Lv70 全てのために(剣)

Warrior.png



画像を表示 画像を表示

ホワイトドラゴン アイオナ

う~んと。DNクエストはカシウス王の所に行くって言ってたよね?
ボクここにいるから!行ってきて!
ボクも他の冒険者たちに伝えてみるよ~!
(アイオナが手を振る。カシウス王に会いに行こう)

全てのためにⅠ

モノリスの危機…このことをカシウス王に伝えれば、今ままでの縁もあるし、説得できるかもしれない。
セントヘイブン城内へ行こう。

画像を表示 画像を表示

【国王】カシウス

DNクエストだな…。どうしたのだ?
顔色があまり、よ…良くないようだが…

も…申してみよ。
(カシウスがこっそりスチュアートの顔色をうかがう)

陛下、今レッドドラゴン フェザーと龍の使徒がモノリスを侵略しようとしています。

な…なんと?モノリス?モノリスとは何だ?

女神の夢と我々の世界をつなぐ場所です。
そこに何か起きればこの世界が滅亡することもあります。



画像を表示 画像を表示

【公爵】スチュアート

ハッ…。久しく城に顔を見せたと思ったら訳の分からない戯言を…。
(スチュアートが失笑する)
カシウス陛下の友だと思っておったが、その様な戯言で陛下を惑わそうなどと…しかも【建国王】フェザーの名まで使って…!

本当です!
2匹のドラゴンも侵略を止めようとモノリスへ向かいました。
アレンデルにも多くの龍の使徒がおり、そこからキャデラックで使用した毒を利用しようとしています。

…聞けば聞くほど、信用できん話だ!この者を叩き出せ!
このような戯言を陛下の御前でするなど、陛下の好意に酔い身の程を分からなくなったようだな。



画像を表示 画像を表示

【国王】カシウス

ま…待つのじゃ叔父上!
い…今まで我々に力を貸してくれたDNクエストではないか…
す…少しだけでも話を聞いて見よう…



画像を表示 画像を表示

【公爵】スチュアート

(スチュアートが不満と驚きの表情でこちらを見る)
ハッ、このような者の戯言をお聞きになるとは、陛下の慈悲深さには感服いたします。
いいだろう…続けてみよ。だが数々の無礼の対価、覚悟しておくのだな。

私は、アレンデルで裏切り者イグナシオを始めとする多くの龍の使徒を目撃しました。
ジェレイント様の協力もあり、共に龍の使徒と戦いましたが…奴らはエルフの選出の儀を妨害し、古代人の遺物を手に入れてしまいました。

全てのためにⅡ

カシウス王を説得しようとしたものの、スチュアートはそれが気に入らないようだ。
しかしそんな時、テラマイが助けてくれた。
カシウス王と、もう少し話をしよう。

画像を表示 画像を表示

テレンス・テラマイ

誠に残念ながら、全て事実です。
龍の使徒とレッドドラゴンが現れたという報告は既に受けております。
そして、レッドドラゴンがなぜわざわざ手強いエルフの住むアレンデルに現れたのか……、モノリスを狙っているとしか考えられません。



画像を表示 画像を表示

【公爵】スチュアート

(スチュアートが露骨に不快な表情をする)
モノリス…そのようなところが本当に存在するのか?
どうなのですか、カーライエン殿?



画像を表示 画像を表示

【宮廷ソーサレス】カーライエン

昔、何かの資料で読んだことがあるわ。何かの媒介体だと記されていたけど…。
その資料を書いた冒険者が嘘を書いたとも思えないし、フェアリスターからの公文書にもそう書いてあったし…
(カーライエンが手に持っている紙をちらっと見る)
でもレッドドラゴンがなぜモノリスを狙うの?そこに何があるっていうのよ?



画像を表示 画像を表示

テレンス・テラマイ

モノリスは未知の世界へ行く通路。
エンシェントドラゴンがその身を持って守っている場所です。
きっと…この世界にはない、強力な何かがあるのかもしれません。



画像を表示 画像を表示

【将軍】ダグラス

待たれよ…では龍の使徒が今より強力になるということか?……それはまずい!
今も既に奴らとの戦いは至難を極めている。
それだけは何としても阻止せねばなりませんぞ!陛下!



画像を表示 画像を表示

【公爵】スチュアート

しかし、モノリスという所で起こることに何が出来ると言うのですか?
未知の世界で一体何ができるというのです!



画像を表示 画像を表示

テレンス・テラマイ

モノリスには行けなくともそこを狙う龍の使徒を止めることは出来る。
このままじっとしているよりはマシだろう。



画像を表示 画像を表示

【公爵】スチュアート

呆れた!一介の冒険者の戯言を信じるというのですか?
今は魔物を防ぐだけでも手一杯だというのに、そのうえ、レッドドラゴンですと?
そのような余力がどこにあるというのか!



画像を表示 画像を表示

テレンス・テラマイ

モノリスに何かあれば世界に異変が起きる。それでも余力が無いと申されるか。
陛下、陛下はこの事に関してどのようにお考えですか?



画像を表示 画像を表示

【公爵】スチュアート

言葉には気をつけられよテラマイ殿。いくら六英雄といえど…



画像を表示 画像を表示

テレンス・テラマイ

私は陛下にお聞きしているのだ。スチュアート卿、君ではない。
陛下、DNクエストは今まで王室や国のために最善を尽くしてきました。
そのような者が陛下の前で、いい加減な噂話を言うような無礼を冒すとお考えですか?

もしくは、エルフに使いを送りモノリスと龍の使徒の状態はどうなのか、本当に我々の助けを必要としているのかを調べるのも方法です。
陛下、ご決断を。



画像を表示 画像を表示

【国王】カシウス

よ、余は…
(カシウスが助けを求めスチュアートの方を見たが、再びこちらを見つめた)

(決心したように話す)
よ…余は…テラマイ公の意見が正しいと思う…エ…エルフに使いを送り…聞いてみよう…き…決まりだ。
早速使いを…



画像を表示 画像を表示

【宮廷ソーサレス】カーライエン

私が使いを送りますわ。
ソーサレスなら兵士よりはるかに早くアレンデルに到着できるでしょう。



画像を表示 画像を表示

【国王】カシウス

(意外といった感じで目が丸くなる)
お…おぉ、カ…カーライエン公、感謝する…



画像を表示 画像を表示

【宮廷ソーサレス】カーライエン

(顔を微かにしかめる)
感謝の言葉は、その冒険者とロータスマーシュのシーデル・フェアリスターにお贈りくださいな。
私はモノリスなんて…。
では、やることが山ほどありますの。
決まりましたのならこれで話は終りということでよろしいかしら?



画像を表示 画像を表示

【公爵】スチュアート

(スチュアートが怖い目でこちらを睨んでいる)
御意…。DNクエスト、私の所へ来い。少々話があるのでな。
(【公爵】スチュアートと会話してください)

全てのためにⅢ

テラマイとカーライエンの助けでカシウス王の説得に成功した。
しかし【公爵】スチュアートは不満そうだ。そして自分に話があるらしいが、いったい…
彼と会話しよう。

画像を表示 画像を表示

【公爵】スチュアート

貴殿はテラマイととても親密なようだね。DNクエスト。一体何を企んでいるのかね?

何も企んでいません。レッドドラゴンは本当にモノリスを狙っているんです。

(スチュアートの顔に複雑な表情が浮かぶ)
そうか。貴殿は今回のことにどこまで関わっておるのだ?
一介の冒険者のくせに、セントヘイブンの内政にまで……
まだ以前のように、貴殿と親しき他の冒険者をも集めておるのか?

釘を刺しておくが、我々は貴殿を英雄にするために支援しておるのではないぞ…。
人々はいつもそうだ。
自らを支えているものも知らずに、ただひたすらに1人の英雄を追い求める。

そのような過ちは既に50年前、痛切に感じた。
そのことは王城とセントヘイブン市民に今でも深く刻まれている。

よく分かりません…しかし、レッドドラゴンとブラックドラゴンの宝玉を同時に持つほどの力……普通の人間ではありません。

…そうか。しかし、願わくばそのレッドドラゴンの名は伏せていてくれ。
人々は間違いなく動揺するだろう。
この国を建てた国王が自らその国を、世界を破壊しにくるなど…

でも今はカシウス王家がこの国の主です。
そうですね。
しかしフェザーは昔の人物です。

「でも今は~」、「そうですね。」

画像を表示 画像を表示

【公爵】スチュアート

…ん、そうだな。しかし、伝説的な建国王、フェザーへ憧れを抱く者もいる。
我々は…臣民の動揺を防がねばならん…。
モノリスやレッドドラゴンのことも噂にならぬように頼むぞ。DNクエスト

「しかしフェザーは昔の人物です。」

画像を表示 画像を表示

【公爵】スチュアート

…昔…そう、昔のお方だ。
しかし、英雄への憧れは歳月を超える。
そこで臣民が動揺するのであれば、我々は防がなければならん義務がある。
だから…モノリスやレッドドラゴンのことも噂にならぬようになDNクエスト



画像を表示 画像を表示

【公爵】スチュアート

…私は貴殿という冒険者が、陛下の成長を導いてくれることを望みはしたが…
やはり望んだ通りにはならないものだな。
そうではないか?DNクエスト
私の話は終りだ。テラマイの元にでも行くがいい。
(テレンス・テラマイと会話しよう)

全てのためにⅣ

スチュアートと会話した。
彼はセントヘイブンの人々が動揺しないように、フェザーの名は伏せておくように、そして今回のことは他言しないでほしいと頼まれた。
テレンス・テラマイと会話しよう。

画像を表示 画像を表示

テレンス・テラマイ

…はっはっは、来たな。スチュアートから何を聞いたのだ?

フェザーに関して噂にならないように頼まれました。
いいえ、特別な話は聞きませんでした。

「フェザーに関して噂にならないように頼まれました。」

…そういうことか。
さっきは頼まれたこともあり、私も強めに発言したのだが…陛下がついにスチュアートに反抗する姿を見せるとは、安心したよ。
はっはっは。

「いいえ、特別な話は聞きませんでした。」

…ふむ、そうか。なにか特別なことを頼まれたようにみえたが…



先程は助けて頂いて、ありがとうございます。

私は私の意志を伝えただけだよ。君の諦めない姿を見せつけられて、じっとなどしてられんしな。
君は仕事を立派に終えた。あとは、使いの知らせを待つことにしよう。

はい。(アレンデルにいるアイオナの所へ行き上手く話がまとまったことを知らせよう)
※パーティ状態では進行できないクエストです。

全てのためにⅤ

上手く王都にモノリスの危機を伝えることができた。協力を得ることもできそうだ。
黒月の森-入口-にいるホワイトドラゴン アイオナの所へ行き状況を知らせよう。

画像を表示 画像を表示

ホワイトドラゴン アイオナ

あっ、DNクエスト!!おかえり!
待ってたよ~。話できたみたいだね。へへっ
(アイオナが微笑む)

モノリスの危機を知らせることが出来て良かった!
理解してくれそうだし、ひとまず安心だね。

ふ~んすごいな~。それで、う~ん
DNクエストは大丈夫?

大丈夫?何が?
もちろん大丈夫だよ。

そうか、それならいいんだ。
ボクはDNクエストが一生懸命するのはいいんだけど、とても無理してるんじゃないかと思ってさ。
それに…(アイオナが何かつぶやいているが、よく聞こえない)

え?なんだって?よく聞こえませんでした。アイオナ

…………!
(まだよく聞こえない)

アイオナ?!
アイオナ、よく聞こえなかったんですけど!?

…!!(アイオナがびっくりしてこちらを見つめる)
あ、うん、よく聞こえなかったって?
ボクまだ心の準備ができなくて…いや、こっここが…広すぎるからだよ!
うん、そうだ、場所を変えて話そう。

…!!う、うん!孤独なる砂森、孤独なる砂森はどう?
そこの遺跡だったらよく見える、じゃなくて聞こえると思うから。じゃぁ行こう。
(アイオナがすごく急いでいるようだ。孤独なる砂森に行こう)

全てのためにⅥ

アイオナにすべてがうまくいきそうだと伝えると喜んでくれた。
そして話したいことがあるので、孤独なる砂森に来いという。
孤独なる砂森へ行こう。

画像を表示 画像を表示

・・・

全てのためにⅦ

少しめまいがした。
目の前にいるホワイトドラゴン アイオナと会話しよう。

画像を表示 画像を表示

ホワイトドラゴン アイオナ

DNクエスト?!…DNクエスト!!!
大丈夫?しっかりして。

あ…うん?
何かあったの?
そんなに慌てて…

…あ、何か良くないことがあったのかと思ってびっくりしたよ~驚かさないでよね。
うんうん、僕の声もよく聞こえてるみたいだし、安心だね。
(アイオナが微笑む)

…何かあったんだね?

…う、うん。隠し事はやっぱり無理だね。
ボクは嘘を生まれて一度しかついたことがないんだ。
(アイオナは躊躇している)

うん、ボクね。実はさっきからキミの声がよく聞こえないんだ。
まるで泣いてるような声で…気持ち悪く聞こえて、まさかと思って古代人の遺跡に一緒に来てみたんだ…
だけど突然キミがボクを攻撃し始めて。目が怪物のようだったよ。

攻撃ですか!?
私がアイオナを!?

その…毒に汚染されていたでしょ?
とっても危険なものだよ。 浸蝕されることもある…
…今までよく耐えてたね。すごいよ。
すごく驚いた。

でも…!アイオナは大丈夫?
ケガは…?アイオナ?
(よりによってこんな時に情けない!)ごめんね、アイオナ。

DNクエストもまったく。ボクの心配は大丈夫!
まずはキミの心配しなきゃだね。どこかおかしなところはない?

大丈夫だよ!信じられないほどしっかり意識もあるし。
アイオナは…本当に大丈夫?

(アイオナがたくましいポーズをとる)
キミ、ケイオスドラゴンを何だと思っているの?
キミ1人浄化することぐらい。ボクの力を使えばすぐだよ。
へへ、いくら思念体でもそのくらい朝飯前さ。
'
そうなんだ…すごいけど…。
いや、そうですけど。アイオナはだいじょ…

…ああぁぁ!!!だからぁ!うぅぅ、怒った!
なんでアルゼンタがボクに怒ったのか理解できるぐらい怒った!!!
ボクを心配する時間があるなら自分の心配をしてよぉ!
ボクたちは宝玉があるから!!キミは一度死ぬと終りなんだよ!

お…怒ってる?
(アイオナも怒ったりするんだ!)

…うん!だからぁちゃんと答えて。
胸がぎゅっと冷たくなったり、突然めまいを感じたりしたことない?
今はない?
限りなく下に落ちていくような気分もない?
周りが真っ暗に見えることは?
頭も痛くない?
悲しい気分じゃない?

ぜ、全然!元気だよ。

…苦しくない?

うん…そうだと思うよ。
それより…何だかそういう症状?に詳しいね。アイオナ。

…ボクが知らないはずないじゃないかぁぁ。
ボクは堕落してこの世界をなくす直前までいったドラゴンだって。
キミとは次元が違うんだよ。
…だけど、キミの前にこうやって立ってる
(アイオナが微笑む)

アイオナ…

…正直ボクはまだつらいんだ…ボクのせいで全て壊れてみんなが苦しんだんだって考えると、今すぐにでも消えてしまいたい。
だけど、それもできなくて…

…ボクがハーフリング地方を出てきたのは、この世界が壊されるのが怖くて…。
そしてジェレイントのように人間と力を合わせようとしたのは…怖くて。
もしかしたらボクがまた何かしそうで、誰かにボクの横でボクを見ててもらいたくて…

…でもね。
ボク、ドラゴンレイドの話を聞けば聞くほど、ボクの横にいるDNクエスト…キミのことを考えるようになって。
ただボクの横にいるんじゃなくて、本当に力を合わせることができたりして…
そしてずっと一緒にいたいって思っちゃうんだよぉ。

…ボクは、キミのような冒険者とたくさん会った。
するとボクが本当に世界を守るためにすべき事がなんなのか分かったんだ

え?それは一体…?
今までやってきたことじゃないて…?

…う、うん!
(アイオナが微笑む)
実際、ボクは弱いドラゴンだし、しかも思念体だよ?
それもモノリスのオーラで人間を保護できるのは1人だけ…

…でもボクがこの姿を維持している力を使って保護すれば…
力を分ければ、全ての冒険者が女神様を守りに行けると思うんだ。
この世界を守れるんだよ。
それはボクも一緒にレッドドラゴンと戦うってことだよ!

な、何を言っているんだ!?
それじゃアイオナはどうなっちゃうの?

……やっぱり怒るよね?

本当にそれでいいと思う?
他の皆も怒るよ!
ようやくここまできたのに!消えるなんて許さないよ!!

…へへ、やっぱりそうだよね。怒るよね。
少し嬉しい…だけど、コレしか方法がないんだもん。
ボクはすべてを守りたい。何も失いたくないんだ。
ボクは力を全部使ったとしても、みんなを守ることができて幸せなんだよ。

ならオレに使った力を戻して!
それでも嫌だ!その力は使わないで!

ん~もう!!あぁこの分からず屋!!バカバカバカぁ!!
きっとジェレイントが今のキミを見たら嫌いになるよ!
分かったか!?ボクも嫌いだ!バカ人間!

バカって!?誰に向って…!!
バカじぇねぇ!バカアイオナ!!!

待って!最後まで話をきいて!ボクは完全に消えるわけじゃないって!
すべてが終わってキミたちがハーフリングに戻る。
するとキミにあげたボクの力とボクの宝玉が反応してまたキミと会えるんだって!

えっ本当?
本当に?うそじゃないよな?

ぶぅぅぅ本当だよ!ドラゴンが嘘をついたの見たことあるの?だから信じて、お願い…
そんなに悲しまないで、心配しないで。絶対に何もないから。
でももしも、DNクエストキミが命を落としたらボクも…
(アイオナの体が光始める)

必ず、また会おう。
全てが終わったら、ハーフリングで…

全てのためにⅧ

アイオナは自らを形作る力を使ってモノリスで守ってくれると誓い、消えた…
再びハーフリングで会うことができると約束したけれど…
いったんエルフの長老の所へ行き、これからのことを考えよう。

画像を表示 画像を表示

エルフの長老

あぁ、DNクエストさん。
官中から来られた方から話を聞きしました。
DNクエストさんをはじめとする多くの冒険者がモノリスに直面した危機に警告をして頂いたと。
…もうこれ以上、避けることはできないのですね。
DNクエストさんの力が必要となる時が来そうです。
その時まで力を温存しておいてください。



画像を表示 画像を表示

DNクエスト

(アイオナ…本当にたくさんの冒険者に会ったんだな。
そして冒険者を集めて官中の人を説得して…最後はエルフの長老まで説得したのか)

(借りを作っちゃったな。うん、コレは借りだ。
必ずレッドドラゴンとの戦いに勝利して、生き残りハーフリングに行くんだ。
そしてアイオナに会おう。アイオナに借りを返さなきゃ)

(迷っている時間はない。
必ずレッドドラゴンに勝利して、モノリスから行きて帰らなければ。
その時まで待ってて、アイオナ…)
※外伝. 英雄達の軌跡を完了しました。

[外伝. 英雄達の軌跡]完了

アイオナは全ての力を預け消えていった。
もう残るはレッドドラゴン フェザーとモノリスで戦うことのみ。
必ず勝利して戻ろう。
※[外伝. 英雄達の軌跡]を完了しました。

関連クエスト



  • 最終更新:2017-07-11 01:04:53

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード