Lv70 全てのために(加)

kari.pnglencea.jpgmachina.jpg



ホワイトドラゴン アイオナ

う~んと。DNクエストはカシウス王の所に行くって言ってたよね?

ボクずっとここにいるから!いってきて!
ボクも他の冒険者たちに伝えてみるよ~!
(アイオナが手を振る。カシウス王に会いに行こう)

全てのためにⅠ


カシウス王に会いに行くことにした。
今まで良い関係を築いてきた。うまくいけば説得できるかもしれない。
城内へ向かおう。

【国王】カシウス

DNクエストだな…。どうしたのだ?
表情があまり、よ…良くないようだが…

も…申してみよ。(カシウスがこっそりスチュアートの顔色をうかがう。スチュアートも首を縦に振る)

陛下、今レッドドラゴン フェザーと龍の使徒がモノリスを侵略しようとしています。

な…なんと?モノリス?モノリスとは何だ?

女神の夢と我々の世界をつなぐ場所です。
そこに何か起きればこの世界が滅亡することもあります。



【公爵】スチュアート

ハッ久しぶりに来て何を言うと思ったらまた訳のわからんことを。
(スチュアートが失笑する)どの口がそのようなことを。
カシウス陛下の親しい友だと聞いたが、その様な戯言で陛下を惑わそうなど…しかも建国王の名前まで使うとは。

本当です!奴らは今モノリスを狙っています。
アレンデルにも多くの龍の使徒がおり、そこからキャデラックで使用した毒を利用しようとしています。

…聞けば聞くほど、信用できん話だ!この者を叩き出せ!
このような戯言を陛下の御膳でするなど、陛下の好意に酔い身の程を分からなくなったようだな。



【国王】カシウス

ま…待つのじゃ叔父上!し…しかし今まで我々に力を貸してくれたDNクエストではないか…
す…少しだけでも話を聞いてみよう…



【公爵】スチュアート

(スチュアートが不満と驚きの表情でこちらを見る)
ハッ、このような者の戯言をお聞きになるとは、陛下の慈悲深さには感服いたします。
いいだろう…続けてみよ。だが数々の無礼の対価、覚悟しておくのだな。

…アレンデルで龍の使徒と接触しました。
そこには裏切り者のイグナシオと使徒がいました。
ジェレイント様の協力もあり、共に龍の使徒と戦いましたが…奴らはエルフの選出の儀を妨害し遺物を手に入れてしまいました。



テレンス・テラマイ

誠に残念ながら、全て事実です。
龍の使徒とレッドドラゴンが現れたという報告は既に受けております。
そして、レッドドラゴンがなぜわざわざ手強いエルフの住むアレンデルに現れたのか……、モノリスを狙っているとしか考えられません。

全てのためにⅡ


カシウス王への報告でテラマイが一緒に助言してくれた。
カシウス王ともうちょっと話してみよう。

【公爵】スチュアート

(スチュアートが露骨に不快な表情をする)
モノリス…そのようなところが本当に存在するのか?どうなのですか、カーライエン殿?



【宮廷ソーサレス】カーライエン

昔、何かの資料で読んだことがあるわ。
何かの媒介体だと記されていたけど…。
その資料を書いた冒険者が嘘を書いたとも思えないし、フェアリスターからの公文書にもそう書いてあったし…
(カーライエンが手に持っている紙をちらっと見る)
でもレッドドラゴンがなぜモノリスを狙うの?そこに何があるっていうのよ?



テレンス・テラマイ

モノリスは未知の世界へ行く通路。
エンシェントドラゴンがその身を持って守っている場所です。
きっと…この世界にはない、強力な何かがあるのかもしれません。



【将軍】ダグラス

待たれよ…では龍の使徒が今より強力になるということか?
それはまずい!すでに奴らとの戦いが手に負えないということは証明されている。
奴らが何をしようと、放っておいてはなりませんぞ陛下!



【公爵】スチュアート

しかし、モノリスという所で起こることに何が出来ると言うのですか?
未知の世界で一体何ができるというのです!



テレンス・テラマイ

モノリスには行けなくともそこを狙う龍の使徒を止めることは出来る。
このままじっとしているよりはマシだろう。



【公爵】スチュアート

呆れた!一介の冒険者の戯言を信じるというのですか?
今は魔物を防ぐだけでも手一杯だというのに、そのうえ、レッドドラゴンですと?
そのような余力がどこにあるというのか!



テレンス・テラマイ

モノリスに何かあれば世界に異変が起きる。
それでも余力が無いと申されるか。

陛下、陛下はこの事に関してどのようにお考えですか?



【公爵】スチュアート

言葉には気をつけられよテラマイ殿。
いくら六英雄といえど…



テレンス・テラマイ

…私は陛下に訪ねておる。
君ではない。
陛下、DNクエストは今までずっと王室や国のために最善を尽くしてきました。
そのような者が陛下の前でいい加減な噂話を口にするような無礼を冒すとお考えですか?

もしくは、エルフに使いを送りモノリスと龍の使徒の状態はどうなのか、本当に我々の助けを必要としているのかを調べるのも方法です。
陛下、ご決断を。



【国王】カシウス

よ、余は…
(カシウスが助けを求めスチュアートの方を見たが、再びこちらを見つめた)

(決心したように話す)
よ…余は…テラマイ公の意見が正しいと思う…エ…エルフに使いを送り…聞いてみよう…き…決まりだ。
早速使いを…



【宮廷ソーサレス】カーライエン

私が使いを送りますわ。
ソーサレスなら兵士よりはるかに早くアレンデルに到着できるでしょう。



【国王】カシウス

(意外といった感じで目が丸くなる)
お…おぉ、カ…カーライエン公、感謝する…



【宮廷ソーサレス】カーライエン

(顔を微かにしかめる)
感謝の言葉は、その冒険者とロータスマーシュのシーデル・フェアリスターにお贈りくださいな。
私はモノリスなんて…。では、やることが山ほどありますの。
決まりましたのならこれで話は終りということでよろしいかしら?



【公爵】スチュアート

(スチュアートが怖い目でこちらを見ながら言う)
分かりました…DNクエストは、私の所へ来い。
話しがある。

(【公爵】スチュアートと会話してください)

全てのためにⅢ


テラマイとカーライエンの助言もあり、カシウス王を説得することに成功した。
だが、【公爵】スチュアートは何か不満を感じているようだ。
スチュアートと話してみよう。

【公爵】スチュアート

貴殿はテラマイととても親密なようだね。
DNクエスト
一体何を企んでいるのかね?

…何も企んでいません。
レッドドラゴンは本当にモノリスを狙っているんです。

(スチュアートの顔に複雑な表情が浮かぶ)
そうか。
貴殿は今回のことにどこまで関わっておるのだ?一介の冒険者のくせに、セントヘイブンの内政にまで……
まだ以前のように、貴殿と親しき他の冒険者をも集めておるのか?

…釘を刺しておくが、我々は貴殿1人を英雄にするために支援するのではない…人々はいつもそうだ。
自分が支えてもらっていることも知らず、ひたすら1人の英雄に付き従う。

…そのような過ちは既に50年前、痛切に感じた。
そしてもう一つ、先程レッドドラゴンをフェザーと言ったが、それは本当に伝説の【建国王】フェザーなのか?それとも同名なだけの他人なのか?

…よく分かりません…しかし、レッドドラゴンとブラックドラゴンの宝玉を同時に持つほどの力ならば…普通の人ではありません。

…そうか。
しかし、願わくばレッドドラゴンの名は伏せていてくれ。
人々は間違いなく動揺するだろう。
この国を建てた国王が自らその国を、世界を破壊しにくるなど…

でも今の王はカシウス王ではないですか。
そうですね。
しかしフェザーは昔の人物です。

「でも今の~」、「そうですね。」


【公爵】スチュアート

…ん、そうだな。
しかし、無敵であった【建国王】フェザーへ憧れを抱いている者もいる。
我々は…臣民が動揺することを防がねばならん。
…モノリスやレッドドラゴンのことも噂にならぬようになDNクエスト

「しかしフェザーは昔の人物です。」


【公爵】スチュアート

…昔…そう、昔のお方だ。
しかし、英雄への憧れは歳月を超える。
そこで臣民が動揺するのであれば、我々は防がなければならん義務がある。
…モノリスやレッドドラゴンのことも噂にならぬようになDNクエスト



【公爵】スチュアート

…私は貴殿という冒険者が、陛下の成長を正しい方向へ導くことを望んでいたが…やはり望んだ通りにはならんな。
そうではないかDNクエスト?私の話は終りだ。
あそこで貴殿を見ている テラマイのところへ行ってみよ。

(テレンス・テラマイと会話しよう)

全てのためにⅣ


スチュアートと会話した。
彼にセントヘイブンの人々が動揺しないように今回のことは他言しないでほしいと頼まれた。
次はテレンス・テラマイと会話してみよう。

テレンス・テラマイ

…はっはっは、来たな。
スチュアートから何を聞いたのだ?

レッドドラゴンに関して噂にならないように頼まれました。
いいえ、特別な話は聞きませんでした。

「レッドドラゴンに関して噂にならないように頼まれました。」


…そういうことか。
さっきは頼まれたこともあり、私も強めに発言したのだが…陛下がついにスチュアートに反抗する姿を見せるとは、安心したよ。
はっはっは。

「いいえ、特別な話は聞きませんでした。」


…ふむ、そうか。
なにか特別なことを頼まれたようにみえたが…



先程は助けて頂いて、ありがとうございます。


…私はやるべきことをやったまでだよ。
君があきらめずに頑張っているのに、私がじっとしているわけにはいかんだろう。
君は見事にやり遂げた。
あとは、アレンデルからの知らせを待とう。

はい。
(アレンデルにいるアイオナの所へ行き上手く話がまとまったことを知らせよう)
※パーティ状態では進行できないクエストです。

全てのためにⅤ


全てがうまくいった。
黒月の森-入口-にいるホワイトドラゴン アイオナに状況を報告しにいこう。

ホワイトドラゴン アイオナ

(深刻な表情で何か考えこんでいる)

アイオナ?

うわぁ?あ、DNクエストじゃないか!
ど、どうだった?DNクエスト…うまくいったの…?

もちろん!大成功よ!王都からエルフの長老に使いがくるはずなの!
きっと長老がモノリスについて話してくれれば、皆協力してくれると思うわ!

そっかぁ!えへへ!ボクもみんなと話して協力してもらえることになったんだ!
みんな事情を聞いて、頑張ってくれるって言ってくれて…ボク、感動しちゃった!
こんなにたくさんの人たちが協力してくれるなんて!
(アイオナが満足そうだ)

…あ、ところで…ボク、DNクエストに聞きたいことがあるんだ。孤独なる砂森でちょっと話さない?

うん、わかったわ。(1人で孤独なる砂森に行こう)
※パーティ状態では進行できないクエストです。

全てのためにⅥ


アイオナは2人きりで話したいと言い、孤独なる砂森に来るように頼まれた。
孤独なる砂森に行こう。


ホワイトドラゴン アイオナ

…あ、来てくれたね。待ってたよ。ここはね、古代人たちが実験をしてた場所なんだ。
女神の力を思い通りにしようとして、めちゃくちゃになっちゃったけどね。
でも誰にも邪魔されない場所でもあるんだ。

それより、アイオナ。何を聞きたいの?重要なこと?

…そんなに重要なことじゃないかも。
ただ、DNクエストがどんな気持ちでここまで来たのか知りたくてさ…
ボクは今回が初めてだけど、DNクエストは色んなところを見て回ったでしょ?
どんな気持ちだったの?

(今まで冒険を通して感じたこと?)

やっぱり何でも頑張れば答えが見えてくるってことかな。 ←
進んでいけば道が見えるってことくらいかなぁ…?
私も成長できるんだ、って感じたかな。

アハハ!やっぱりDNクエストらしい答えだね。
うらやましいなぁ。もうそれを学んだなんて!
ボクはそれを感じるまでにすごーく時間がかかっちゃった。

いまから頑張ってもおそくはないわ。アイオナ?
これから私たち、一緒に力を合わせて戦うんじゃない。
一緒にあのレッドドラゴンを倒すんでしょう?!

う、うん…そうだよね。
(アイオナが目を合わせようとしない)
でもごめん…。あの約束、守れないかもしれないんだ…

えええぇ!?なんで?! ←
うそ!!
そんな冗談面白くないわよ!

……ううぅ。
(完全に怖がっている)
本当なのにぃ…

ひとまず。理由を教えて。 ←
ウソじゃなくて理由を教えて。
…裏切る…わけじゃないわよね?何でなの?

…ボクが冒険者の皆に会ったっていったでしょ?
皆とってもいい人だから、モノリスでも勇敢に戦ってほしいって思ってることも。
…でもね、今のボクの力じゃ、皆を守ることができそうにないんだ。
だから、それ以上の力を得るためにボクの身体を支えている力も使おうと思ってるんだ。

え?それってつまり……
皆に力を与えたら…アイオナは?アイオナはどうなるの?

…消えちゃうよ。ボクの思念体の身体を構成する全ての力を使うことになるから…

ひどい!! ←
それって消えちゃうってことじゃない!
言ってもいいこととだめなことがあるわよ!

…やっぱり簡単にわかってはもらえないよね。でもこれは、ボクの使命でもあるんだ。

皆に力をあげなくてもいいじゃない! ←
そこまでして、皆を戦場に送るのが使命なの!?

…それに、完全なお別れじゃない。
ボクの力を受けた皆がハーフリングに集まれば、そこにあるボクの宝玉と力が反応してボクは再び生まれることができるんだ。ボクらはまた会えるんだよ!

本当なの?アイオナ。ここでお別れじゃないわよね?
そのハーフリングに行けば、アイオナにまた会えるのよね?

…もちろんだよ。皆が無事で帰ってこれればね!
それにボク、待つのには慣れてるしね!ボクのことは心配ご無用だよ!

…どうかキミたちと…
女神が愛したこの世界を守ることだけを考えて。
それだけでボクは嬉しいんだ。

そんなこと言わないで。すぐに会いに行くから! ←
力をくれるなら…一緒に戦うってことよね?
わかったわ。アイオナの覚悟がそこまでなら…

わかってくれてありがとう。きっと無事に帰ってきてね。
そして、また会おう。

またね……

全てのためにⅦ


アイオナが消えてしまった…。モノリスで多くの冒険者を守るため自分の身体を支える力を使って…。
でもハーフリングに行けば、再び会うことができる。
少し今後のことを考えてみよう。

……(アイオナが消えてしまった…)

……(自分の使命…かぁ……。
力を合わせようって言っておきながら、こんなに簡単に消えちゃうなんて…。
ドラゴンってそういうものなのかしら?それとも……)

……(そういえば…私が影の暁の預言者ってこと、アイオナは気づいてたのかしら?
何も言ってなかったけど…ドラゴンにとって私は暁の預言者ほどの存在じゃないってことかしら?)

……(自分の使命…覚悟…いつか私もそれを決める日がくるのかしら)
……(今は前に進むだけね)
……(そろそろエルフの長老に会いに行こうかしら。
王都からの使いももう来てる頃よね)

……(エルフの長老は生命の木の所にいるかしら。行ってみようっと)

全てのためにⅧ


今は前に進むだけだ。これからどうするのか決めた。
生命の木の前にいるエルフの長老に会いに行こう。
エルフの長老と会話してみよう。

エルフの長老

待っていましたよ。DNクエストさん。
王都からの使いから話は聞きました。
モノリスの危機について皆に語ってくださったのですね。
(エルフの長老が微笑んでいる)

…まさか、DNクエストさんと他の冒険者の皆さんが協力して頑張ってくださるとは思っていませんでした。
不安をかきたてないように、静かに処理したかったのですが…
ここまで来たら引き返すことはできません。
…力を合わせてモノリスを守ろうと思います。
ただ、過去のように傷つけあうことがないと良いのですが…

…また正式に協力を要請させていただきます。それまで待機をお願いします。

(外伝. 英雄達の軌跡を完了しました)

[外伝. 英雄達の軌跡]完了


カシウス王にレッドドラゴンのことを伝え協力を得ることに成功した。アイオナはモノリスで多くの冒険者を守るため自分の身体を支える力を使い消えてしまった。戦いが終りハーフリングへ戻ればアイオナと再び会える。
残るはレッドドラゴン フェザーとモノリスとの戦いだ。
必ず勝利してアイオナと再会しよう。

関連クエスト




  • 最終更新:2015-08-01 19:05:22

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード