Lv65 消えた候補者(弓)

Archer.png



画像を表示 画像を表示

エルフの長老

それにしても…他の候補者たちが戻ってこない…遅すぎます…
(エルフの長老が心配そうな顔をしている)

消えた候補者Ⅰ

巡礼を終え、生命の木に戻ったが、他の候補者達はまだ戻っていないらしい。
エルフの長老はとても心配している。
エルフの長老と会話してみよう。

画像を表示 画像を表示

エルフの長老

もうすでに、巡礼を終えて帰ってきてもおかしくない時間なのですが…

もうちょっと待ってみてはどうですか?

…何か嫌な予感がします。何かが違う…そんな気がするのです。
ですが…今は選出の儀の最中…。警備兵を送ることもできません…一体どうすれば…

では、私が捜しに行きましょうか?

おぉ…そうしてくださいますか?
(エルフの長老はホッとしたような顔をしたが、また急に表情を硬くした)
いいえ、ダメです。もしも…あなたまで戻って来なかったら…

私は大丈夫です。

皆、森の子どもたちです。
問題は起きましたが、その原因は全てが闇に包まれています。
未知の危険に、あなたを送るわけにはいきません。
(横にいるベンシエルが長老に声をかけた)



画像を表示 画像を表示

【アーチャー】ベンシエル

ご心配なく。
私がDNクエストをお守りします。



画像を表示 画像を表示

エルフの長老

あなたが最も疑わしいということが分かりませんか!?
ベンシエル。あなたが我々に背を向けた時のこと…私は今でも覚えていますよ。
あなたの力は信じていますが、あなたの心は信じることができません。



画像を表示 画像を表示

【アーチャー】ベンシエル

私を信じることができないことはわかります。
ですが、DNクエストは私にとって、あの方と同じような存在です。
私は彼女をただ、守るだけです。



画像を表示 画像を表示

エルフの長老

彼女?ア…アマリリス様…。
…あなたにあの方の名を口にする資格などありません!
(何だか言い争いが激しくなりそうだ。ひとまず仲裁に入ったほうがよさそうだ)



画像を表示 画像を表示

DNクエスト

(ひとまず仲裁に入ろう)
こんなとこで争っている場合じゃありません。
私は、ベンシエルと一緒に行ってきます!



画像を表示 画像を表示

エルフの長老

DNクエスト殿はあの者を信じておられますか?



画像を表示 画像を表示

DNクエスト

私を傷つけるようなことはしないと思います。
信じているわけではありませんが…

これが私のテレジアなら…私は無事に戻ることができると思います。



画像を表示 画像を表示

エルフの長老

(エルフの長老は少し迷いながら答えた)
心のままにしなさい。選出の儀の時、候補の選択はすべて宿命に向かう道なのです…
黄金の草原へ向かってください。
アゼリアも皆も…無事でありますように…

消えた候補者Ⅱ

それにしても…戻るのが遅すぎる。
選出の儀の期間、儀式に参加する者以外は森に入ることができないらしい。
アゼリアを迎えにいけるのは自分しかいない…!彼女が向かった黄金の草原へ急ごう。

画像を表示 画像を表示

アゼリアの遺体

(まだ…温かい。深い刺傷がある)

あ…アゼリア?

(遺体が答えるはずもない。ベンシエルと会話しよう)

消えた候補者Ⅲ

なんということだろう…黄金の草原で、アゼリアの遺体を発見した。
ベンシエルと会話しよう。

画像を表示 画像を表示

【アーチャー】ベンシエル

…遅かったようです…
辺りを調べてみましょう…

…なんで…こんな…

可哀想なDNクエスト
今にも泣き出しそうな顔をしていますよ。
私はアゼリアのことはよく知りませんが…
あなたにこんな顔をさせるなんて…少し妬いてしまいますね。
もう少し辺りを調べたほうがよさそうですね。

こんな…ひどい…
(周囲を調べる)

では、私が調べてみましょう。
(ベンシエルがアゼリアの遺体を調べる)

そんな人間の女性のような顔をする必要はありませんよ。
まずは長老に報告しましょう。

(戻る前にアルゼンタ様にもこの事を知らせておこう)

消えた候補者Ⅳ

アゼリアのことを長老に報告しなければならない。
その前に…このことをアレンデルにいるアルゼンタにも報告しておいた方がいいだろう。
アルゼンタに報告しに行こう。

画像を表示 画像を表示

アルゼンタ

選出の儀は進んでる?
あなたはいつも何か事件を起こすから心配ねぇ。
…ちょっとあなた、泣いてるの?誰かにやられたの?

アゼリアが…
(うなだれる)

話してみないと分からないでしょ?
アゼリアがどうしたの?アゼリアがひどいことしたの?
あのエルフとは仲がいいと思っていたけど、違ったのね。

アゼリアが儀式の途中で…亡くなったんです。

何よ。それで泣いてたの?どうせいつかは消えるのよ?
そんなことでイチイチ泣かないの!
エルフは長生きだけど、たかが数百年よ。それが少し早まっただけ。

アゼリアも女王候補の1人だったんです。
選出の儀中に何者かに…

選出の儀の最中に?
それは困ったわね。あれほど私が気をつけるようにいったじゃない!
もうっ、何一つちゃんとできないんだから。
長老には報告した?

今、報告にいくところです。

それじゃあ十分気をつけて行きなさい。
女王候補が1人くらい残ってないといざという時困るじゃないの!
だから言ったのに…わかってるの?
あなたを心配してるんじゃないわよ。

選出の儀の最中に女王候補が…
あなたはいつも事件を起こすわね。早く長老に報告しに行きなさい。
(エルフの長老に報告しにいこう)

消えた候補者Ⅴ

無事巡礼を終えて長老のもとへと帰ってきたのはいいが、なぜかほかの候補者たちの姿が見えない。
どうやら、まだみんな戻ってきていないようだ。
しかし、巡礼はとうに終わっている時間だ。
長老の不安もあるので、自分が確認しに行くことにした。
しかし、そこには変わり果てたアゼリアの姿があった。
アゼリアのことを長老に報告する前に、一度アルゼンタにこのことを伝えておいた。
生命の木の前にいる長老と会話しよう。

画像を表示 画像を表示

エルフの長老

い、今なんと…?ア、アゼリアが…?
そんな…、神聖な儀式中にこんなことが…

何者かが森の結界を解き、儀式の邪魔をしたに違いありません。
近くに何か手がかりになるようなものはありませんでしたか?

すいません。
動揺していて…調べられませんでした。

(長老がため息をつく)
そうですね…驚かれたでしょう…

あなたは女王候補の中でもアゼリアと親しかったですね。
エルフは同族の死に慣れていないものです。
自然な変化を理解し受入れることと、災難を認めそれを消化することは似て非なるものです。
エルフにとっても、別れの悲しみというのは辛いものです。

ですが、こんな状況ですと、他の候補者の安否も心配です。

関連クエスト



  • 最終更新:2017-06-19 22:52:19

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード