Lv77 影の預言者

Warrior.pngArcher.pngCleric.pngSorceress.pngAcademic.pngAssasin.pnglencea.jpgmachina.jpg



ガハラム

…あの者に聞かれない場所。
やはり女神の瞳ですね。

あの者とは誰ですか?

…このモノリスで起こる事象を1つ残らず 見ようとする存在です。
詳しくは私の口からはお話できませんが、私はこれ以上真実を知るものが…
増えてほしくなのです。
(ガハラムがニコッと笑う)

…行きましょう。女神の瞳へは、灼熱の大河-入口-から行けます。
女神の瞳で待っています。

影の預言者Ⅰ


女神の瞳のガハラムを訪ねて話を聞いてみよう。


影の預言者Ⅱ


ガハラムと会話してみよう。

ガハラム

お待ちしていました…
この場所はいつ来ても恐ろしい場所です。
女神が見守る背筋の凍るような場所。

もし女神が眠っておらず、堕落した私たちを見たら、どうお咎めになったでしょうか?
あなたと同じことをおっしゃるでしょうか、それとも違うことでしょうか。

1人、生き残るということは恐ろしいことです。
任されたものの重さもそうですが、何よりも恐ろしいのは…
1人で何をしても止められないということです。
(ガハラムが微かに笑みを浮かべる)

ガハラムさん…あなたはまさか… 何をしたんですか?

(ガハラムの口元から笑みが消えない)
先ほども、お話したように、この私は人間です。
いくら古代人最後の子孫だとしても平凡な人間なのです。
愛する人と一緒にいる幸せが大切な平凡な人間です。

家族と一緒にいる幸せは、どの人間も知っているでしょう。
その価値はあまりにも大きく、世界を動かす原動力であり、世界への愛になる。
私のお父様は最後まで理解できなかったようですが…

少し昔の話をしても良いですか?
天才と呼ばれた古代人の話です。
父親の跡継ぎとして期待された子供。
その子はとても幸せでした。

その幸せな子供は成長し、愛する者と出会い家族を作りました。
かけがいのない子供も生まれました。
可愛らしい女の子です。
その人が人生で一番幸せだった時はたぶんその頃でしょう。
(ガハラムの口元に笑みが広がる)

しかしいつしか悲劇は最も残酷な形で訪れました。
世界は堕落の毒に覆われ始め、父親が堕落の毒に染まりその人の母親は自分の命を掛けて真実の鏡を作り父親の本当の姿を取り戻しました。

そう、そこで悲劇が終われば良かった!
後はあなたが知るとおりです。
父親は命を掛けて守ったその人の同族を全て消してしまいました。
娘も、夫も、母親も失ったその人はおかしくなる直前でした。しかし、それでも生き残ったのです。

あなたにお尋ねします。この私が暁の預言者という束縛を投げ捨てたら、
最初にやることは何だと思いますか?

それを私がどうして…それは。

(ガハラムが目に笑みを浮かべる)
優しく親しいDNクエストさん。
どうかあなたは私と同じ悲劇にあわないことを願います。
全てを失った私が何を選択したのかを教えます。

私は失ったものを全て取り戻すことにしました。

全て…取り戻す?

はい、全て。せめて家族だけでも!
残った古代人の遺跡を使い、残った血統を利用してでも…
辛うじてできることは封印石を弱めてお父様の呪術を解くことでした。
お父様と他の魂に気づかれないように用心しました。

しかし何をしてもお父様の呪術を破ることはできなかった…
お母様が作ったマンティコアを利用して、お母様を取り戻そうとして失い、愛する夫を取り戻すために私自身の時を失い、しかし夫は娘を選び、肉体を失った娘の魂だけが私の胸へ静かに舞い降りました。

私の家族はお父様によって一度消え、私によって2度消えました。
狂った血統です。
そう思いませんか?

娘の魂を取り戻しても、私は喜びを得ることはできませんでした。
お父様がくれたペンダントが異常を感じ、私に呪術が広がってきました。
運命に逆らうなという…

その呪術はあまりにも恐ろしく、
お父様の予言に従うしかない。だけど私は娘を手放したくない…
お父様の予言通りであれば娘は…
私は狂う一歩手前でした。
こうして私…いえ、この怪物はお父様の予言を細い骨組みにして運命をでたらめに歪めたのです。
娘を失わずにすむ運命を作るために…
たった1つの家族のためにこの私は世界を歪め始めたのです…

世界を…歪める?

お父様が暁の預言者を守れと言ったでしょう。あの赤い髪の子。
世界がその子を中心に回ることを予言されました。
しかし…お父様には見落としがあったのです。

本来、その子は強い父母の下で生まれ育ち、
その強さと予言の力で世界を救うのです。
しかしその子が強く育たなければ…?
暁の預言者が暁の預言者としての自覚なく生まれれば…?

え!?

言いませんでしたか?
私は狂っていたと。
娘を失わずにするのなら1人の運命を歪めることぐらい。

その運命によって世界に歪みが生じることぐらいなんともないのです!!
暁の預言者を弱くし、怪物になるよう仕向けたのです!

たとえそうだとしても…!
するとガハラムさんが影の預言者のためにロゼの運命を歪めたということですか?
一体どこからどこまで…まさかロゼが暁の預言者としてずっと攫われていたのも…?

結果的にはそうなりました。
ふふ…あの子に続く悲劇と悪夢にも負けない強い心があれば良かったものを、やはり環境を少し変えるだけでも人は弱くなるのです。
(ガハラムの笑みがだんだんと歪みだす)

見てください。
あのような大変な目にあってもDNクエストさんはこのように善なる姿で立っている。
心を強くもてなかった暁の預言者が間違ったのです。

いや、でも…!
ではキャデラックの町が襲われたのも、ガハラムさんが?一体どこからどこまで…?

どうでしょうかね。
あまり多くの話をあなたにする必要はないのですが…
今、暁の預言者は悪に染まったか消えてしまったことでしょう。
今こそ影の預言者が必要な時。
哀れな私の娘は真の影の預言者となり、お父様の予言を引き継げば…全てが完璧になるのです。

そう、私は私の娘を運命の歯車にするために運命をデタラメに作り直しました。
一体何をどれほど歪めたのか分からないほどに歪めました。
事実あなたがここにこのような姿で来たのも…
(ガハラムが手を伸ばしてこちらの顔に触れる)

本来、ありえなかったことなのです。
暁の預言者の守護者たちは暁の預言者の堕落と共にその者たちも堕落の道を歩まなければならない、しかしあなたたちは心を失いませんでした。
あなたたちがこの隠された歴史を見ることになるとは、つい最近まで私ですら分からなかったこと。

な、なんですって!?
分からなったって…いったい何の運命ですか。全てを見る運命だなんて!
今になって選べと言ったのは嘘だったのですか…!?

…いえ。この歪めた運命を迎えた瞬間に気づいたのです。
あなたは、私が歪めた運命を正すために作られた新しい運命の幹なのです。
だから本来であれば暁の預言者にのみ見える世界の苦痛をあなたに見せてくれたのです。

これは暁の預言者にのみ見える記憶…?
ではなぜ私に見せたのですか!!

…暁の預言者…影の預言者が自由の世界を望んだからです。
影の預言者という運命の歯車はありますが、その歯車に依存しない世界…
意志を持ったものが自ら運命を開拓できる…

…予言する者の言葉に振り回されるこのない運命を切り開く…
強い者が…

それは…いったい…
強い者とは…暁の預言者に依存しない世界とは…

…文字通りです。予測できない者たちが開拓していく歴史が見たかったのです。
娘を生かすために世界を歪めた私の最後の罪滅ぼしだと思ってください…
あなたのような者たちが自身の闇と戦い苦しむ姿はもう見たくなかったから…

…ふふ…私はいったいいくつの運命を歪め、どんな世界を作ったのですか?
影の預言者のために、娘のために…
世界を壊す母という存在は、想像もできないほどに恐ろしい…

…あなたには私の命1つで許してもらえるとは思ってはいませんが。
そろそろ、お別れです。

別れ…?

…当然の対価です。
闇に飲まれなければならない魂を運命に背いて救いだしたのです。
私にはもう力は残ってない…
すぐにでも残忍な復讐者にバラバラに引き裂かれるでしょう。

え!?一体何のことですか?
ここまで来て、勝手に消えないでください!
私はまだ影の預言者について何も聞いていません!
&color(#9900FF){(ガハラムが笑みを浮かべる)}
今、それを心配してくれるのですか?
やはりあなたは心が真っ直ぐな方ですね。
私が道を外れおかしくなっていたことが恥ずかしいです。
私は罪のないあなたを歪んだ運命に巻き込んでしまうほどに堕落していたというのに。

当たり前です。
…それを望んで、全てを作り上げたのではないんですか?
あなたの娘に罪はありません…そしてあなたにも…

あなたを苦しめた者の娘などもっと憎んでもいいのですよ。
それともあなたの善意は、この狂った者の娘でさえ私が願い通り共に連れて行ってくださるということですか?

(ガハラムが笑みを浮かべる)

どれほど美しく暖かいことでしょう。
数千年生きてきた私の魂は今になって温もりを感じます。
…その言葉を聞き安心しました。あなたの信念に従ってください。

あぁ、あなたが答えてくれたことで私は新しい夢を見ることができます。
最後まで揺さぶられることなく前進する勇敢な冒険者が、新しい夢を開きました。
女神と私どちらの夢なのか分からなくなるほどに弱くなりましたが、言わせてください…

あなたの信念…正義は美しく苦痛の中でも揺らぐことはありません。
それが新しい運命になり歴史となります。
あなたの運命は世界の運命さえも変え、女神の笑顔を見ることになるでしょう。

私を産んでくれた両親に命を奪われ。その両親の命を奪い、
愛するものの命を全て奪い、世界を歪め世界にさえ憎まれたこの罪多き者は
最後の希望の許しを受け、ようやっと安心しました…

私の役割はこれで終わり…
私の欲から始まったことが予期せぬ運命になったように、
あなたの力であなたの道を切り開くのです…

影の預言者Ⅲ


ガハラムは全ての真実を教えてくれた。
運命を歪めたことも…
…考えを整理しよう。

DNクエスト

ガハラムさん…
…歪んだ運命だと……多くの時代を巡りおかしいとは思ってた。
だけど…何が歪んだもので、何が正しいことなのか、分からない…

ただこの世界を守りたいだけ。

ガハラムは最後の希望だと言っていたけど、そんなに凄いものだとは思わない。
だけど昔のガハラムが見せてくれた悲劇を繰り返してはいけない。

命で罪を償うしかないなんて考えちゃいけない…
フェザーのようにこの世界がつまならいと考えることも…
繰り返してはいけない。

ガハラムはずっと自分の罪だと言っていたけど…
ガハラムと同じ運命を辿った人であれば…

…つらい。だけどこれは真実…

前に進まなきゃ…
現在に戻ってきたのか…確認してみよう。
(外に出てみよう)

影の預言者Ⅳ


ガハラムが消えた。今は現在だろうか?
外へ出てみよう。


影の預言者Ⅴ


現在に戻ってきたようだ!エルフの長老の所に行って話しかけてみよう。

エルフの長老

DNクエストさん!?
本当にDNクエストさんですか?
モノリスの扉に入って行かれたのに!!
(エルフの長老はとても驚いているようだ)

はい戻ってきました!
(本当に戻ってこれた…!!!)

モノリスへ行かれたのに…突然アレンデルに現るなんて…どうしたのですか?
(エルフの長老は本気で驚いているようだ。彼の驚きが静まるのを待ってから話しかけよう)

関連クエスト




  • 最終更新:2015-08-01 19:30:37

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード