Lv60 災いの気配

Assasin.png



影ニャン

DNクエスト
遅いんだニャン!吾輩の一番弟子だという自覚が足りないニャン!ひどい弟子だニャン!

今度は一体なんだ?

う…反省の色なしだニャン。
テル・ローサという所を知っているかニャン?
テル・ローサ街道にある、栄えた都市ニャン。
物に溢れたところなんだニャン。
普通の魚もあるし、砂漠でしかとれない貴重な魚もあるし、砂漠の日差しでカラカラになった干物まで…

全部魚じゃん。

じゅ、じゅるる!
(影ニャンが慌ててよだれを拭いた。)
そ、そうじゃなくてだニャン!
どうやら今、その都市に何か起こっているようなんだニャン!
ちょっと前に注文した限定品の最高級干物が届かないんだニャン!
こ、こんなに配送が遅れるはずがないんだニャン。
何かあったに違いないニャン。

キミはまさか、干物がいつ届くか、調べてきて欲しくて僕にテル・ローサ街道に行けっていってるのか?
僕は忙しいんだ。いつカメリナから連絡が来るか分からないし、こっちの用事のほうがよっぽど重要だと思うけど。

ニャンニャンニャン!!
あそこは日差しが強すぎて、吾輩みたいな繊細な猫は行けないんだニャン!
少しは師匠を気遣うんだニャン。ニャンニャン!

(この猫…1回蹴っ飛ばしてやりたい…) ← (*1)
(猫でさえなければ…ほっといてやるのに…) 
(チェッ。可愛いな…)

そのカメリナとかいう娘から連絡がきたら、吾輩が矢の如く駆けつけてやるニャン!
弟子の匂いをたどるニャン!
テル・ローサに行ってくれないと、行ってくれると言うまで、まとわりついてやるニャん!

う…仕方ないなぁ。分かった。その代わり、連絡がきたら絶対に教えてくれよな?

ニャンニャン!もちろんだニャン!猫はうそつかないニャン!
(テル・ローサ街道からテル・ローサに向かってください)

災いの気配Ⅰ


影ニャンにテル・ローサに行ってきて欲しいと頼まれた。
テル・ローサに行ってみよう。


【アカデミック】カメリナ

DNクエストさん!?どうしてここへ…?
まだ、連絡するには早いと思っていたのですが…?

カメリナ!?これは一体…!?町は燃えているし、未来の軍隊が…?
もう戦争は始まっているのか!?

いえ…そうではないんです。
…今…メガネをかけた女性が少女を誘拐するのを見ましたか?

あの女性はジャスミン…未来の軍隊の指揮官です。
彼女が…デイジーという少女を誘拐していきました。
もしかして…デイジーのこと…ご存知ですか?

デイジー!?さっきの子が…デイジー?}
何故、敵の指揮官があんな小さな女の子を誘拐するんだ?}

(首を横にふっている)
私もわからないんです。
検討もつきません。
けれど、また何かを仕掛けてくることは明らかです。
なので、私はこのままジャスミンを追うつもりです。

僕も一緒に行く。

はい。お願いします!
多分現在の進行ルートから考えると、ジャスミンはアルヌート渓谷に行ったと思われます。
私はそちらに向かおうと思います!

分かった。すぐに後から追いかける。



【アカデミック】カメリナ

(カメリナが深刻な表情になった)
やっぱりお知り合いだったんですね…
何かすごい力を持った少女なのですか?

いや、傷ついた鳥を介抱していた、普通の優しい女の子だったよ。

(カメリナがカメリナが驚いた表情になった)
…鳥…ですか?

うん、ピーちゃんって呼んでた。とても体の弱い鳥だった(懐かしいな…)

それじゃあ…本当にただの普通の女の子なんですね…何故ジャスミンはそんな子を…?

カメリナも心当たりはないのか?

はい!
(カメリナが勇ましくうなずいている。一旦、影ニャンにテル・ローサ街道の状況を伝えよう)

災いの気配Ⅱ


テル・ローサで思いがけずカメリナに会った。
そこで偶然にも、未来からの軍隊の指揮官がデイジーという少女を誘拐する場に遭遇した。
一旦、影ニャンにテル・ローサの状況について教えてあげよう。

影ニャン

DNクエスト!?ついに戻ったニャン!
干物は…!?テル・ローサはどうだったニャン!?

あっちでカメリナに会ったよ。それと…テル・ローサのことだけど…(一部始終を伝える)

な、なななな何ということだニャン!?

ふ、ふにゃああああ…お金…を…はたいて買っだひもにょがぁぁ~~にゃああん…

(何を言っているのか分からないが、絶叫しているようだ…)

関連クエスト




  • 最終更新:2013-09-28 10:21:34

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード