Lv52 ミッシングリンク

Assasin.png



ロゼ

夢の中でバルナック様を見ました。
テラマイ様にこの事をお伝えください。
セントヘイブン城内のテレンス・テラマイからクエストを受けられます。



テレンス・テラマイ

君の言うとおり、バルナックと共にいたというもう1人が、バルナックを操っている龍の使徒である可能性が高いようだね。
その龍の使徒を捕らえることができれば、ジェレイントの剣がなくとも、バルナックを浄化することができるかもしれない。
急いで隕石落下地点-警戒区域-に向かってくれ。

ミッシングリンクⅠ


ロゼは夢の中でバルナックが誰かと共にいるのを見たという。
隕石落下地点-警戒区域-に移動し、バルナックと共にいたという相手を探してみよう。


ロゼ

あ…あれは…黒衣の騎士…
(ロゼの顔が青ざめる)



ベルスカード

古代人…?
イグナシオに連れて行かれたものとばかり思っていたが…
何故お前と共にいる?

それが……
(一部始終を説明する)

テラマイが龍の使徒たちから救っただと…?
貴様…私を誰だと思っている。そんな見え透いた嘘にだまされるとでも?

嘘なんかじゃありません。何故ですか?

やつらが喉から手が出るほど欲しがっていた古代人の子孫だぞ?簡単に連れ戻せるはずがない。
(ベルスカードがロゼを凝視する)

やはりな…
(ベルスカードがロゼから視線をはずす)

古代人の力を感じない。
こいつはすでに古代人の力を失っているか…、もしくは偽者だ。

そんなはずは…現に預言もしていますし…

だとすれば、ますます偽者である可能性が高い。
古代人の力を使えるフリをし、嘘でもついているのだろう。

……使徒が諦めるなどありえない…
あの男がどれほど力に執着しているか…。
欲しいものを手に入れるためなら、どこまでも残酷になる…
(ベルスカードはそう言い残すと、どこかへと去ってしまった)

ミッシングリンクⅡ


隕石落下地点-警戒区域-にはなんと、ベルスカードがいた。
ロゼを見たベルスカードは彼女はすでに古代人の力を失くしていると言い残し、去ってしまった。
ロゼに話しかけてみよう。

ロゼ

…………
(ロゼの顔が青ざめている)

ご、ごめんなさい…怖くて…身体が動かなくて…
ウゥ…
…まずはセントヘイブンへ戻りましょう…
そこでお話します…

ミッシングリンクⅢ


セントヘイブンに戻り、地下秘密区域にいるロゼに話しかけてみよう。

ロゼ

実は…以前より予知夢を見ることが少なくなっているんです。
それに、夢の中の場面も鮮明には見えなくなってしまって…

もしかしたら…黒衣の騎士の言うとおり、私は力を失っているのかもしれません…
(ロゼが深くため息をつく)
一時はこんな力を持っていることが嫌で仕方がなかったのに…
いざ、力を失ったと思うと何だか複雑な気分です。

この力が完全に消えたら、平凡な女の子として、また昔のようにプレーリーで暮らせるかしら…
(ロゼが涙をぬぐう)
そう考えたら、力を失うのも悪くはないですね…
ごめんなさい…こんな姿を見せてしまって…

今は何も見えないし、感じることもできません。
黒衣の騎士を探すお手伝いができず、申し訳ありません。
(テレンス・テラマイと会話しよう)

ミッシングリンクⅣ


ベルスカードの言っていたとおり、ロゼは力が消えていっているのを知っていた。
ロゼのことをテレンス・テラマイに知らせよう。

テレンス・テラマイ

預言者の力が弱まっているとは…
う~む、一時的な現象であってもらいたいものだ…
まだ我等には彼女の力が必要なのだから。

神殿騎士を動員してベルスカードとバルナックの行方を探ってみようと思っている。

他の冒険者たちも各地に派遣している。
君も何か知らせが入ったら動けるように待機しておいてくれ。

(…それにしてもベルスカードは、あの男…

つまり使徒の王が暁の預言者をあきらめるわけがないと言っていた…
よく考えれば、初めてイリュージョンに会った時、イリュージョンは瀕死の状態だったっけ)

(あれは、その使徒の王から受けた傷だろうし…
ルナリアを王に渡さずに逃げて…追われた。
なんだか謎ばかりだ。ルナリアは僕にちゃんと説明してくれなかったから…)

(イリュージョンはどこでどうやってルナリアに会ったんだろう
何でルナリアを探してたんだろう?いや…それより気になるのが…)

(あいつは僕だ。
僕は十数年で使徒のイリュージョンになるはずなんだ。
一体どうやって…?)

…君、聞いているのかい?
バルナックを浄化するために、何かいい知らせがあれば知らせてくれと言ったんだが…

はい?……あ、はい!

(…浄化?何故か似たような言葉を何度も聞いたことがある気がする…)
(そういえば…確かこの前…そ、そうだ。あれがあった!)

関連クエスト




  • 最終更新:2013-09-27 16:41:50

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード