Lv67 森の秘密(弓)

Archer.png



画像を表示 画像を表示

エルフの長老

困りましたね…選出の儀の候補者が消え、謎の遺物が割れた状態で発見された…

森の秘密Ⅰ

アゼリアに続き、ルシアンまで…。
そして彼女の傍には遺物のかけらが落ちていた。
ルシアンが残した手がかりかもしれない…新月の森で見つかった遺物について、長老と話し合ってみよう。

画像を表示 画像を表示

エルフの長老

ひとまずこの遺物について調べてみる必要がありますね。
選出の儀の結界がなぜ切れてしまったのかも調べる必要がありますし…

では、その間に私はもう1人の候補を捜しに行ってきます。

いえ、その必要はありません。
儀式の結界が消え今、警備兵も森に入ることができます。
あなたは遺物について何か分かるまでここで待機していてください。

この文様と材質…。
古代人によって作られたことは確かなようですが…これ以上のことは…

森の遺物については、文献にも残っていないようです。
重要な手がかりには違いないのですが…
(長老が残念そうな顔で遺物を見つめている)

人間たちに聞いてみるのはどうでしょうか?彼らは何でも記録している種族です。

これは我々の問題です!人間に助言を乞う必要がどこにあるというのですか!
(エルフの長老が怒鳴る)
人間は目的のために精霊さえ絶滅させる…野蛮な種族です。  (*1)

彼らとの交流を深めようとされたお優しきナルシリア様も、結局はあのようなお姿に…
私は、あの愚かで野蛮な人間を信じることなどできません。
(長老の表情が暗い)

きっと彼らの知識が役立ちます。
彼らを信じてみてください。

人間もやはり、アレンデルに協力しようとは思わないでしょう。
彼らに助けを乞うても何の意味もありません。

私はそうは思いません。きっと彼らは手を貸してくれるはずです。

あなたが、これまで人間を見てきた時間はとても短い…
私はあなたの何倍もの時間、人間たちの行いを見て来ました。



画像を表示 画像を表示

DNクエスト

私は長老とは違い、身近に人間を見て来ました。

色んな人間がいます。
悪い人間ばかりがいるわけではありません。



画像を表示 画像を表示

エルフの長老

遺物について、彼らが何か知っていると思うのですか?

試してみる価値はあります。今は、少しでも手がかりを探すほうが大事です。

ふぅむ…そうですね。今は、遺物の謎を解き明かすことが先決。
他の候補者たちを見つけ出す方法が何かあればいいのですが…
(エルフの長老が何かを持って戻ってきた)

…わかりました。あなたの意見を聞き入れましょう。DNクエスト
遺物をまずは、セントヘイブンに長くとどまっているイシルエリンに見せてみてください。
(エルフの長老が大きく息を吐きながら言った)

森の秘密Ⅱ

遺物について、もしかしたら人間たちが何か知っているかもしれない。
長老は人間の手を借りることに反対したが、何とか説得することができた。
セントヘイブンのイシルエリンを訪ね、遺物に詳しい人を紹介してもらおう。

画像を表示 画像を表示

【ベテランアーチャー】イシルエリン

あら、こちらに来られていたのですね。DNクエストさん。
アレンデルの状況はいかがですか?
多くの仲間が故郷へと向かってくれました。
事態が好転すると良いのですが…

それが…

(今の状況を説明する)

そんな…そんなことが…
女王様はどれほどお心を痛めていらっしゃるでしょうか…
きっとセントヘイブンには、DNクエストさんの持ってきた遺物について、知っている方がいらっしゃると思います。
人間の中でも学者という職業の方はとても博識なのです。
学者といえば…そうですねぇ…あ、【紋章学者】スターシュさんなら何かご存知かもしれません!
あの方は色んな研究をされていらっしゃいますので。

森の秘密Ⅲ

イシルエリン曰く、【紋章学者】スターシュが遺物について知っているかもしれないという。
彼に会いに行ってみよう。

画像を表示 画像を表示

【紋章学者】スターシュ

どうしたんだ?また何か本の分析かな?
ん?本じゃなくて遺物だと?どれどれ見せてみなさい。
これは…!ふむふむ…なるほど…わからんな!

こんな形の遺物など聞いたことがない。文様を刻む方法も独特だ…
成分を分析すれば何かわかるかもしれんが…。ところで、これはどこで?

アレンデルの森です。長老は古代人の遺物だと言っておられました。

こ、古代人の遺物!?
(スターシュが目を白黒させながら遺物を見つめる)
古代人の遺物…あれほど研究したいと願っていたものが目の前に…うーむ、分からんものだな。
で、この遺物の何が知りたいんだ?

何者かがこの遺物を狙っていたんです。
でも私たちはこの遺物が何なのかさえ知らないのです。

エルフの森にある古代の遺物…ふ~む…これがもしや…?
いや、文献によると、この遺物は神秘の力の境界にあり肉眼では見えないと書いてあったはず…
…そうか。遺物が割れたことで力が消えたということもありえるな…
(スターシュがブツブツとつぶやいている)

どういうことですか?
何かわかりましたか?

昔、暴走するモノリスからエルフたちを守るために、古代人たちは宝玉で生命の木を補強したと伝えられている。
だが、その力の範囲が全体には及ばず、アレンデル全域を守るには至らなかったらしい…

そこで古代人の遺物を利用し、生命の木の結界範囲を広げたのだ。
それに使用された遺物を、当時は「森の根源」と呼んでいたようだが、儀式が終わりその実体を失い、そのまま忘れ去られたようじゃ…
ふむ。エルフの長老には語り継がれていたと思っていたが…君たちは知らなかったのか?

はい、長老もそんな話はしておられませんでした。

まぁ、そんな記録があってな。ハッハッハ。
しかし、この遺物が森の根源だという可能性は低い。
さっきも言ったが、実体を失って久しいと言われているからな。
エルフの女王が特別な儀式で現実と夢の境界に隠し、守っていると書かれておった。

儀式…?だとすると、これがその森の根源だとは推測できないのでしょうか?

森の根源はな、実体を失い目で見ることはできない。

本来は見えないものですが…くだけてその力を失ったと考えることはできませんか?

まさかそんなことが…結界に隠されていたというのにか?
そもそも、これをどこで見つけたんだ?

私は…選出の儀の時にこの遺物を見ました。

そ…それは大変だ!私も昔、ネルウィンから少し聞いたことがある…
エルフたちにとってとても重要な儀式だと聞いたぞ。
森の根源についても、その時文献を見せてもらったのだ。

これが本当に森の根源だとしたら…。
いいか、この遺物はな…その森を生命の木の保護下に置き守るためのものだ。
これが壊れたとなると…その森は生命の木の保護を受けることができなくなるということだ。

だとしたら…急いだ方がよさそうですね。

急いで知らせたほうがいいのではないか?
(アレンデルのエルフの長老を訪ねよう)

森の秘密Ⅳ

アゼリアに続きルシエルまで犠牲になってしまった。
アゼリアの遺体の側に見慣れない遺物を発見したので、それを長老に見せた。
しかし、長老も初めて見るというので、人間の力を借りて見ることになった。
【紋章学者】スターシュの話によると、あの石はアレンデルの森を生命の木の保護下に置くために必要な「森の根源」というものらしい。
これが破壊されたということは…アレンデルの森が生命の木の保護を受けられないということだ!
森が危ない!このことを長老に伝えよう。

画像を表示 画像を表示

エルフの長老

何かわかったことはありましたか?

(スターシュに聞いた話を話す)

森の根源…?聞いたことがありませんね。
この遺物がなければアレンデルの森が守られないというのですか?
(エルフの長老が困惑した表情を浮かべる)

だとしたら、全ては遺物を狙ってのことだったようですね。
選出の儀の最中に毒を使って、あの遺物を手に入れる隙を狙ったのでしょう。

関連クエスト


mid.jpg Lv36 3つの宝物 絶滅した精霊とは。


  • 最終更新:2017-06-19 23:04:35

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード