Lv70 全てのために(機)

Academic.png



画像を表示 画像を表示

ホワイトドラゴン アイオナ

う~~んDNクエストはカシウス王のところに行くんだよね?

僕はここにずっといるから!いってきて!
僕も他の冒険者に伝えてみるよ~!
(アイオナが手を振る。カシウス王の所へ行ってみよう)

全てのためにⅠ

カシウス王の所へ行くことにした。
今までの縁もあるので、説得出来るかもしれない。
セントヘイブン城内に行こう。

画像を表示 画像を表示

【国王】カシウス

DNクエストだな…。どうしたのだ?
表情があまり、よ…良くないようだが…

も…申してみよ。(カシウスがこっそりスチュアートの顔色をうかがう。スチュアートも首を縦に振る)

陛下、今レッドドラゴン フェザーと龍の使徒がモノリスを侵略しようとしています。

な…なんと?モノリス?モノリスとは何だ?

女神の夢と我々の世界をつなぐ場所です。
そこに何か起きればこの世界が滅亡することもあります。



画像を表示 画像を表示

【公爵】スチュアート

ハッ久しぶりに来て何を言うと思ったらまた訳のわからんことを。
(スチュアートが失笑する)どの口がそのようなことを。
カシウス陛下の親しい友だと聞いたが、その様な戯言で陛下を惑わそうなど…
しかも建国王の名前まで使うとは。

本当です!奴らは今モノリスを狙っています。
アレンデルにも多くの龍の使徒がおり、そこからキャデラックで使用した毒を利用しようとしています。

…聞けば聞くほど、信用できん話だ!この者を叩き出せ!
このような戯言を陛下の御膳でするなど、陛下の好意に酔い身の程を分からなくなったようだな。



画像を表示 画像を表示

【国王】カシウス

ま…待つのじゃ叔父上!し…しかし今まで我々に力を貸してくれたDNクエストではないか…
す…少しだけでも話を聞いてみよう…



画像を表示 画像を表示

【公爵】スチュアート

(スチュアートが不満と驚きの表情でこちらを見る)
ハッ、このような者の戯言をお聞きになるとは、陛下の慈悲深さには感服いたします。
いいだろう…続けてみよ。だが数々の無礼の対価、覚悟しておくのだな。

…アレンデルで龍の使徒と接触しました。
そこには裏切り者のイグナシオと使徒がいました。
ジェレイント様の協力もあり、共に龍の使徒と戦いましたが…奴らはエルフの選出の儀を妨害し遺物を手に入れてしまいました。



画像を表示 画像を表示

テレンス・テラマイ

誠に残念ながら、全て事実です。
龍の使徒とレッドドラゴンが現れたという報告は既に受けております。
そして、レッドドラゴンがなぜわざわざ手強いエルフの住むアレンデルに現れたのか……、モノリスを狙っているとしか考えられません。

全てのためにⅡ

カシウス王を説得中、
テラマイが助言してくれた。
カシウス王ともう少し話をしてみよう。

画像を表示 画像を表示

【公爵】スチュアート

(スチュアートが露骨に不快な表情をする)
モノリス…そのようなところが本当に存在するのか?どうなのですか、カーライエン殿?



画像を表示 画像を表示

【宮廷ソーサレス】カーライエン

昔、何かの資料で読んだことがあるわ。
何かの媒介体だと記されていたけど…。
その資料を書いた冒険者が嘘を書いたとも思えないし、フェアリスターからの公文書にもそう書いてあったし…
(カーライエンが手に持っている紙をちらっと見る)
でもレッドドラゴンがなぜモノリスを狙うの?そこに何があるっていうのよ?



画像を表示 画像を表示

テレンス・テラマイ

モノリスは未知の世界へ行く通路。
エンシェントドラゴンがその身を持って守っている場所です。
きっと…この世界にはない、強力な何かがあるのかもしれません。



画像を表示 画像を表示

【将軍】ダグラス

待たれよ…では龍の使徒が今より強力になるということか?
それはまずい!すでに奴らとの戦いが手に負えないということは証明されている。
奴らが何をしようと、放っておいてはなりませんぞ陛下!



画像を表示 画像を表示

【公爵】スチュアート

しかし、モノリスという所で起こることに何が出来ると言うのですか?
未知の世界で一体何ができるというのです!



画像を表示 画像を表示

テレンス・テラマイ

モノリスには行けなくともそこを狙う龍の使徒を止めることは出来る。
このままじっとしているよりはマシだろう。



画像を表示 画像を表示

【公爵】スチュアート

呆れた!一介の冒険者の戯言を信じるというのですか?
今は魔物を防ぐだけでも手一杯だというのに、そのうえ、レッドドラゴンですと?
そのような余力がどこにあるというのか!



画像を表示 画像を表示

テレンス・テラマイ

モノリスに何かあれば世界に異変が起きる。
それでも余力が無いと申されるか。

陛下、陛下はこの事に関してどのようにお考えですか?



画像を表示 画像を表示

【公爵】スチュアート

言葉には気をつけられよテラマイ殿。
いくら六英雄といえど…



画像を表示 画像を表示

テレンス・テラマイ

…私は陛下に訪ねておる。
君ではない。
陛下、DNクエストは今までずっと王室や国のために最善を尽くしてきました。
そのような者が陛下の前でいい加減な噂話を口にするような無礼を冒すとお考えですか?

もしくは、エルフに使いを送りモノリスと龍の使徒の状態はどうなのか、本当に我々の助けを必要としているのかを調べるのも方法です。
陛下、ご決断を。



画像を表示 画像を表示

【国王】カシウス

よ、余は…
(カシウスが助けを求めスチュアートの方を見たが、再びこちらを見つめた)

(決心したように話す)
よ…余は…テラマイ公の意見が正しいと思う…エ…エルフに使いを送り…聞いてみよう…き…決まりだ。
早速使いを…



画像を表示 画像を表示

【宮廷ソーサレス】カーライエン

私が使いを送りますわ。
ソーサレスなら兵士よりはるかに早くアレンデルに到着できるでしょう。



画像を表示 画像を表示

【国王】カシウス

(意外といった感じで目が丸くなる)
お…おぉ、カ…カーライエン公、感謝する…



画像を表示 画像を表示

【宮廷ソーサレス】カーライエン

(顔を微かにしかめる)
感謝の言葉は、その冒険者とロータスマーシュのシーデル・フェアリスターにお贈りくださいな。
私はモノリスなんて…。では、やることが山ほどありますの。
決まりましたのならこれで話は終りということでよろしいかしら?



画像を表示 画像を表示

【公爵】スチュアート

(スチュアートが怖い目でこちらを見ながら言う)
分かりました…DNクエストは、私の所へ来い。
話しがある。

(【公爵】スチュアートと会話してください)

全てのためにⅢ

テラマイとカーライエンの助言でカシウス王の説得に成功した。
しかし、【公爵】スチュアートに話があるようだ。
彼と話をしよう。


画像を表示 画像を表示

【公爵】スチュアート

貴殿はテラマイととても親密なようだね。
DNクエスト
一体何を企んでいるのかね?

…何も企んでいません。
レッドドラゴンは本当にモノリスを狙っているんです。

(スチュアートの顔に複雑な表情が浮かぶ)
そうか。
貴殿は今回のことにどこまで関わっておるのだ?一介の冒険者のくせに、セントヘイブンの内政にまで……
まだ以前のように、貴殿と親しき他の冒険者をも集めておるのか?

…釘を刺しておくが、我々は貴殿1人を英雄にするために支援するのではない…人々はいつもそうだ。
自分が支えてもらっていることも知らず、ひたすら1人の英雄に付き従う。

…そのような過ちは既に50年前、痛切に感じた。
そしてもう一つ、先程レッドドラゴンをフェザーと言ったが、それは本当に伝説の【建国王】フェザーなのか?それとも同名なだけの他人なのか?

…よく分かりません…しかし、レッドドラゴンとブラックドラゴンの宝玉を同時に持つほどの力ならば…普通の人ではありません。

…そうか。
しかし、願わくばレッドドラゴンの名は伏せていてくれ。
人々は間違いなく動揺するだろう。
この国を建てた国王が自らその国を、世界を破壊しにくるなど…

でも今の王はカシウス王ではないですか。
そうですね。
しかしフェザーは昔の人物です。

「でも今の~」、「そうですね。」

画像を表示 画像を表示

【公爵】スチュアート

…ん、そうだな。
しかし、無敵であった【建国王】フェザーへ憧れを抱いている者もいる。
我々は…臣民が動揺することを防がねばならん。
…モノリスやレッドドラゴンのことも噂にならぬようになDNクエスト

「しかしフェザーは昔の人物です。」

画像を表示 画像を表示

【公爵】スチュアート

…昔…そう、昔のお方だ。
しかし、英雄への憧れは歳月を超える。
そこで臣民が動揺するのであれば、我々は防がなければならん義務がある。
…モノリスやレッドドラゴンのことも噂にならぬようになDNクエスト



画像を表示 画像を表示

【公爵】スチュアート

…私は貴殿という冒険者が、陛下の成長を正しい方向へ導くことを望んでいたが…やはり望んだ通りにはならんな。
そうではないかDNクエスト?私の話は終りだ。
あそこで貴殿を見ている テラマイのところへ行ってみよ。

(テレンス・テラマイと会話しよう)

全てのためにⅣ

スチュアートと会話をした。
彼にセントヘイブンの人々が動揺しないように今回のことは他言しないでほしいと頼まれた。
テレンス・テラマイと会話をしよう。

画像を表示 画像を表示

テレンス・テラマイ

…はっはっは、来たな。
スチュアートから何を聞いたのだ?

レッドドラゴンに関して噂にならないように頼まれました。
いいえ、特別な話は聞きませんでした。

「レッドドラゴンに関して噂にならないように頼まれました。」

…そういうことか。
さっきは頼まれたこともあり、私も強めに発言したのだが…陛下がついにスチュアートに反抗する姿を見せるとは、安心したよ。
はっはっは。

「いいえ、特別な話は聞きませんでした。」

…ふむ、そうか。
なにか特別なことを頼まれたようにみえたが…



先程は助けて頂いて、ありがとうございます。


…私はやるべきことをやったまでだよ。
君があきらめずに頑張っているのに、私がじっとしているわけにはいかんだろう。
君は見事にやり遂げた。
あとは、アレンデルからの知らせを待とう。

はい。
(アレンデルにいるアイオナの所へ行き上手く話がまとまったことを知らせよう)
※パーティ状態では進行できないクエストです。

全てのためにⅤ

全て上手くいった。
黒月の森-入口-にいるホワイトドラゴン アイオナの所へ行き状況を報告しよう。

画像を表示 画像を表示

ホワイトドラゴン アイオナ

(少し深刻な表情で何かを考えこんでいる)

アイオナ~?
(気づくまで横にじっとしている)

うあ?あ、DNクエストかぁ…ど、どうだった?DNクエストの話は聞いてくれた?

もちろん!成功です!今、王都から使いの人が送られて来るはずです。
長老様もモノリスについて話してくれると思います。
すべてうまくいきました!

そうなんだぁ。
へへ。
僕も冒険者たちに話して力を借りることにしたんだぁ!
みんな熱心に事情を聞いてくれて、ボク感動したなぁ。
(アイオナがとても満足そうに頷いている)

…ジェレイントが人間の力を信じていた理由が少しわかった気がした。
へへっ。
だけど本当にすごいね。
エンシェントの欠片DNクエストだ。
同じ小さなドラゴンなのに。
人間を説得するなんて。すごいなぁ。
(アイオナが口を尖らせる)

へぇ、自分も小さいって認めるんですね?
私のほうが少し口がうまいんです。勉強もしますしね。
アイオナも他の冒険者を説得できたじゃないですか?

…へへ。
あのさ、ボク頼みがあるんだけど…
孤独なる砂森に来てくれる?
二人だけで話があって。

そうですか。分かりました。
(孤独なる砂森に言ってホワイトドラゴン アイオナに会おう)
※パーティ状態では進行できないクエストです。

全てのためにⅥ

アイオナが話があるので、孤独なる砂森に1人で来るように頼まれた。
孤独なる砂森に行こう。

画像を表示 画像を表示

ホワイトドラゴン アイオナ
…あ!来てくれたんだねぇ。
へへ、実は…ボクはまだ実感がないんだ。
ボクより小さな宝玉があることも、そこでこんな風に人間に近い姿で生まれたことも!
さっき研究だって言ったけど、ボクはキミのような人を初めて見たんだ。
もしかして、世界にはもっといるの?

(未来のこととクローンについて説明する)

(アイオナが目を大きく開ける)
あ、うん…そんなことが。
宝玉を人工的に分割することが可能だなんて。

しかも50年先の未来から!
未来にもこの世界は存在するの?だとしたらボク達がこの戦いに勝つってことなの?

…分かりません。
歴史は変わっていますから…私が知る歴史は、この世界の未来ではないのかもしれません。

でも…じゃぁ、ここはキミにとって過去なんでしょう?キミの世界じゃないの?
ずっと1人で戦ってきたから大変だったね、エンシェントの欠片。
寂しくなかった?

…少し。だけど、大丈夫です。
自分で決めたことです。後悔はありません。
そんなことを考える時間はありません。

すごいなぁDNクエスト
すごい勇気だよ。
勇敢な姿がエンシェントに似ているね…
あ、そういえばDNクエスト は使命のようなものはあるの?

それはもちろんです!最近知ったのですけれど、
私の使命は[アルテイア大陸の生命を守護する]ことです。

…最近知ったってことは始めから知っていたわけじゃないんだね。
でも、エンシェントらしい使命をもっているんだね。
姿は違っても、エンシェントはエンシェントだなぁ…
(アイオナが軽く笑う)

…もう少し早くキミと会っていたら、キミはエンシェントの記憶をもってボクを迎えに来てくれたのかな?
そうだったら仲良くなれたかもしれないのに、雪合戦や雪だるまを作ったりして。

え、雪を使う遊びばかりですね
私達がずっと一緒にいたらもっと色んな遊びができますよ。
このアルテイア大陸には雪やハーフリングだけじゃなく色んな場所がありますから。

…う~ん、だけど、もし次に会うとしたら、その場所はハーフリングになるから。
(アイオナが頭を下げる)

はい!?それは何の話ですか?

…ボク、前に言ったよね?僕はキミをモノリスで守ることが出来るって。
だけどそれはキミ1人の場合。
それ以上はできない。

…でもDNクエストのおかげで、出会えた多くの冒険者…彼らはみんないい人で勇気も持っていたんだ。
みんなモノリスで戦って欲しい。
ボクは彼らに与えたいんだ。
自分の世界を守る力とチャンスを。

…そこで考えてみたんだ。
いまボクの体は全部力でできている思念体に過ぎないんだ。
もしボクの体を構成するこの力をすべて冒険者にあげることができればって、ここに来て実験してみたんだ。
十分できると思う。だけどボクは消える。
だから一緒に戦うことはできなさそう…

…はい?今なんて言いました?
アイオナが消えると言いましたか!?
冒険者に力を与えて自分は消えるって!?

…うっ、うん、いや…うん!
そ、そんなに怒らないでよ…。
もう他の冒険者にも散々怒られてんだから…
分かるでしょ?同じドラゴンじゃないか…

…怒らないでとか言ってる場合ですか?
そうですね、私は人間じゃないかもしれません。そうですよ!ドラゴンですよ!

だけど世の中に他人を犠牲にして平気でいられる生物がどこにいるんですか!!
人間でもドラゴンでもそんなこと絶対に容認できません。

さっき使命を聞いてきましたね?いいですか?
アイオナがしようとしていることは使命ではありません!だからやめてください!

だけどもう決めたことなんだ。
目覚めた後ずっと逃げ続けてやっと初めてした決心なんだ。
DNクエスト、エンシェントの欠片。
ボクにも使命がある。
アイオナにはないけど、ケイオスの使命が残っているんだ。
(アイオナの目つきが変わる)

分かりました。聞きましょう。
言ってみてください。

[アルテイア大陸すべての生物を幸せにする]
これがケイオスが生まれた理由。
存在する理由、生きる意味。
この使命のためにもボクはすべての冒険者のために力を与えなきゃいけない。
彼らを守ってあげなきゃならない。
守って幸せにしてあげなきゃいけない。

難しい使命ですね。みんな幸せの基準は違うのに。
守って幸せになるんですか?消えたら意味がありませんよ。
アイオナが消えて、幸せになれると思いますか?

…へへ。
やっぱり怖いなぁ。
だけど DNクエスト、考えてみて、ボクより強い冒険者のほうが多くの助けになると思う。
ボクは力をまともに使えないから。
ボクたちはこの大陸のためにあるんじゃないの?ボクたちは勝利する可能性が高い方を選ぶべきだと思う…

…ボクは完全に別れるわけじゃないよ。
ボクの力が込められたキミをはじめとする冒険者たちがモノリスでの戦闘で生き残りハーフリングに来ればハーフリングにあるボクの宝玉と力が反応してボクは目を覚ますんだ。
だからキミも使命を果たせるでしょ?

それは…そう…ですけど。
話をそらさないでください。

…うん。
だからキミも生きて帰って来るよ。
ボクも復活して、キミもキミの使命を守れるじゃない。
必ずきて。
そして…ボクの使命にはキミも含まれているんだエンシェント。
いや、エンシェントの欠片、DNクエスト

え、な、何て言いました?
ちょ、ちょっと待ってください!アイオナ!まだ!

…大丈夫。
また会いに来てくれるでしょう?待つのは慣れてるから心配しないで。

DNクエスト…高貴なエンシェントの欠片。
キミは幸せになるんだ。
エンシェントの分も…必ず…

全てのためにⅦ

アイオナは全ての冒険者をモノリスから守るため自分の姿を維持する力を使い消えていった。
みんなを幸せにするために…。戦いが終りハーフリングへ行けば預けた力と宝玉が反応し復活できるという。
そして、後ろに見えるのは【ウォーリアー】シアンだ…
【ウォーリアー】シアンと会話しよう。


画像を表示 画像を表示

【ウォーリアー】シアン

DNクエスト
どうしてここに…あ、やっぱりアイオナのために来た冒険者の中にDNクエストもいたんだね…
どうしようDNクエスト…俺のせいで…アイオナが…
(シアンは大きな衝撃を受けたようだ)

違います…アイオナが決めたことです。
(これを見て、アイオナ…つらいじゃないですか)

いくらドラゴンでも、こうやって消えていくなんてひどいよ。
ジェレイントもアイオナもこうやって…
ドラゴンは、みんなそうなのか?それとも俺が弱いから…。
(シアンの表情が暗い)

…絶対に違います。
ただドラゴンたちは…この大陸のために、この世界のために存在するから…。
シアンさんを信じて力を貸してくれたと思います。
それにまた会えるじゃないですか?
すべてを終わらせてハーフリング地方に行けば間違いなく会えますから。

…あ、そうだった。
ハーフリング地方…そこに来いって言ってたな。
全て終わったら…うん、絶対行かなきゃ。
アイオナともう一度会うんだ。

もし…いや、必ず会うんだ。
DNクエストも行くだろう?
(シアンの目つきから力強い意志を感じる)

そうです。もちろんです!

(…そういえば、アイオナが会ったという冒険者がシアンさんなら…
もしかしてアイオナが会った冒険者ってみんな英雄じゃ?
それなら、歴史が変わらないのは…?えっまさか!)

…やっぱり!そうだと思ったよ。

じゃぁ戦場で会おう。
それまで体を休めておけよ。

あ、そういえばエルフの長老様が探してたよ。

(シアンは決心を固めたようだ。エルフの長老の所へ行き状況を知ろう)

全てのためにⅧ

シアンと会話しながら考えを整理した。
生命の木入口にいるエルフの長老に会いに行こう。

画像を表示 画像を表示

エルフの長老

待っていましたよ。
DNクエストさん。
王都からきた方より話を聞きました。

DNクエストさんをはじめとする多くの冒険者がモノリスの危機に警告をして頂いたと。
…これ以上、避けることはできませんね。
DNクエストさんの力が必要となる時が来きます。
その時まで力を温存しておいてください。



画像を表示 画像を表示

… (アイオナ…。
幸せにすると言っておいて勝手に消えるなんて。
私はエンシェントの欠片でもエンシェントとは違います。
勝手に決めてないでください。使命、使命って私の使命も考えてくださいよ)

…(次に会う時はただではおきませんよ…聞きたいことも山ほどあったのに、出会ったばかりですぐに消えてしまうなんて…ひどいじゃないですか…)

…(レッドドラゴンとの戦いが終わったら、必ずハーフリングに行きます…必ず!)
(外伝. 英雄達の軌跡を完了しました)

[外伝. 英雄達の軌跡]完了

カシウス王にレッドドラゴンのことを伝え協力を得ることに成功した。
力を合わせて戦いに挑めると知ったアイオナは冒険者たちを守るためすべての力を預けて消えた。
戦いが終りハーフリングへ戻ればアイオナは復活出来る!
残るはレッドドラゴン フェザーとモノリスで戦うだけだ。
必ず勝利し、ハーフリングへ向かいアイオナともう一度会おう。

関連クエスト

migi.jpg Lv70 戦いの火蓋]] ※Chapter11.終焉の扉


  • 最終更新:2017-06-25 21:20:10

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード