Lv75 抑えきれない想い

Warrior.pngCleric.pngArcher.pngSorceress.pngAcademic.pngKari.pnglencea.jpgmachina.jpg



ルナリア

…大丈夫かって…?う…うん…
大丈夫…大丈夫よ…

(大丈夫そうには見えない)


ルナリア…大丈夫なの?

苦しいのはイヤ…あの人がいないと耐えられない。
いつの間に…私こんなに弱くなっちゃったの?
なんで…あの人は私のこと嫌だって言わなかったの?

私は何度も時間を移動した。あの人は大変だったと思う…。
いくら強い縁で結ばれていたとしても、あの人はこの世界の人間。
きっと大変だったわ…。
人間は私を理解できないから…ううん、理解しちゃダメなの…
(ルナリアの表情が暗くなる)

女神の瞳に行きましょう。
あの人が待ってる…
(女神の瞳に行こう)

抑えきれない想いⅠ


ルナリアと一緒に行くことにした。女神の瞳に行こう。


抑えきれない想いⅡ


ルナリアと会話しよう。

DNクエスト

(ルナリアが落ち込んでて、こっちまで暗くなりそうだ。
何か空気が明るくなるような質問をしてみよう)

その人もルナリアを大切にしてたと思うよ
何度も時間を移動したの?
縁か…どんな縁なの?
(全部聞いてみた)

「その人もルナリアを大切にしてたと思うよ」


ルナリア

…本当に?そうだったら嬉しいな。
彼はとても明るくて、それに…
(ルナリアが少しためらう)

…女の子たちに人気があるの…。
どこに行っても女の子と一緒だし、女の子とすぐに仲良くなって…
私は…知らない人は苦手だから、できるだけ避けてるのに…
彼がいつも女の子を連れて来るの…

えぇ!?それは悪い男なんじゃ…
そんな時はほっぺをピシッと一発!
なんでそんな男と一緒に…?

だ、だけどやっぱりあの人が大切なの!
それに別に悪気があるわけじゃ…
ただみんなと一緒に遊びたかったんだと思うの!
あの人は…寂しがり屋だから。

(それならいいけど…)
(ルナリアがいいように考えすぎてるような…)
(みんなで遊ぶなら女の子だけじゃなくても…)

彼に会って私は…自分の望みを理解したの…。あの人は本当に…大切な人。
(ルナリアの口元に小さな笑みがこぼれる。幸せそうな笑顔だ。他のことを聞いてみよう)

「何度も時間を移動したの?」


ルナリア

なんて説明したらいいんだろう…えっと、パンに例えたら分かりやすいかな…?
パンにバターを塗って、折りたたむ感じ!

バターはたれないし、そこに留まっているでしょ?
でも、バターは色んな場所に広がっているの。
だから、パンをどこから食べてもバターに出会えるっていうワケなの
。あぁ…あの人にもこういう風に説明してあげればよかった!
いつも、私の説明が分かりにくいって文句言ってたから…

………
えーと…今のは…何語?
文句を…(そりゃそうだろうな…)

覚えておかなきゃ。パンとバター…あ、もしかしてジャムがいい?
だけどジャムはボタボタたれるから食べにくいよね。
やっぱりバターがいいわ!

あ…(ん?何の話をしてたんだっけ?)
話がズレちゃったみたいだけど…
薄く塗ればたれない…って違う!

え…?
すごく分かりやすいと思ったのに。う~ん…やっぱり説明って難しい。

うん。もう少し練習した方がいいかもね。

(ルナリアが目を丸くする)
DNクエストって…すごくハッキリ言うのね。

こういうことは、ちゃんと言ってあげないとね。

パンが…………パンが、黄金のリンゴじゃないだけマシじゃない!
(ルナリアは今にも泣き出しそうだ。他のことを聞いてみよう)

「縁か…どんな縁なの?」


ルナリア

………
(ルナリアがこちらをジッと見つめる)

どうしたの?

普通の人に話しても…届かないし、理解するのは難しいの。
理解できない方が…むしろ幸せだと思うわ。

もし理解してしまったら、その瞬間あなたは普通の道から外れてしまう。
…一緒に行ってくれるのは嬉しいけど、これだけは話せないの。

何も起こらず、そのままでいられるならそれが一番だと思う…。私は違うから…
…私は…理解してもらえないけど…

(…なんだかアイオナを思い出す…。人間が嫌いとかじゃないみたいだけど…)

「全部聞いてみた」


そういえば前から気になってたんだけど…

どうしたの?

ルナリアは…何者なの?
人間…じゃないんだよね?

私は扉を開けるために来た。
扉を開ける…そのために来た…だからここにいる…
でも…よく考えたらあの人は必要ない……
私はなんでこんなにもあの人を求めるの?…なんで…

だけど私はそれを願った…それだけが私のたった1つの願いだった…
私は…使命以外を望んではいけない存在なの…?

でも私はあの人を求めるようになってしまった。
私は…一体どこから間違っちゃったの?

(あの人のことが本当に好きなんだな…)
あと、もう少し!一緒に見つけ出そう!

…ありがとう…
そして……ごめんなさい…

うん?何が?

…いろいろ…たくさん…
(ルナリアは、これ以上会話をしたくないようだ)

抑えきれない想いⅢ


ルナリアは「いろいろごめんなさい」と言っていた。
いろいろ…何のことだろうか?
もう少し一緒に行ってみよう。


抑えきれない想いⅣ


誰かが倒れている。ルナリアはその横で驚き震えているようだ。
ルナリアを落ち着かせよう。


ルナリア

あ…あ…ああぁぁぁ…!!!

ルナリア!!!

ダメ…イヤ…イヤァァァ!!
あの人がいない…いなくなっちゃった!!
イヤ、イヤ、イヤ…私がいけなかった!
私が間違ってた!だからお願い、あの人を…!

あの人を私から奪わないで…!
※パーティメンバーと同一ステップの時クエストが進行します。

抑えきれない想いⅤ


メリエンデルが現れた。
メリエンデルと会話しよう。

【アーチャー】メリエンデル

DNクエストさん…?DNクエストさん!

あ…メリエンデルさん…?

大丈夫ですか?
呼びかけても反応がないので少し心配しましたよ。
何かあったんですか?

何のことですか…?
あっ、そうだ。ルナリア…ルナリアは?
(頭が割れるように痛む)

ルナリア…ですか?
ここにはDNクエストさん以外の人はいませんでしたよ。

え…あ…あれ?そういえば、なんでルナリアと一緒にいたんでしょう?おかしいな…?

……何があったのかは知りませんが…
私が見たのはDNクエストさん1人です。
それ以外には誰もいませんでしたよ。

(…何がどうなったんだろ?…なんでルナリアと一緒に?うぅ…頭が…痛い…)

(分からない…だけど…)

(性格は全然違うけど声や雰囲気は同じだった…。ここが過去だとすると、過去のルナリアっていうことになるのかな…?だとしたら…いったい何があったんだろ?あそこまで別人になっちゃうなんて…)
(なんだか、過去のルナリアは打たれ弱かったな…。それに「あの人」……。何があったのか分かれば、ルナリアを倒す手掛かりになるかも…。でも…あの人を想うルナリアを倒すのはちょっと可哀想だな…)
(…ダメだ…しっかりしないと!ルナリアは敵。世界を滅亡させる邪悪な…存在。アルゼンタ様まで攻撃した…。だけど…なんで?)
(…ルナリアは何者?あの人って誰なんだろ…?)

痛哭の壁に行きましょう。
先ほどそちらへ向かうフェザーを見ました。
(痛哭の壁へ行こう)

関連クエスト




  • 最終更新:2015-08-01 19:16:37

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード