Lv50 痕跡のない

Assasin.png



【ベテランウォーリアー】ペドロ

町に戻る最中、バルナック様がなぜロータスマーシュにいらっしゃるのか考えてみたんだが…
あの方はカーラ様と仲が良かったはずだから、もしかすると、カーラ様が亡くなったという知らせを聞いて訪ねて来られたんじゃないか?
カーラ様のために来られたのであれば、まずはフェアリスターに知らせた方がいいだろうな。
DNクエスト、シーデルにバルナック様がロータスマーシュにいらっしゃると伝えてくれ。

痕跡のないⅠ


シーデルの所に行ってペドロの言葉を伝えよう。

シーデル

DNクエスト
何かあったの?

なんだって?バルナック様が来られただって…?
長い間行方不明だったから、亡くなられたのかと思っていたんだけど…
ご無事だったんだね、よかった…!

うわぁ!もしそれが本当なら、師匠様にお花を捧げてもらえるね!
師匠様も喜ぶと思うよ!
僕はバルナック様を迎える準備をしなきゃ!
君にはバルナック様をここまで案内してもらってもいいかな?

ペドロの話では幻惑の渓谷の方へ向かわれたんだよね?そこに迎えに行ってほしいんだ。
その方が本当にバルナック様だったらと思うとドキドキするね…
師匠の昔の友達が来てくだされば僕も心強いよ。

痕跡のないⅡ


シーデルは、ペドロの言葉が本当ならバルナックを迎える準備をするという。
彼の代わりに、正体不明の剣士を迎えに行こう。
彼は幻惑の渓谷の方へ向かったらしい。


ベルスカード

…妙だな。
(ベルスカードが正体不明の剣士が去った方を見つめている)

ベルスカード……?

また貴様か…
貴様のわずらわしさは、あのエンシェントの奴らに引けをとらないな。
}(ベルスカードが嘲笑する)

まだあの女を探してうろついているのか。
どこにいるかも分からぬというのに哀れな…
確かイリュージョンが探していたのも、その女だったな…}

……イリュージョンが?
(イリュージョンがルナリアに執着していたのは事実だけど…)

イリュージョンは、時間を移動したことがあると言っていた。
何度か聞いたことがあった…
私は信じてなどいなかったがな…今考えてみると、本当だったのかもしれん。

奴はある特別なものを使って、時間移動を調節できると言っていた…
その能力を使うために、何かを探していたのか…それとも、何かを探すためにその能力を使っていたのか…今となっては分からんがな。

だが、それで紅の軍団の主人であるあの男はイリュージョンに興味を抱き、彼を使徒として受入れた。
詳しいことは知らんがな…。
貴様自身も知らない過去を他人から聞くとは…妙な奴だ。

(…特別なもの?ルナリアのことかな?…それとも他に道具があったのかな?)
(そんな話は聞いてないぞ。…ルナリアは自分の力を全く制御できないって言っていたし…)

何だ。ここにいると過去の思い出したくもない奴らが顔を出す…
おかしな場所だ。
…バルナック…奴は何故こんな場所にいたのだ…

しかも…妙な気配がする…
(ベルスカードがつぶやく)

あ、そうだった…!バルナック様には会ったんですか?

(ベルスカードがギロッとにらむ)
また首を突っ込むつもりか?
この件は私が調べる。貴様は引っ込んでいろ。

帰れ、若造。
(ベルスカードはこれ以上相手をするつもりは無いようだ)

痕跡のないⅢ


正体不明の剣士に出会ったベルスカードは、彼がバルナックだと気づいたようだ。
そして、バルナックの状態が妙だと言い残し去ってしまった。
シーデルに報告しに行こう。

シーデル

待ってたよ、DNクエスト
バルナック様には…会えた?

バルナック様の様子が妙だって言ってたの…?
やっぱりか…ちょうどさっきバルナック様について話し合ってたんだ。

話し合っていたというと…?

関連クエスト




  • 最終更新:2013-09-27 16:13:41

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード