Lv70 あの日の記憶

all.png




あの、それが…

ホワイトドラゴン アイオナ

ボ、ボクに王都へ行けって…?
(アイオナがブルブル震えている)
ボ、ボクはここで待つよ。王都は怖いし…に、人間…すっごい多い…し…



【放浪エルフ】リアン

まったく、手の焼ける子ね。
それならDNクエスト、アンタが聞いてきて話してあげればいいじゃない。

(やっぱりこうなっちゃうのか…)

行ってらっしゃい。テラマイももう年だから、あんまり疲れさせないようにね。
私への用はもう無いわね?また縁があったらどこかで会うでしょう。



ホワイトドラゴン アイオナ

う、うん…お願いだよ。ボクは黒月の森-入口-にいるから。
(セントヘイブン城内のテレンス・テラマイの所へ行ってください)
※パーティ状態では進行できないクエストです。



【放浪エルフ】リアン

ふぅ、まったく…お手上げだわ。
それにしてもアンタかわいいわね~。
(リアンがジッとアイオナを見る)


あの日の記憶Ⅰ


やはり最後の話は本人に聞くのがいいだろう。
城内のテレンス・テラマイの所へ行こう。


テレンス・テラマイ

おお、DNクエストか。どうしたんだね?
近頃、レッドドラゴンが現れたとかいう不吉な噂を聞いたのだが…

あの、1つお聞きしたいことがありまして。
ドラゴンレイドの最後に起こった事件について知りたいのです。

ドラゴン…
そうだな。同じようなことがまた起ころうとしている。
話しておくのも悪くはないだろう。

あの時のことを聞きたいと言っておったな。どこまで話したかな…
(テラマイが記憶を呼び起こしている)

あの日の記憶Ⅱ


テラマイが長い話を聞かせてくれた。
最後の混乱と皆の裏切られたという思い…
テラマイはどう考えているのか、話を聞いてみよう。


テレンス・テラマイ

うむ、これが最後だった。
混乱の極みであった。ダークエルフの襲撃に対処することもできなかった。
…ひどい話だろう?
皆が勝利に酔いしれた日は、我々にとって裏切りの深い傷を負った日となった。

テラマイ様…(やはり…)

どちらにせよ、もうあんなことは起こらないだろう。

しかも、レッドドラゴンが実在するのか、過去のブラックドラゴンと比べてどれほどの力を持っているのかも定かではない…
…全ては女神の御心であろうが、今はただ混乱の最中だ。
あの時もそうであった。
結局は皆、命を落とし私だけ生き残った。
今はこれも意味があるのだろうと女神の御心に感謝しつつ生きるのみだが、このような混乱を収めるのは手に余る。
ハハ…

テラマイ様。テラマイ様は、ドラゴンレイドの時ジェレイントさんの仲間として戦ったことを後悔されているのですか…?

(テラマイは小さく微笑む)
英雄たちがどのように別れたかを聞いた君は、そう考えてもおかしくないのかもしれないな。
だが君は、ひょんなことから六英雄に全て会った。
そして彼らの最期も見てきた…。
それならば私たちがそれについてどう感じたか分かるだろう。

…ひとつ言っておきたいのは、ドラゴンレイドが皆に傷を残したのは確かだが、誰ひとりとしてドラゴンレイドに参加したことを後悔している者はいないであろうということだ。

…!!!

真実に気づけなかったことが傷になっただけ…。
今あの時に戻れたとしても同じ選択をするだろう。
それでこそ良い仲間と出会い、人々を守ることもできるのだからな。

……

女神は常に乗り越えられる試練しか与えない。
その試練を乗り越えるか乗り越えないかは、我々の選択にかかっているのだ。

今回はその選択を君がすることになりそうだな。
君も後悔のない選択ができるよう祈っておる。

はい、お話してくださりありがとうございました。

...


テレンス・テラマイ

ハハ…なに、礼には及ばんよ。
私の方こそ…この話をもう一度できて良かった。ありがとう。
(黒月の森-入口-にいるホワイトドラゴン アイオナの所へ行ってください)

(礼儀正しくあいさつをして別れる。
次は黒月の森-入口-にいるホワイトドラゴン アイオナの所へ行こう)

あの日の記憶Ⅲ


ドラゴンレイドに関する全ての話を聞いた。
テラマイは、あの時の苦しみは残っているものの後悔はしていないという。
アイオナにこの話を伝えよう。

ホワイトドラゴン アイオナ
で、で、どうだった?

(テレンス・テラマイの話を伝える。アイオナは深刻な表情で聞いている)

そっか。テラマイという人間は、そう考えていると…
う~ん…ジェレイントも大変だったろうな。そして他の英雄たちも。

ボクは、ドラゴンレイドというものが、そんなに大きなことだとは知らなかった。
ドラゴンであるジェレイントが一緒にいたから、ほとんどジェレイントが戦ったんだろうと思っていたけど、違うみたいだね。
人間もジェレイントと同じくらい一生懸命戦った。
本当にたくさんの人間たちが力を合わせて…

ボクは、キミがみんなで力を合わせたほうがいいって言うのを聞いてびっくりしたんだ。
ボクたち2人だけで戦うなんて、考えてもいないんだなと思って…。
リアンもそうだった。

この世界にいるたくさんの人間と力を合わせること、それこそが力を合わせるということなんだね。
だからジェレイントもみんなと一緒に戦ったんだ。
なんでドラゴンだということを初めから明かさなかったのかは分からないけど…

(最初に話していたらこうはならなかったでしょう) ←
(そうすると、ジェレイントの力に依存したでしょうから)
(ジェレイントは人間の力を信じたんです)

そしたら…DNクエストは、これから他の人たちに一緒に戦ってほしいって言いに行くの…?
ボクはちょっとまだ怖いけど、DNクエストがそれがいいって言うならそうするよ。

職:アカデミック、アサシン以外


DNクエスト

(重い質問だ)
(他の人たちに、モノリスを狙うレッドドラゴンを倒すために力を貸してほしいと言いに行くのか…?)
(自分にそんな資格があるのだろうか。人々は信じてくれるのだろうか)

職:クレリック


DNクエスト

(重い質問だ)
(他の人たちに、モノリスを狙うレッドドラゴンを倒すために力を貸してほしいと言いに行くのか…?)
(自分にそんな資格があるのだろうか。人々は信じてくれるのだろうか)
(自分自身に50年前と同じことができるか聞いてみたとしても、答えは出ない。ただ…目の前のことを見ないふりすることができず、ずっと行動してきた。それでここまで来た…)
(もしかすると決めなければいけない時というのは…今なのかな?)

職:アカデミック


DNクエスト

(正直分からない…未来で私は英雄ではないから。エンシェントの欠片ではあるけれども、歴史に私のような存在はいなかった…。でも目の前で起こる悲劇を傍観しているだけでは辛いことも事実)
(何よりも、これ以上誰かが苦しむのを見たくない…。決めるべき時は…今…なのかな?)

職:アサシン


DNクエスト

(僕はルナリアについて来ただけ…。その後は、目の前に起こることについて来た。正直、自分がどんな道を歩んできたのか分からない。今どこで何をしているのか、正しい道を歩んでいるのか…)
(ただルナリアがいたこの世界が崩壊しないことを願うだけ…そうだ、それが僕の選択だ)
(そして…命をかけて守ってくれたジェレイントさんの心を無駄にはしたくない…これだけは僕の意志だ。決めた…)



DNクエスト

みんなにこの状況を知らせるつもりです。
レッドドラゴンがモノリスを狙っているから一緒に戦ってほしいと言いに行きます。
アイオナも力を貸してください。




ホワイトドラゴン アイオナ

(目をまん丸く見開いている)
…!!!ほんとに…?!すごい!
DNクエストすごい…!
分かった、ボクもやるよ!
そしたらボクは…DNクエストみたいな冒険者を探してみる。
それでその冒険者たちが他の人たちを説得すれば、た~っくさんの人たちの力が集まるかもしれない!

あの日の記憶Ⅳ


アイオナは力を合わせて対抗するということが、こんなに多くの人の力を合わせることだとは知らなかったという。
そして自分の決定に従うという。
決断の時が来た。


ホワイトドラゴン アイオナ

他の冒険者たちを説得する役はお願いします。

キミは誰の所へ行くの?



※職によって分岐

職:ウォーリアー、カーリー、レンシア、マキナ
カシウス王の所へ行ってみます。話もたくさんしたことあるし、分かってくれると思います。

職:アーチャー
エルフの長老の所へ行ってみます。力を合わせるのが重要だと説得してきます。

職:ソーサレス
ふふ…フェアリスターのシーデルって知ってます?ふふっ。久しぶりに会いに行ってみなくちゃ。

職:クレリック
クレリックの教皇、テラマイ様の所へ行きます。

職:アカデミック
え~っと…そうだな。(…誰の所がいいかな?この世界で一番仲の良い人…誰だろう…う~ん…)

職:アサシン
…まずは王都に行って探してみます。 



ホワイトドラゴン アイオナ

分かった!それじゃよろしくね!
DNクエストが行く所を覚えておくね。他の冒険者たちの役に立つかもしれないし。
後でボクに話しかけてみて。ボクの記憶が合ってるか教えて!
(しばらくしてアイオナに話しかけてください)

関連クエスト




  • 最終更新:2015-08-01 19:03:58

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード