Lv50 別れの挨拶Ⅲ

Assasin.png



シーデル

完全なドラゴンになるために古代人の遺物を集めているなんて…
なんとしても阻止しないと。
(シーデルが固く握った拳を見つめる)

不安


カラハンを追跡することについてシーデルと話してみよう。

シーデル

…たまに、僕のこの気持ちが正当な怒りではなく、ただの憎しみなんじゃないかと思う時があるんだ…
師匠様は僕がこういう風に個人的な恨みに身を任せることを警戒されていたっていうのに…

師匠様は、僕があいつの二の舞にならないか心配していたんだ。
…僕も怖いよ。僕があいつのようになってしまったら…この心が強大な力を求めて変わってしまったら…僕はフェアリスターを…

キミはあいつとは違う。 ← (*1)
僕はキミを信じてる。

そうだね、ありがとう…
今はそんなこと考えてる場合じゃないよね。それもただの可能性でしかない…
そうならないように僕自身を戒めていくことしかできないんだから。

いつもありがとう、DNクエスト
君のおかげで勇気が出てきたよ。

僕、必ずカラハンを止めてみせる…。あいつとは違うことを証明するよ。
僕はチャッティーと師匠様の想いを背負っているんだから!

うん!
パドゥ族の人の話だと、カラハンは古代の遺跡を手に入れるために、古の宝物庫に来るんだよね?
本当かどうかまだわからないけど、まずは確認してみないとね。

DNクエスト、僕の代わりに古の宝物庫に行って確認してきてくれないかな?
まだカラハンが古代人の遺物を手に入れてなければいいんだけど…

遺物


古の宝物庫にあるはずの古代人たちの遺物が無事か確認しよう。


???

(不思議な力を放つ石が散らばっている)
(砕けた欠片に古代の紋様が刻まれている。壊されて間もないようだ)
(カラハンはすでに目的を果たし、どこかへと消えたようだ。シーデルの所へ戻って報告しよう)

一足遅かった


カラハンは既に目的を達成して、去っていったようだ。
古代の遺物が破壊された痕跡があった。シーデルに見たことを伝えよう。

シーデル

そうか…、カラハンはもう…。一足遅かったか…
どうしよう、大変なことに…

さっき偵察に出ていたソーサレスから聞いたんだ。
力を増したカラハンが古代人の遺物やパドゥ族の遺跡に手を出したせいで、各地で不吉なことが起こっているみたいなんだ。
今までとは違う…非常に危険な魔物が現れる地域が増え始めたんだ。
特にイスラ村-集落-古の宝物庫は前よりもっと危険になってしまった。
うん。ソーサレス達にこのことを話さないと…

いきなり強大な魔物が現れ始めるんだ。
みんな不安になるはずさ…。
フェアリスター魔導士団としてソーサレスの力を役立てなきゃ。

でもまずは…師匠様の弔いの儀式を済まさないと。

フェアリスターを支えてきてくださった方を、こんな時に送らなくちゃいけないなんて…
けど、師匠様の意思はみんなが継いでいるんだ…もちろん僕も。それを忘れずに…
師匠様…見ていてください…

関連クエスト




  • 最終更新:2013-09-27 16:03:00

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード