Lv70 全てのために(魔)

Sorceress.png



画像を表示 画像を表示

ホワイトドラゴン アイオナ

う~んと。DNクエストはシーデル…っていう人の所に行くっていってたよね?

ボク、ここで待ってるねー!気をつけてね!
ボクも他の冒険者たちに言ってみる!
(アイオナが手を振っている。リバーワート船着場にいるシーデルの所に行こう)

全てのためにⅠ

ロータスマーシュのシーデルの所にいってモノリスの危機…そして今の状況を知らせることになった。
シーデルの所に行こう。

画像を表示 画像を表示

シーデル・フェアリスター

DNクエスト!どうしたの?そんなに慌てて…

早く早く!私時間がないの。今時間大丈夫でしょ?

今から会議が…いや!(シーデルが見ていた書類の表紙を閉じる)
何の用か話してみて。

今、アレンデルが大変なの!
レッドドラゴンとその部下の龍の使徒がモノリスを狙ってるのよ!}

(目を丸くして瞬きしている)
モノリスだって!?
そんなものが本当に存在しているの…?

本当なの。
そこは私たちの世界とは別の世界なんだけど、女神とこの世界をつなぐ媒介体なの。
でも、レッドドラゴンがそれを横取りしようとしていて……なんとしても止めないと!

ちょ、ちょっと待って!
突然すぎて何がなんだか…でも、この世界の危機ってことなんだね?
わかった。じゃあ、僕がフェアリスターのソーサレスと、ソーサラーにモノリスの調査をするよう伝えるよ。

ちょっとちょっと、調査だけするつもり?協力は??

…僕たちはフェアリスターの名のもとに集まった。
でも、今ボクだけの独断で動いたら…カーラ様が亡くなられてまだ間もないし…あ、そうだ!
カーライエンさんに言えば、宮中のソーサレスの助けを借りられるかもしれない。

なるほど~!いい考えね!

ちょうど定例会議もあるから、みんなで力を合わせてモノリスに関する資料をカーライエンさんに送れば、説得できるかもしれないね。
君はカーライエンさんの所に行って事情を説明してほしい。
僕たちもできるだけ急いで資料を送るから。


見ない間に成長したわね、シーデル。
さすが!なかなかやるじゃない?

はは、君から褒められるとは思わなかったよ。
僕もいつまでも子供でいるわけにはいかないからね。
フェアリスターの団長として、実力と人格を持ちたいんだ。
カーラ様のようにね。

…成長したシーデルを見たら、きっとカーラ様も喜ぶわ。それじゃ、行くわね!またね!

うん!じゃあ、よろしくね!
(セントヘイブンの城内にいる【宮廷ソーサレス】カーライエンの所に行ってください)

全てのためにⅡ

幸い、鋭いシーデルはすぐに状況を把握してくれた。
【宮廷ソーサレス】カーライエンの所に行って状況を伝えよう。

画像を表示 画像を表示

【宮廷ソーサレス】カーライエン

なんで今さら来るのよ!遅すぎじゃない?

え!?

すでにシーデルが特急で便りを送ってきたわよ。
おかげで何回もテレポートを使ったフォースユーザーが2人も病気で寝込んだわよ。
それで、モノリス?あーんもう、頭が痛いわ。
そんなものが本当に存在していたっていうの!?
さらには、それを狙ってるのがレッドドラゴンで龍の使徒だっていうわけ?

あー…はい。

頭が爆発しそうね。
モノリスは普通の人間が入れるような場所じゃないんじゃなかったの!?
それに、なんでレッドドラゴンがそれを狙うのよ!?おかしくなりそうだわ!
レッドドラゴンもレッドドラゴンよね。
龍の使徒なんてのをこきつかって悪巧みばっかり!

あ、それは多分もともとドラゴンではなくて人だったと思うんです。フェザーっていう名前の…

…なんですって?フェザー?建国王の名前と同じね。
そんなに珍しい名前じゃないけど…ふぅ。
んもうっ!宮中のソーサレス団を動かすためには…
あの老いぼれも本当にすごいタイミングで帰ってきたし…。
私が勝手に動かすわけにも…

テラマイ様のことですか!?意外ですね。

意外ってどういう意味よ。
ただ、カーラ様と一緒に戦った六英雄だから、少し気を使ってあげたほうがいいと思っただけよ。
ふぅ~、シワが息吹を上げるのを感じるわ。

シワだなんて。カーライエン様にそのようなものは見当たりません。
え?カーライエン様の美しさになんら変化はございませんが?
最高!美肌!カーライエン!ッフォーゥ!

(カーライエンが愉快そうに笑う)
オーホッホ!
お前、なかなかの眼力を持っているのね。
いいわ。それじゃあ、久しぶりに会議で力を使ってみようかしら。
シーデルの所に行って伝えてちょうだい。
宮中のソーサレス団を必ず動かしてみせるってね。
モノリスまでは無理だとしても、モノリスを狙う龍の使徒どもは木っ端微塵にしてやるわ。

はい!ありがとうございます!

ちょっとちょっと、行く前にこっち来なさい。

…?
(カーライエンのそばに行こう、カーライエンが小さく呪文を唱える。
顔のまわりに光が現れ消えた)

カーライエン様特製の呪文よ。
名前は「ヴィーナススキン・シャインスパーク」。
特別大サービスよ。
どこにいっても皮膚管理って大事でしょ。
オーホッホッホ!さ、お前は早くシーデルの所に行って伝えてちょうだい。
このカーライエン様が手を貸してあげるってね。

は~い!
(皮膚に張りが戻っているのを感じる。
シーデル・フェアリスターの所に行ってカーライエンの言葉を伝えよう)

全てのためにⅢ

シーデルの協力もあり、カーライエンを説得することができた。
シーデルに状況を伝えよう。

画像を表示 画像を表示

シーデル・フェアリスター

DNクエスト!どうだった?
無事に資料は届いたはずだけど。
新人フォースユーザーの2人が頑張ってくれたんだけど…

速すぎよ!2人とも呪文の使いすぎで倒れたらしいわよ!

え!?本当!?ちょっと急かしすぎたかな…

でも、そのおかげで色々解決したわ。
カーライエン様が宮中ソーサレスを動かしてくれるみたい。
モノリスまでは無理でも、龍の使徒はどうにかしてくれるって。

よかった。後でボクたちの中からも動ける人を集めたら連絡するよ。
DNクエストは…あれ?それってまさか…「ヴィーナススキン・シャインスパーク」!?

あら、これ知ってるの?

そ、そりゃあ毎日…毎日色んなソーサレスが使ってるし…知らないでいる方が無理だよ。
(シーデルの視線がなぜか虚ろだ。どこか顔がひきつっている…?)

大変だったようね。
シーデルもたまにはこういう気分転換できる呪文を作ってみたら?
それじゃ、シーデル。私は一足先にアレンデルに行ってるわね。

全てのためにⅣ

何とか王都やソーサレスたちの協力を得ることができそうだ。
黒月の森-入口-にいるホワイトドラゴン アイオナに会って状況を伝えよう。

画像を表示 画像を表示

ホワイトドラゴン アイオナ

…やっぱりちょっと威厳?が足りないのかなぁ。}
ボクはずっと生きてるからみんなより年も上のはずだし。}
(アイオナが深刻な顔でブツブツ言っている)

う~ん、威厳はちょっと違うんじゃないかなぁ。
そんなことで悩んでいるから、もっと幼く見られちゃうんじゃない?

うわぁ!あ、DNクエストか…
あ、ど…どうだった?DNクエスト。力は借りれそう?
ボクはバッチリだよ!他の冒険者から力を貸してもらえることになったも~ん。
(アイオナが得意気に胸を張る)

あら、私を誰だと思ってるの?
由緒正しいフェアリスターの団長と、宮中ソーサレスの代表カーライエン様まで説得する広い人脈!
モノリスの調査をして、力を貸してくれるって約束してくれたから、きっと大きな助けになってくれるはずよ?

うわー!さすがDNクエスト!!
今まで一緒に行動しながら、なぜか頼りがいがあるなぁーって思ってたんだ。

(なぜかって何だ…)
(皮肉か…?)

う~ん、それじゃ DNクエストにお願いがあるんだけど。
ボク、ちょっと悩んでて…
孤独なる砂森に来てくれない?2人だけで話がしたいんだ。

ふーん…わかったわ。
(孤独なる砂森にいるホワイトドラゴン アイオナと会話してください)

うん!必ず連絡するよ。
(シーデルが手を振る。アレンデルにいるアイオナの所に行って、うまくいったことを伝えよう)
※パーティ状態では進行できないクエストです。

全てのためにⅤ

アイオナにうまくいきそうだと伝えると喜んでくれた。
そして何か話したいことがあるらしく、孤独なる砂森に1人で来てほしいという。
孤独なる砂森に行ってみよう。

画像を表示 画像を表示

ホワイトドラゴン アイオナ

あ、来た来た!DNクエスト
よーし、じゃあさっそく…
実はボク、ちょっと妹?みたいな冒険者と出会ってさ…
(アイオナがニコニコ笑う)

妹のような冒険者?
でも、それって年だけで考えれば、みんなアイオナの弟や妹なんじゃない?

…えー、違うよー。(アイオナが首を振る)そうじゃなくてー。
フフフ、詳しくは言えないけど、ちょっと怖いけど妹みたいな冒険者なんだ。
だから、お兄ちゃんとして威厳を見せて驚かせたいんだ。

(アイオナのくせに威厳だなんて…)
(…補足説明を入れてあげたい)
(落ち着け…相手はドラゴンだ)

…だから、DNクエストに聞いてみようと思って。
なんだかそういうの詳しそうだから!
あのね、どうやったらちゃんと妹と遊んであげられるかな?
ボク、ずっと1人だったからどうやって遊ぶのかよくわかんないんだ。
あ、ハーフリングで会うからどうせなら雪で遊ぶのがいいなぁ!

なんだか泣けてくるわね。遊びを習うって、う~ん…
ずっとハーフリングにいたなら、雪遊びは大体わかるんじゃない?

…雪積み?…雪食べ?それくらいなら…
でも、冷たいからあんまりたくさん食べれないよ…

それは遊びじゃないわよ!
あれ、なんだろう。涙が…
(落ち着け…相手はドラゴン)

えーっと、教えて…くれる?

もちろんです。スパルタ式でお教えしましょう。
いいでしょう。マナレージ仕込みの遊び…伝授してあげるわ!

…(嵐のような講義が始まった。
雪だるま、雪合戦等…アイオナが理解できたかはわからないが、とにかく幼いころのずば抜けた集中力が長き時を得て再びこの世界に姿を見せたのは確かだ)

…うわぁ、遊びって奥が深いんだね!すごいや!すごーい!
へへっ!やっぱり聞いてよかった!
DNクエストの話し、すっごく面白いんだもん。

まぁ、これくらい大したことないわよ。
道具さえあればもっと色んなことができるし。
ところで、ハーフリングで遊ぶって言ってるけど……
モノリスはどうするのよ?

う~ん、それがぁ。
やっぱり、DNクエストに言うと怒られそう…
(アイオナが視線をそらす)

まさか…!今まで一生懸命アイオナを手伝ってきた私を差し置いてコッソリ逃げ出そうっていうんじゃあ…!
ふぅ。いいわ、まずは話を聞きましょう。

に、逃げたりなんてしないよ!そうじゃなくて!
だから…そのぉ、別れるのはあってるけど、そうじゃないんだ。
そんなことしない。別れたくもないし…

…何があったんですか?

ん~、そのぉ。
(アイオナが一生懸命視線を逸らしている)

…怒らないように努力するから、話してみて。ね?

…あのね。DNクエストが行った後に、たくさんの優しい冒険者に出会ったんだ。
彼らはみんなモノリスの危機を理解してくれて、力を合わせるって言ってくれた。
でも、彼らの中にモノリスに入っても自分を保てそうな存在はいなかった。

…ボクの力でモノリスから守ってあげれる人はたった1人。
みんなが戦おうとしているのに、 1人しか……。
彼らは世界を守りたいっていう強い心があるのに……

…でも、1つだけ…その優しい冒険者のみんながモノリスに入ることができる方法があるんだ。
ボクは…宝玉の力で作られた思念体…ボクを作り出している力を全部冒険者にあげれれば、彼らはモノリスの影響を受けずに動くことができる。

…ちょ、ちょっとそれって!?
まさかそれ消えちゃうってことじゃ…?
それは皆も怒るわね……

…うぅ、やっぱりー。みんな優しすぎるよ。へへっ、嬉しいけど…寂しいな。
実はボク、世界のために存在してるんだよ?そんなに気を使わなくてもいいのに。
むしろ、ボクが世界に落ちた悪だって思えば、思う存分利用してもへっちゃらだよ…へへっ…

世界に落ちてきた悪?もしかして、ビヨンドドラゴンの毒のこと?
それはアイオナが悪いんじゃないじゃない!
まぁ、結果はよくなかったけど…

…ボ、ボクも…本当は…イヤだ。
過去にあんな選択をした自分が憎くて憎くて我慢できない。
ボクだけじゃなかったら、全部うまくいってたかもしれないのに。
考えただけで辛いんだぁ…ずーっと辛くて…
(アイオナの視線が下がる。目元が震えている)

(アイオナのほっぺを叩く)
そんなんじゃモテナイわよ!
いくら後悔しても払ったお金は戻らないのよ。

…いたっ!な、なにするの!
ボクは深刻なんだ。…ホントはキミもボクが憎いんじゃないの?
ボクさえいなければ全ての人間は幸せだったかもしれない。

フフフ…
プッ…うじうじして!
そんな昔のこと皆忘れてるわよ!

…で、でも、いくら古代人とキミたちが違うって言っても…
でも人間は人間だよ。当然ボクを憎いと思ってるはずだもん。
だ、だから、ボクはいつも怖くて…人間だって、罪を負った人は法で裁かれるでしょ?

それはそうかもしれないけど。アイオナがやりたくてやったわけじゃないでしょ?
だからこそ、今こうして頑張ってるんじゃないの?
今までずっとハーフリングから出てこなかったかもしれないけど、そんなのこれからいくらでも取り返せるわよ!

…そ、そうかなぁ?
…本当にボクが一生懸命頑張れば、みんな許してくれるかなぁ?
…それができるなら…ボクが持つ全てをかけてでも何とかしたい。

そうそう!その意気よ!
私なんて、一時はギャンブルプリンセスなんて呼ばれてたけど、今はまっとうに生きてるわ!
ドラゴンの生き方っていうのはよく分からないけど、それもまた人生よ!!

(アイオナが首をかしげる) …え?ギャンブルプリンセス?
それ、ハーフリングでもよく耳にするくらい有名な人じゃない?
確かオークたちが指名手配してたような…

(咄嗟にアイオナの口を塞ぐ)アハ…!
過去なんて気にしない!テヘッ!
若かったってことよ!

…ぷっ、ハハハ!やっぱりDNクエストは面白いね!
でも、一体何をしたの…?
(アイオナが興味津々な目で見つめる)

(子供の好奇心を甘く見ちゃダメね…)
(…何か別の話題はない!?)
(ギャンブルの神よ…助けて…)

あ、アイオナ!それより…どういうこと?
消えるって一体…?

…どうって…そのままの意味だけど…

…ちょっと!だめだめ!消えちゃったらどうやって罪を償うっていうのよ!
みんなを守らなくてもいいじゃない。
ほんの2、3人だけモノリスに連れて行けばいいのよ!
それか…他にも方法があるはずよ!

…それはできないよ。
ボクはみんなを守らなくちゃダメなんだ。
みんなの気持ちは守る。
違う方法も…探してはみたけど、いくら考えてもこれ以外には思いつかないんだ。
堕落した他のケイオスの力を使うこともできないし、エンシェントは今モノリスを守ることで全ての力を集中してるから。

…じゃあ私だって…!そ、そんな力いらないわよ!

…で、でも完全にお別れってわけじゃないんだ!
ボクの力を持った冒険者が、ボクの宝玉があるハーフリングに来れば、その力と宝玉が反応してボクはまた復活することができるんだ!

…え?そうなの?もっと早く言ってよ!びっくりしちゃったじゃない!
でも、少しの間お別れすることにはかわりないのね。
…ふぅ、それじゃあみんなきっと生き抜くために必死になるわよ。
何がなんでもハーフリングに行くためにね。

…へへっ。そうだといいな。そうなれば本当に嬉しい。
ボク、DNクエストが悲しむんじゃないかって心配してたけど…よかった。

悲しくないっていったら嘘になっちゃうわね。少しの間の別れでも別れは別れ。
…アイオナ。ハーフリングでおとなしく待ってるのよ?
必ずレッドドラゴンに勝って、会いに行くんだから!

うん!もちろん!ボク、信じて待ってるからね!
じゃあ、またね。DNクエスト…本当にありがとう。

必ず、また会おう。
全てが終わったら、ハーフリングで…

全てのためにⅥ

アイオナは自分の体を支える力を使ってまで、自分たちをモノリスへと送ってくれようとしている…
自分たちが無事に戻ってくれば、アイオナとハーフリングで再会できると約束したが…
これからどうするか考えてみよう。

画像を表示 画像を表示

DNクエスト

……(消えちゃった。本当に…痕跡も何も残さず……。
アイオナには宝玉がないからかしら…)

……(それにしても…アイオナが力をあげた冒険者全員が無事じゃないといけないのよね?
いや、その前にレッドドラゴンを倒さないと…。
なんだかドラゴンって、ものすごく強かったりものすごく弱かったり…メチャクチャね)

……(…もうまったく、頭が痛いわ。
女神様もドラゴンを作るなら、全員強く作ればいいのに。
すぐにムスッとするような子供を作ったりして…いや、まだ生まれたばっかりだからかな?
ジェレイントみたいに大きくなれば、大人になるのかしら?)

……(あ、王都の会議はどうなったのかしら?
とりあえず、エルフの長老に状況を確認しに行こうかな)

(エルフの長老の所に行ってください)

全てのためにⅦ

これからどうするか決めた。
生命の木の前にいるエルフの長老の所に行こう。
エルフの長老に会って会話しよう。

画像を表示 画像を表示

エルフの長老

戻られたようですね、DNクエストさん。
宮中から来た者から話は聞きました。
DNクエストさんを初めとする多くの冒険者がモノリスの危機について報告してくださったそうです。
…すぐに、DNクエストさんの力が必要になる時がきそうですね。
その時まで、力を蓄えて置いてください。

…多くの冒険者?あ。だから説得が早かったのか…
もう王都からの使いが来てたんですね。
はい、分かりました。では、その時にまた…

(…すごいエルフも人間も協力して…、アイオナの気持ちが通じたのかな。
これも全部話してあげないとね。ハーフリングでおとなしく待っててね…アイオナ)

(外伝. 英雄達の軌跡を完了しました)

[外伝. 英雄達の軌跡]完了

アイオナは全ての力を与えて消えた。
あとは…レッドドラゴン フェザーとモノリスでの戦いを残すのみだ。
必ず勝って戻ってこよう。

関連クエスト

migi.jpg Lv70 戦いの火蓋 ※Chapter11.終焉の扉


  • 最終更新:2017-06-26 13:08:18

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード