Lv46 繰り返されない時間

Assasin.png



画像を表示 画像を表示

【ウォーリアー】シアン

命をかけて守りたい人が突然消えるなんて…ショックだったろうな…
オレもその気持ち、ちょっとだけど分かるぜ。

繰り返されない時間Ⅰ

【ウォーリアー】シアンと会話してみよう。
※パーティ状態では進行できないクエストです

画像を表示 画像を表示

DNクエスト

おい、ルナリアを見たのかと聞いているんだ!



画像を表示 画像を表示

【ウォーリアー】シアン

あ、う~ん………
そういえば…ちょっと引っかかることがあるんだ…
その人かどうか…ちょっと確信はないんだ。でも…

よく一緒にいるあの女の人かどうかわからないけど…
古代武器庫-西-であの人が着ていたような、ひらひらの薄い布を見たんだ…

繰り返されない時間Ⅱ

ルナリアを探して古代武器庫-西-に行ってみよう。
※パーティ状態では進行できないクエストです

画像を表示 画像を表示

カラハン

クックッ…お前も私に挑戦しにきたのか?
時を超えた我が古き崇拝者よ…



画像を表示 画像を表示

DNクエスト

…俺がお前をいつ崇拝したというんだ?



画像を表示 画像を表示

カラハン

ほぉ…イリュージョンか。
これはこれは…久しぶりだな。
(カラハンが興味を抱いたようだ)

お前が血眼になって探していたあの女のためにここまで来たのか?
あぁ…何故こうもか弱い存在は、偉大なる存在の前にひざまずくことより、似た者同士執着するのか…まったく理解に苦しむ。
あの不快な老いぼれも、お前も…あまりにもくだらない。



画像を表示 画像を表示

DNクエスト

お前は昔からいつもしゃべりすぎる。



画像を表示 画像を表示

カラハン

イリュージョン、お前はあの女を王に捧げるのではなかったのか?
長い間あの女の尻ばかり追いかけていると思っていたが、ただの愚鈍な奴ではなかったようだな。
このカラハン様の偉大な秘伝の力で、お前もあの女も歴史に名を刻みたいとは思わないのか?
王もきっとそれをお望みだろう。フフフフ…なんてゴージャスな計画なんだ!フハハハ!
おっと、噂をすれば…なんとやらだな…
(カラハンが後方を指差す)



画像を表示 画像を表示

ルナリア

……



画像を表示 画像を表示

DNクエスト

…ルナリア!



画像を表示 画像を表示

カラハン

愚か者め。
隙を見せたのは、ここで生を終えても後悔しないという意志表示か?
おとなしく過去の崇拝者の1人として、永遠の眠りにつくがいい!


繰り返されない時間Ⅲ

ルナリアを探して向かった影の森-山道-で、カラハンに出会った。
そして何かが起こったが……
※パーティ状態では進行できないクエストです

画像を表示 画像を表示

ルナリア

また来たの。イリュージョン。



画像を表示 画像を表示

DNクエスト

ルナリア!
ルナリア…お前はまた同じことを繰り返すのか?
また、何も知らない俺を連れて同じ旅を繰り返し…最後には1人で姿を消そうとするのか!



画像を表示 画像を表示

ルナリア

同じじゃない。
同じにはなれない。



画像を表示 画像を表示

DNクエスト

許さない。
ルナリア。
俺は許さないぞ。



画像を表示 画像を表示

ルナリア

あなたは…イリュージョン。
DNクエスト…ではない…
あなたの選択こそがあなたの運命…

時間は流れ、選択は増えていく。
同じ過去に戻っても、もうその時のあなたはあなたじゃない。
それがわからないの?イリュージョン。



画像を表示 画像を表示

DNクエスト

俺は…俺だ。
お前がどこにいても、お前こそがルナリアであるように。



画像を表示 画像を表示

ルナリア

私は……



画像を表示 画像を表示

DNクエスト

許さない。
ルナリア…今度こそ、絶対に逃がさない!
お前が…またもう1人の俺を探し出して平然と一緒に逃げ出すのを見逃すと思うか?
ルナリア…!ルナリア!



画像を表示 画像を表示

ルナリア

何故?本当に分からない…
私は逃げてなんていない。私が後悔してることがあるとしたら…それはただ…

……
(ルナリアが目を閉じる。ルナリアの身体が透明になる)



画像を表示 画像を表示

DNクエスト

ルナリア!!!

繰り返されない時間Ⅳ

ルナリアはイリュージョンの前から再び姿を消した。
そして目を開けると、そこには見覚えのある子が立っていた。
※パーティ状態では進行できないクエストです

画像を表示 画像を表示

【アカデミック】カメリナ

なんでこんな所に同じ通信機が…?ブツブツ…
(【アカデミック】カメリナが1人でブツブツつぶやいている)

…もしかして…カメリナ?

あ!
え…えっとぉ、え~っと…DNクエストさん!…ですよね?ご、ごぶさたしてますー!
(カメリナが礼儀正しく頭を下げる)

ご、ごぶさた…
久しぶりだね…

(…そういえば…イリュージョンは!?イリュージョンは消えたのか?それともまた封じ込めたのか?それとも……?)
(ただ過去に戻っただけか?僕の夢?イリュージョンの分離?……一体どうなってるんだ?)

あの…
大丈夫ですか?具合でも悪いんですか?お薬とか必要なら…

あ、いや…大丈夫だ…
それより聞きたいことがある。

え?
少し前に何かあったか見てないか…ですか?
(カメリナが首をかしげてDNクエストを見上げる)

あ、そういえば!大したことではないんですけど…
私、さっきここに到着したんですー!
その時にDNクエストさんとおんなじ顔した人があっちに走って行くのを見ました!

…それはかなり大したことだ。

そ、そうですかね。
人が走っていくのは大したことじゃないと思うんですけど。
(カメリナが首をかしげる)

僕と同じ顔をしてたんだろう?

に、人間は似た顔の人もいますよ!
(カメリナが大きな声で言う)
同じ顔だからって…に、ニセモノとか…コピーとか…ウウウッ…そんなの…ふぇ…
(突然泣き始めた)

(…な、なんでそこで泣くんだ? 何か悪いことでも言ったか…?)

と、とにかく…同じ顔の人があっちに走って行きました。
それで、そのすぐあとにDNクエストさんが私に声をかけてきたので、私ちょっとびっくりしちゃって…でもでも!
似た顔の人だって意外とたくさんいるんですよ!

……ウウッ…
だから、そういうことにしてくださいー!ぐずっ…
(カメリナが目をこすっている)

わ、分かったから…それで、その人はどっちに行ったの?

あ、う~んと…
確か…う~ん…
(カメリナがめがねをずり上げた)

関連クエスト



  • 最終更新:2017-08-07 10:59:16

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード