Lv70 始まりを告げし者

all.png



【王都近衛兵】ロイ

あ!DNクエストさん!お待ちしていたであります!
アレンデルの長老様が、あなたを捜しているという伝言があったであります!

エルフの長老が…?わかりました。

(アレンデルのエルフの長老の所に行ってください)

始まりを告げし者Ⅰ


エルフの長老と会話しよう。


エルフの長老

おや、来られましたね。お待ちしてましたよ。

モノリス…本当にあそこのことを話すべきなのか…まだ確信が持てずにいます。
実は、モノリスについて知っている者はこの世界に多くはいないのです。

もちろん、DNクエストさんのお気持ちもわかります。
ですが、モノリスはとても危険な場所なのです。
その場にいるだけで…すべての生命体は自我を失ってしまうでしょう。

ですが、アルゼンタ様はそこへ向かったと…

…まさか、シルバードラゴンを心配なさっているのですか?
ドラゴンは、我々の常識を遥かに超えた存在。
ドラゴンだけがモノリスで自我を保つことができます。
我々がモノリスのためにできることは、ほとんどないのです。
あなたが多くの試練を乗り越えてきた冒険者だということは知っています。
ですが、そのドラゴンを追いかけてモノリスで命を落とさせるわけにはいきません。
…それが私の結論です。

でも、黙って見ているわけにはいきません。

あなたの覚悟は理解しています。
私もあなたに何もしてほしくないわけではありません。
我々は我々でやらねばならないことがありますからね。

やらねばならないこと…?

モノリスの入口は、確かにこの近くにあります。
そして、生命の木の力が弱まっている今こそが、邪悪なる者たちがモノリスへと向かう絶好の機会なのです。
ゆえに、まずはこの周辺を偵察してきていただきたいのです。

アレンデルに新しい王が即位されましたが、彼が完全に生命の木を受け入れ、力を回復させるにはまだ時間がかかります。
その間に、モノリスへと近づく者たちも現れるでしょう。

私は、これ以上ドラゴンの方々や外部の者の手を煩わせることなく、事を終わらせたいのです。
その役割をあなたに頼むということは、見当違いなことだと思われますか?

(一理あるけど、目の前に敵が攻めてくるとわかっているのに戦えないなんて…)

職:アーチャー以外


偵察を…お願いできないでしょうか?
あなたもやはり、我々とは違う外部の者だとは承知していますが…
トリアナの言葉や選出の儀のことを通じて、私はあなたを信ずるに値する者だと理解しました。

当たり前です。
そうですか…
任せていただけるなら、最善を尽くします。

職:アーチャー


まだ、あなたが選出の儀で負った傷が癒えていないことも知っています。
ですが、それを任せられる者が現在、他におりません。無理なお願いだということは百も承知でお願いしています。
どうか、引き受けていただけないでしょうか?

わかりました。



エルフの長老

ありがとうございます。
では、まず闇森の沼の偵察をお願い致します。
すでに危険な場所と化しています…

闇森の沼ですか?
(どんなところなんだろう…)

はい。
本来はとても美しい場所でしたが、今は完全に汚染されその名も姿さえも変わり果てた沼です。
(長老が顔をしかめる)そこを偵察して頂きたいのです。

わかりました。

…では、よろしくお願いいたします。闇森の沼です。
闇森の沼は黒月の森-入口-から向かうことができます。

始まりを告げし者Ⅱ


エルフの長老は、モノリスのことを外部に漏らしたくないようだ。
外部が知る前にすべてを終わらせたがっている。
モノリスの結界が壊れないように周辺を偵察しよう。
まずは、闇森の沼だ。


始まりを告げし者Ⅲ


謎の少年が現れた。
会話してみよう。

???

ん?あ!?
に、人間だ…!?
(とても驚いたようだ。見た目からしてまだ幼い少年のようだ)

あの、ここは危ないですよ。早く離れたほうがいいです。 ←
えっと、ここは危ないよ。早く離れたほうがいい。

う、う~ん…うう…うん?クン…クンクン…?これは…
で、でも…初めて見る人にそんなことしても…いいのかな…?
(なんだかためらっているようだ)

大丈夫ですか? ←
大丈夫?

しししし、失礼しまぁぁーっす!!!

(少年が突然こっちに走ってきて……鼻でクンクンにおいを嗅いでいる…!
見たところ、自分のにおいを嗅いでいるようだ…!??) ←


きゃあああああああ! ←
うわ、やめろ!
何を…しているのですか?
ひぃ!(あ!お風呂入ってないのに…)

ま、まままま間違いない…!ジェ、ジェレイントのにおいだぁぁ!クンクン…
あの、その、だからジェレイントと…と、友達?友達…なの!?
今のちっちゃい子じゃなくて…あの…おっきいジェレイント!

友達…?そうですよ。 ←
…はい。仲間でした。
まぁ、よく知ってる…

お、ほ…ホントだ!ジェレイント!!ジェレイントのにおいだぁ!
ほ、本当に見つけたんだ!
す、すごいや!すごいすごい!み、見つけちゃった!
ってことは…キミがDNクエストなんだね!

え?なんで私の名前を?

…えーっと、し、知ってるもん!アルゼンタから聞いたから…!だから…その…

アルゼンタさんから?あなたは一体…?



ホワイトドラゴン アイオナ

ボ、ボクはホワイトドラゴン…ケイオスドラゴン…のアイオナ!アイオナだよ!

え?え?今なんて?ホワイトドラゴン!?!?ケイオス!?

あ、えーと、そ…そう…

ホワイトドラゴンがここに何の用で…?
いや、違う!ケイオスドラゴンってことは、このアレンデルを破壊しに来た敵ってことだ!
(武器をかまえる)

…あ、ちちちちがう!ご、ごごごごめんなさい!
あの、本当に何もしないから…今までだって何も…

何も…しない…?

…そ、そそ、そんな怖い顔でみないで…本当だもん!
ボクは本当に何もしない。今までだって…本当…本当だもん…。
これからだって…ずっと…いや、これからは…
(何やらブツブツ言っている)

(これは信じていいものなんだろうか…?)

ボ、ボクのこと…怖いって思う?
ジェレイントの友達も…皆にボクのこと、こ…怖いって言いふらすんでしょ…?ぐすっ…
(アイオナは泣き出す寸前のようだ)

あとで銀光の旧修練場に来てくれたら…その、少しだけ!その…話を…しちゃダメ?
…ボ、ボクはたしかに言ったからね!ずっと捜していたんだ。絶対来てね!人間…

(なんだか私が悪いことをしたような感じになってる気が…)
わかりました。そこに行きます。
何もしないというのは確かですね?

(あんなにオドオドしてるのがドラゴン?ちゃんと敬語使ったほうがいいのかな…)

…う、や…約束!約束だからね!約束したからね?ね?
ドラゴンじゃない人と約束したの…ボク初めてだ。
わ、わかったら早く行って…!ボ、ボク…キミがまだ怖いんだ。

(私の方が怖い…?) ←
(え?誰が誰を怖がるって?)

(そこまで危険なドラゴンじゃ無いみたいだ。とりあえず引き返そう。
エルフの長老に報告した後、銀光の旧修練場という場所に行ってみよう)

始まりを告げし者Ⅳ


エルフの長老からモノリスの結界が壊れないよう偵察を頼まれた。
そこに現れた謎の少年は、自分がホワイトドラゴン アイオナだという。
さらには、ケイオスドラゴンとも。
どうやら危険な人物ではなさそうだが、銀光の旧修練場で話がしたいという…
一旦、エルフの長老に状況を報告しよう。


エルフの長老

戻られたようですね。で、いかがでしたか?

(闇森の沼の状況を伝える)

ふむ、思ったより深刻なようですね…(エルフの長老の顔色が暗くなる)
次にDNクエストさんに行ってもらう場所も、やはり状況が良くないと聞きました…なぜ森がこのような変化を…

次はどこですか?

関連クエスト





  • 最終更新:2014-02-22 20:28:16

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード