Lv74 自分の歩む道

all.png



【エルフ警備兵】シートリーデル

DNクエストさん!今、お忙しいですか?

アルゼンタ様を追って、熱風の奈落に行くつもりです。

そうですか。もし何かあったら私が命をかけてモノリスまで行きますので!
DNクエストさんは、アルゼンタ様の所に急いでください。

(熱風の奈落へ急ごう)

※パーティ状態では進行できないクエストです。

自分の歩む道Ⅰ


アルゼンタはルナリアとの戦いで傷ついたようだ。
熱風の奈落へ向かったらしいので追いかけよう。

アルゼンタ

はぁ…はぁ…

アルゼンタ様!怪我したって聞いたんですけど…

もう何やってるの!なんで毎回こんなに遅いの…まったくもう!

すみません…。フェザーがアレンデルに現れて……あっ、そうだ。あとルナリアに会ったんです。…一応これでも急いで来たんですけど…



ジェレイント

何だと?お前、ルナリアについて知ってたのか?
まったく役に立たん奴だな!今頃になって登場とは…

それじゃあ、何?ルナリアのことを知っていながら、生命の木とエルフを優先したってわけ?
フンッ…(アルゼンタが顔をしかめている)

すみませんでした…

…おちびちゃん…
(アルゼンタが頭をガッチリと掴んで強烈な頭突きをしてきた)

うっ!?(そのまま食らう)
ぐぅっ!?(華麗に避けつつも食らう)
ぐっふぅ!?(心の中では瞬速の回避を見せる)

何を謝ってるのかしら?
まさか…私があんな奴に負けるとでも思ったの?
フーン…この私が弱いと思ってるようね。

ま、まさか!アルゼンタ様は最強です!
心配なんてハウンドの毛先ほどもしてませんよ?
……でもケガしたって…(ボソッ)

(アルゼンタが姿勢を正す)

…まぁいいわ。
どこで何を聞いたか知らないけど、そんなに慌てなくても大丈夫よ。
私もルナリアのことは知ってるわ。思い出したのよ。
でも…なんで今もまだ存在してるのかしらね…

えっ…知ってたんですか?

あんな面倒な能力があるなんて知らなかったけどね。まぁ、とにかくあれが何かは知ってるわ。
…ああ、腹が立つ!やっぱり先に手を打っておくべきだったわ!

フェザーが確信も持たずに動くはずはないと思ってたけど…
時間移動だなんて…そんなのどうやって防げばいいのよ。

あっ、そうだ!アルゼンタ様、こんなものをもらったんです。
はいっ!(古代人の呪術石を取り出す)これでルナリアを止められるかもしれません。

(アルゼンタはとても驚いている)
…ッ!!……おちびちゃん…これをどこで?

ガハラムからもらいました。そして…(ガハラムの話とルナリアに会った時のことを詳しく話す)

フーン…ガハラムっていう古代人が?
(アルゼンタがこちらをジッと見つめる)

な、何でしょうか?

ふぅ…しょうがないわね。おちびちゃん、こうなったら最後まで付き合ってもらうから。
その石を持って、私と一緒にモノリスの扉まで行きましょう。



ジェレイント

何だと!?アルゼンタ、どういうつもりだ?重要なことなら、私たちだけで行けばいいじゃないか!
なぜ人間なんかを連れて行く?足手まといになるだけだぞ。



アルゼンタ

いいのよ。私たちは「あれ」に長く触れない方がいいわ。
後で説明してあげるから、先に行ってて。



ジェレイント

チッ…
(ジェレイントが渋々といった様子で行ってしまった)



アルゼンタ

…私たちも行きましょ。
ちゃんとついてくるのよ?
(熱風の奈落の奥へ向かおう)

自分の歩む道Ⅱ


アルゼンタが怒った。だが、幸いにも古代の欠片のおかげで許してもらえたようだ。
アルゼンタについて行こう。


自分の歩む道Ⅲ


到着した。アルゼンタと会話しよう。

アルゼンタ

今なら、ここからモノリスの扉へ行けるわ。
欠片を渡しなさい。

え?でも、アルゼンタ様はこれに触れないんじゃ…?

そんなことないわ。
ただ、触りたくなかっただけよ。そんな怪しい石。

(さっきと言っていることが違う…)

…本当よ。信じられないって顔ね。
詳しくは言えないけど、とにかく大丈夫なの。さあ、早く石を渡しなさい。

嫌です。渡しません!
ドラゴンには危険だって聞きましたよ!
い~や~だ~!

…おちびちゃんが断るなんて予想外ね。

アルゼンタ様ほど強くないのは分かってます。…それでも何か役に立ちたいんです。
今更逃げるなんてできません!

逃げる?違うわ。あなたの役目は終わったの。
石を見つけてきてくれたじゃない。
あなたの頑張りに文句を言う人なんて誰もいないわ。

胸を張って帰りなさい。
あなたは役目を果たしたと、みんなに言っておいてあげるから。

ただ…アルゼンタ様の役に立ちたいだけなんです。

ワガママを言わないの!
これからの戦いは、本当にどうなるか分からないんだから…。
関わらないほうが身のためよ。おちびちゃんの力じゃ、フェザーには勝てないわ。
2つの宝玉を持つドラゴンの力がどんなものか分かるでしょう?

……前にも「一緒に戦う!私たちならできる!
私たちが力を合わせればできないことはない!」とか言ってた奴らがいたわ。
そんな彼らの末路がどれだけ悲惨だったか…あなたも知ってるでしょ?

…六英雄のことですか?

…そうよ。愚かな人間とエルフ。
あなたもよく知ってるから分かるでしょ?
…結局、苦しむことになるんだから…

圧倒的な力に立ち向かって一生を棒に振るよりも、がむしゃらに逃げなさい。
誰も何も言わないわ。あなたは…

人間たちに「英雄」と呼ばれるにふさわしい行動は十分したわ…
それだけでも残りの人生を堂々と生きていける。
怪我もなく、健やかに…そうでしょう?

…それは違うと思います。

どうして?

…テラマイ様が言ってました。辛いことばかりだったけれど、ドラゴンレイドに参加したことは後悔していないと。あの頃に戻ったとしても、同じ選択をしただろうと。

…私も同じです。ここで逃げたら、一生後悔するでしょう。
アルゼンタ様を助けられなかったことを。

…まったくあの年寄りは相変わらずね。
(アルゼンタの表情が少し怖い)

あの年寄りに何を言われたか知らないけど
あなたは英雄になりたくてここまで来たんでしょう?
こんなことに命をかけるつもりなの?

…英雄には憧れます。
だけど、ここで逃げるのは英雄としても、アルゼンタ様の仲間としても間違ってると思います。

仲間?あなたが仲間だなんて笑わせないで。
もういいから、さっさと行きなさい!

一緒に戦ってきた仲間じゃないですか。
ダメだと言われても、アルゼンタ様についていきます。
…今まで、アルゼンタ様が世界を守るためにどれだけ苦労してきたかを知ってますから。

あなたが強いことも、すごいこともよくわかってます。でも…傷ついてほしくないんです。
ドラゴンを助けるのは、この世界に生きている以上当然のことです!

はぁ…話の分からない子ね。

キャデラックで初めて会った時は、こんなことになるなんて思いもしなかったわ。
どうしてこんな人間ばかりなの?まったく…

自分の歩む道Ⅳ


アルゼンタを追ってモノリスの扉まで行こう。

アルゼンタ

今なら、ここからモノリスの扉へ行けるわ。
欠片を渡しなさい。

え?でも、アルゼンタ様はこれに触れないんじゃ…?

そんなことないわ。
ただ、触りたくなかっただけよ。そんな怪しい石。

(さっきと言っていることが違う…)

…本当よ。信じられないって顔ね。
詳しくは言えないけど、とにかく大丈夫なの。さあ、早く石を渡しなさい。

嫌です。渡しません!
ドラゴンには危険だって聞きましたよ!
い~や~だ~!

…おちびちゃんが断るなんて予想外ね。

アルゼンタ様ほど強くないのは分かってます。…それでも何か役に立ちたいんです。
今更逃げるなんてできません!

逃げる?違うわ。あなたの役目は終わったの。
石を見つけてきてくれたじゃない。
あなたの頑張りに文句を言う人なんて誰もいないわ。

胸を張って帰りなさい。
あなたは役目を果たしたと、みんなに言っておいてあげるから。

ただ…アルゼンタ様の役に立ちたいだけなんです。

ワガママを言わないの!
これからの戦いは、本当にどうなるか分からないんだから…。
関わらないほうが身のためよ。おちびちゃんの力じゃ、フェザーには勝てないわ。
2つの宝玉を持つドラゴンの力がどんなものか分かるでしょう?

……前にも「一緒に戦う!私たちならできる!
私たちが力を合わせればできないことはない!」とか言ってた奴らがいたわ。
そんな彼らの末路がどれだけ悲惨だったか…あなたも知ってるでしょ?

…六英雄のことですか?

…そうよ。愚かな人間とエルフ。
あなたもよく知ってるから分かるでしょ?
…結局、苦しむことになるんだから…

圧倒的な力に立ち向かって一生を棒に振るよりも、がむしゃらに逃げなさい。
誰も何も言わないわ。あなたは…

人間たちに「英雄」と呼ばれるにふさわしい行動は十分したわ…
それだけでも残りの人生を堂々と生きていける。
怪我もなく、健やかに…そうでしょう?

…それは違うと思います。

どうして?

…テラマイ様が言ってました。辛いことばかりだったけれど、ドラゴンレイドに参加したことは後悔していないと。あの頃に戻ったとしても、同じ選択をしただろうと。

…私も同じです。ここで逃げたら、一生後悔するでしょう。
アルゼンタ様を助けられなかったことを。

…まったくあの年寄りは相変わらずね。
(アルゼンタの表情が少し怖い)

あの年寄りに何を言われたか知らないけど
あなたは英雄になりたくてここまで来たんでしょう?
こんなことに命をかけるつもりなの?

職:ウォーリアー、アーチャー、ソーサレス、クレリック、カーリー、レンシア、マキナ


...


職:アカデミック


...


職アサシン


...


アルゼンタ

冗談言ってる場合じゃないでしょ!
まぁいいわ。あなたがルナリアを止めるのね?
仲間の過ちを引き受けようとするのは…人間にしては上出来だわ。

…言っておくけど、何が起こるか分からないわよ。
フェザーが出てくるかもしれないし、ルナリアだって…

…私も、いざとなったら封印石を壊して力を完全に解放するわ。

そ、そんなことして大丈夫なんですか?

…あれは私の力で動いてるのよ。
私がもう一度力を込めれば、元に戻るはずよ。

…それに、扉は簡単に開けるものじゃないしね。
おちびちゃん…何か余計なことしたら容赦しないわよ。

時と場合によります。
任せてください!

…あなたの命よ。自分の力で守り通しなさい。
私は助けないからね。自分の力で生き残って戻るのよ!

はいっ!!

自分の歩む道Ⅴ


ガハラムが現れた。ガハラムと会話しよう。

…あなたは…

ガハラムさん!?
お師匠様!? 職:カーリーのみ

ガハラム

………

関連クエスト




  • 最終更新:2015-08-01 19:15:33

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード