Lv75 焦りは禁物

all.png



ガハラム

監視者の塔は、灼熱の大河-入口-から行けます。
あなたの望む答えの「始まり」がそこに…

(ガハラムはこれ以上話したくないようだ。監視者の塔に行こう)

焦りは禁物Ⅰ


ガハラムに、元の時間に戻りたければ監視者の塔へ行くように言われた。
監視者の塔に行こう。

【アーチャー】メリエンデル

(メリエンデルが泣いている)

あっ…メリエンデルさん!?メリエンデルさんですよね?

…え?
あなたは…誰ですか?どこから現れたのですか…?

メリエンデルさん…?
…覚えてないんですか?ほら、紅蓮の火山で…DNクエストですよ!

私に会ったことがある?いえ、あなたとは初めて会いましたが。
…それにここはモノリスですよ?
あなたには危険な場所のはずです。
もしもあなたがただの人間なら、早く戻った方がいいでしょう。
もしもモノリスの亡霊なら…私の邪魔はしないでください…

うぅ…これはつまり…前に会ったメリエンデルさんよりも過去に来たってことなのかな…?
ええと……モノリスです!あそこであなたに会ったんですよ!フェザーの…仲間なんですよね?

焦りは禁物Ⅱ


監視者の塔で出会ったのは、【アーチャー】メリエンデルだった。
しかし、メリエンデルはこちらを知らないようだ…
メリエンデルと会話しよう。

【アーチャー】メリエンデル

えっ…どうしてそれを…?
あっ…ひょっとするとあなたはモノリスに飲み込まれて、時間の流れから外れてしまった人…ですか?
それなら私を知っていても不思議ではないですけど…。
時間が…歪んでますね…

何があったんですか?

ご存じないのですか?未来の私は何も言わなかったのですね…
あぁ、今モノリスの扉が開きます。生命の木が苦しんでいます。
哀れな女王…その悲鳴を聞いてエルフたちが恐怖におののいています。

え…そ、そんな!封印石はどうなったんですか?
モノリスの扉を封印していた石です。
古代に作られたと云われる…

………
(メリエンデルは何か言おうとしたが口を閉ざした)

それにアルゼンタ様は…?封印石に何かあったなら…アルゼンタ様はどうなったんですか!?

アルゼンタ…?
(メリエンデルが驚きながらこちらを見つめる)
古代の記録にあったシルバードラゴンのことですか?
彼女については古代の記録で終わっています。
つまり、彼女は今この世界にはいないのです。

え……えぇっ!?
(ど、どういうことだろ…?確かにメリエンデルは昔の人だけど…アルゼンタ様や古代人の方が前のはず…)
(フェザーは古代人が滅亡したって言ってたけど、その時メリエンデルはフェザーと一緒にいたはず…)
(アルゼンタ様がいないなんて…。シルバードラゴンはずっと昔からいたはずなのに…)
(アルゼンタ様がいない時代なんて…あるはずが…)

あの…何をそんなに悩んでるのですか?
……もし…あなたが敵ではないというのなら、手を貸してくれませんか?
フェザーがモノリスの扉を閉めようとしてるのですが…このままでは無理そうなのです…

…え?閉める…?フェザーが…モノリスの扉を…閉める?いやいや…開こうとしているんですよね?

(メリエンデルが怒りだした)
何を言っているのですか!?
フェザーは今、モノリスの扉を塞ごうとしているのですよ。
モノリスに近づける人なら、誰でも構いません。
彼を手伝ってください!
私も彼のために人を集めてるところです。
早くフェザーのところへ向かってください。お願いします…

あなたがどの時代から来たとしても、この世界の住人に変わりはないでしょう?
この世界を滅亡させてはいけません…。フェザーを手伝ってください!

も、もちろんです…(だけどフェザーがなんで?だってフェザーは…)

フェザーはこの近くにいるはずです。私もすぐに行きますので。
DNクエストさんも急いでください。

(これ以上メリエンデルと話しても、あまり意味は無いようだ。むしろ、過去のフェザーに会って状況を見守った方がいいかもしれない)
(いくら過去だとはいえ…なんで真逆の行動を…?)

この辺りまで来られたということは、それなりに強いんでしょう?
それでも、気をつけてくださいね。
(メリエンデルは行ってしまった)

焦りは禁物Ⅲ


メリエンデルはフェザーを探しに来たらしい。
そしてなんと、フェザーはモノリスの扉を閉じようとしているという話だ。
今までのフェザーの行動とは全く違うが…。まずはフェザーを捜しだそう。


焦りは禁物Ⅳ


フェザーが現れた。フェザーと会話しよう。


フェザー

…何者だ。このモノリスに現れるとは…なかなかの実力者だな。
貴様が、このモノリスの扉を開けようとしている者か?

何を言って…!!モノリスの扉を開いて世界を滅ぼそうとしてるのは…あなたでしょう、フェザー!!

何…?ははは、このような者がモノリスに入ってこられるほど世界は蝕まれているということか?
愚か者めが!
(フェザーの声が怒りに満ちている)

(…本当かな?それにしても……なんていう威圧感だろう…。まだドラゴンの宝玉は持っていないはずなのに…)

自分の目で確かめもせず、馬鹿げた噂のみを信じる…
なんと愚かしい者たちよ!
…早々に立ち去れ。

世界が蝕まれたことを知った後に真実を追い求めたところで、すでに遅い!
その愚かさがこの世界を蝕んでいることにまだ気づかぬか!

だけどあなたは…!

私は痛哭の壁へと向かう。
そこで貴様自身の目で見るがいい。
貴様の本当の敵が何者かを!

………(フェザーは、ドラゴンの宝玉がなくても強いんだな…)

焦りは禁物Ⅴ


驚いたことに、昔のフェザーは今のフェザーとは全く違うことを言って消えた。
考えをまとめよう。

DNクエスト

(それにしても、話が噛み合わないな…。ちょっと考えをまとめてみよう。
えーと、昔のフェザーは扉を閉じようとしてて…今のフェザーは開こうとしていた…。かなり正反対だよね。フェザーが2人いるワケでもないし…)

(うーん…何か引っかかるけど、何かわからない…
ひとまずフェザーについて行こう。ガハラムの言ってたこともそうだけど、フェザーに何があったかがわかれば…戻った時に食い止められるかもしれない…)

(…アルゼンタ様、待っててください…
どうか無事でいますように…)

関連クエスト




  • 最終更新:2014-07-26 14:26:18

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード