Lv70 伝説の始まり

all.png



画像を表示 画像を表示

ホワイトドラゴン アイオナ

早く!早く見せてー!

(本の中に小さな項目が書かれている。
田舎から来た名も無き戦士と王城の近衛隊長。
この二人の出会いからすべてが始まった…)


英雄達の軌跡Ⅰ

アイオナと一緒にすべてが始まった日の記録を読もう。

画像を表示 画像を表示

ホワイトドラゴン アイオナ

(…!)

…う~ん…(複雑な表情を浮かべている)

2人はこうして出会ったんだ…

これ、なんだか全然参考にならなさそう。
よくわかんないけど出会ったわけだよね。
次のはないの?気になるなぁ…

スターシュさんが闇森の沼に次の巻があるって言ってました。

…なんで本がそんな所に…?人間っておかしいね…、じゃあ一緒に行って捜してみよう。
(闇森の沼で次の巻を捜してください)

英雄達の軌跡Ⅱ

ドラゴンレイドの始まりを知った。しかし計画の参考にはならなかった。
もっとよく知るために、スターシュが言っていた本の2巻を捜しに闇森の沼に行こう。
アイオナもそこへ行くようだ。

画像を表示 画像を表示

ホワイトドラゴン アイオナ

遅い~!DNクエスト、遅いよ~!
ボクが先に見つけちゃったよ。ほら!これでしょ?
「ドラゴンレイド-10分で理解できる超要約本-」第2巻

(いつみてもタイトルがうさんくさい…)

さ、読んでみよ?ね!
(アイオナが本を押し付けてくる。今回も読んで上げる必要がありそうだ)

少し待っててください。やることが残っているので。
よし、では読みましょう。

(本を広げて読む。ドラゴンレイドについて次の記録が残っていた。
どうやら、六英雄が全員集まった時の話のようだ)

※会話を続けるとカットシーンが再生されます。パーティメンバーがステップ進行中は再生されません。
※カットシーンが終わると、全てのパーティメンバーがアレンデル入口に移動します。


英雄達の軌跡Ⅲ

六英雄が集まった日の記録を全部読んだ。
アイオナと会話しよう。

画像を表示 画像を表示

ホワイトドラゴン アイオナ

…仲、悪かったんだね。みんな。

そうですね…とても…

…あの、DNクエスト。この六英雄っていうのはみんな仲良くなるの?

まぁ人によります。
もちろんです。
たぶん…

アルゼンタはジェレイントが気にくわないようだし、その上仲の良くない人もいるようだけど、後でみんな仲良く力を合わせるようになったってこと?

共に旅をしながら絆が深まったのかもしれません。
ブラックドラゴンを倒すという気持ちは同じですからね。
みんな良い方々ですからね。

…なるほどなぁ。人間はそういうこともあるのかぁ。
じゃあ、人間とジェレイントは?
ジェレイントが大好きなのは知ってる。
でも、人間たちはジェレイントを好きだったのかなぁ?

もちろんです。
ジェレイントを忘れられない人はたくさんいます。
正直…憎めない人、いや、ドラゴンですね。

…そっかぁ。人間もジェレイントが好きで、ジェレイントも人間が好きだったのかぁ。
実はボクも昔はよくわかんなかったんだけど…考えてみると、古代人と今の人間は違うし…
(アイオナがおもむろにこっちを見ている)

職:アカデミック、アサシン以外

…キミみたいな存在なら、大丈夫なのかもしれない。
ジェレイントのにおいが弱かったとしてもね。
(アイオナが優しく微笑む)

アイオナ…
(まだにおうかな…)
(最後までにおいありきか…)

職:アカデミック

...


職:アサシン

...




画像を表示 画像を表示

ホワイトドラゴン アイオナ

…へへっ。
次の話も見てみたいな。次の話はどうやったらわかるかな?

…もう一度スターシュさんの所に行って聞いてみます。次の巻があるかもしれませんし。

よし!じゃあ持ってきて!次の巻…ボクはここで待ってるね!
(【紋章学者】スターシュの所に行ってください)

英雄達の軌跡Ⅳ

スターシュから借りた本を読んだそこにはジェレイントとベルスカードの出会いが記録されていた。
しかし計画の参考にならないため次の巻を捜しだし六英雄が集まった日の記録を読んだ。
アイオナは次の話も気になるようだ。
【紋章学者】スターシュの所に行って聞いてみよう。

画像を表示 画像を表示

【紋章学者】スターシュ

お、戻ったかね。どれどれ、ふむ…1巻…2巻…少し濡れてはいるが、しっかり揃ったな。
ありがとう。

あの、3巻はないんですか?

(スターシュが小さく息を吸う)
それが絶版になった後、値段が跳ね上がってなぁ。
とても紋章学者ごときが買えるものではなかった。
当時はそこまで多く出回ってはいなかったものでな。
今はあるのかないのかさえもわからん幻の図書だ。
私が持っている1、2巻が全部だ。

そうですか…

もし次の話が知りたいなら、【ベテランアーチャー】イシルエリンを訪ねてみたらどうだ?
イシルエリンは50年前、ドラゴンレイドに参加していた人物だからな。

なるほど。ありがとうございます!

ふふふ、なぁに…考えてみたら【ベテランアーチャー】イシルエリンに3巻の内容を書いてほしいと頼んでもいいくらいだ。
ん?いい考えかもしれん。そうすれば印税も…ふむ!
イシルエリンならあそこにいるはずだ。行ってみるといい。
(スターシュの目が輝いている)

関連クエスト


アップデートにより「Lv70 英雄の軌跡→「Lv70 伝説の始まり」にクエスト名が変更されました。


  • 最終更新:2017-06-25 13:28:38

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード