えた。
ランバートが消えた場所で少し考えを整理しよう。

ランバート

お前が今この場で私を止めるつもりが無いのなら、私は行く。
次は敵としてではないことを祈る。
DNクエストよ。

(…ランバートはそのまま行ってしまった。
…今回は何もなかったけど、あの人とは戦うことになると思う…)

(…ロゼの行方が分からない今、影の預言者の命を奪われたら……それだけは防がないと)
…(ここではこれ以上、できることはなさそうだ。
エルフの長老の所へ戻ろう)

関連クエスト




  • 最終更新:2015-08-01 19:30:55

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード