Lv67 危険な森(弓)

Archer.png



画像を表示 画像を表示

エルフの長老

選出の儀の中断は賢明な選択だったのか…私にはまだ確信がありません…
森を守ることはもちろん何よりも大切なことですが…

危険な森Ⅰ

長老たちの会議によって、儀式は一時中断されることになった。
遺物の保護を失ったアレンデルの森に迫り来る魔物たち…。
砂埃の海の魔物たちを退治した。
エルフの長老に報告しにいこう。

画像を表示 画像を表示

エルフの長老

儀式を中断すれば…森の結界が消えてしまいます。
エリディアン…無事でしょうか…
女王候補である彼女のことです。そう簡単にはやられはしないでしょうが…
(エルフの長老が深い溜息をつく)

まずは…結界の力が残っている間に、月食の谷にいるはずのエリディアンを迎えに行ってください。

わかりました。すぐに出発します。

あなたは資格を持った数少ない選ばれし者だということを忘れないでください。
どうか…気をつけて…
(後ろから突然、ベンシエルの声が聞こえる)



画像を表示 画像を表示

【アーチャー】ベンシエル

愚かな判断ですね。
誰かを救うために、たった1人の女王候補を危険な場所に向かわせるなんて…!

ベンシエル!?拘束されていたはずじゃ…

この私がいつまでもおとなしくあいつらに従うと思いますか?DNクエスト
森の周辺に現れた魔物退治に、警備兵も忙しいようですしね。

それよりも…あなたをこんな危険な状況の中、1人送り出すなんて…!
怒りを抑えることができません。
ですが…私を解放したことについては、長老は賢明な判断をされました。



画像を表示 画像を表示

エルフの長老

あなたを信じて行かせるわけではありません。ベンシエル。
少なくとも今まであなたは我々の監視下にいた。
このまま拘束しても意味がないとわかっただけです。



画像を表示 画像を表示

【アーチャー】ベンシエル

まぁこれまでのことはよしとしましょう。
月食の谷に向かうと言いましたね?私もご一緒しましょう。

私1人でも大丈夫です。

DNクエスト 、まだ私を信じておられないのですか?
私ならあなたの力になることができます。

あなたが私を止めようとしても私は彼女についていくでしょう。
そんな危険な場所に一人で行くのを、黙って見過ごせるはずがありません。

さぁ、月食の谷に向かいましょう。

危険な森Ⅱ

儀式の中断によって、アレンデルの森の結界が消えた。
しかし…まだ戻ってきていない女王候補がいる。
エリディアンを捜しに、月食の谷に向かおう。

画像を表示 画像を表示

ロザリンデ

ふぅ…
(ロザリンデが不快そうな顔で立っている)
変だな…あいつが言っていたのはたしかこの辺りのはず…ん…!?
(考え込んでいたロザリンデが突然驚いたような表情をした)

こ、これは…あなたがやったのですか?

さぁな?答えたくない。
ふん…ただでさえ気分が悪いっていうのに…

お前みたいな子供にかまっているヒマはないんだ。
(ロザリンデはそのまま消えてしまった)

危険な森Ⅲ

月食の谷で、ロザリンデに遭遇した。
ロザリンデの前には変わり果てたエリディアンの姿が横たわる。
しかし。ロザリンデはすぐにどこかへと去ってしまった。
ベンシエルが何か言いたいことがあるようだ。
会話してみよう。

画像を表示 画像を表示

【アーチャー】ベンシエル

ロザリンデを逃したようですね。
もしかしたら…間に合っていたかもしれませんね…
他の場所で時間を食ってしまいました…。残念です。

ここの遺物は…

そうですね。遺物の痕跡がないところを見ると…どうやら無事みたいです…
それに、あいつらの目的は遺物を破壊することではなく、遺物の力を利用すること
遺物が安全だということは…彼らの企みは失敗したようですね。

遺物の力を利用…?ですか?

この遺物は生命の木と繋がっています。
生命の木からの力によって、この森は結界を作り出しているのです。
それを逆に利用して、遺物から生命の木に力を送り込むつもりなのでしょう。
彼らは森を破壊するのではなく、生命の木を操り、モノリスへの道を開こうとしているのです。

モノリスとは何なのですか?

私もモノリスについては詳しくは知りません。ただ、女神の夢と女神を繋ぐ媒介だと聞いています。
あなたは生命の木に戻ってください。
モノリスに行く道は女王が守っていますので、あなたは女王と生命の木を守ってください。

ベンシエルはどうするのですか?

おや、私を心配してくださるのですか?嬉しいですね。
これでは嬉しさのあまり、別れがたくなってしまいます。

ですが、私はこの時を長い間、ずっと待っていたのです。
彼女に真の自由を与えるため…今は行かなければなりません。

もう二度と、後悔の念に苛まされることはありません。
……どうやら、その時が来たようですね。
あなたとは…お別れしなければいけないようです。

あなたを守ることができて幸せでした。
他の候補者を捜しに月食の谷に向かわれるのでしたら、私も共に行きます。

別れの時間です。
あなたは先にアレンデルに戻ってください。
ロザリンデを止めることが出来れば、おそらくどうにかなるでしょう。

危険な森Ⅳ

長老は前出の儀を中断することを決定した。
これにより、生命の木の結界が解けてしまう。
これで部外者も森へ侵入できるようになってしまった。
最後の候補者であるエリディアンの様子を確認するため、月食の谷へと向かった。
そこには使徒ロザリンデと、変わり果てたエリディアンの姿があった。
また間に合わなかったようだ…。しかし、どうやら遺物は無事みたいだ。
エリディアンのこと、そしてロザリンデのことを報告しにアレンデルに戻ろう。

画像を表示 画像を表示

アルゼンタ

ちょっとあなた!
選出の儀の候補たちが狙われてるってときに、一人で歩きまわるだなんて何考えてるの?
おとなしく生命の木の元にいなきゃだめじゃない!

選出の儀は中断されたんです。

…?
遺物も奪われて、選出の儀も中断して、あなたたちエルフは生命の木をどうやって守るつもりなの?

まだ生命の木は生きています。

あんなに弱々しい上に、生命力を取り戻す方法がないんじゃあ枯れたも同然よ。
そう思わない?

関連クエスト



  • 最終更新:2017-06-19 23:08:58

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード