Lv45 遅れた知らせ

machina.jpg



シーデル

このままじゃ危ない…
僕は…チャッティーを追いかけるよ。

でも、チャッティーがどこにいったか知らないでしょ?

遅い決断


シーデルはチャッティーがどこにいるのか知っているようだ。

シーデル

古代武器庫-東-の奥には誰にも進めない道があるんだ。
時々そこから強い魔力が流れ出る。
たぶん、その向こうに部族の聖地へと続く道があるはずだよ。

アンタ…グリーン ドラゴンの宝玉を魔女ばあさんに渡すつもり?

何の話? 君、まだ師匠様を疑っていたの?
僕が チャッティーを心配しているのはグリーンドラゴンの宝玉のためなんかじゃない。
ずっとチャッティーに何かしてあげたかったのに、何もしてあげられなかった。
今度こそチャッティーのために何かしてあげたいんだ。

すべてを賭けてでも…

(シーデルがカラハンとチャッティーの邪魔しちゃダメなんだけどなぁ…)

君がカラハンをかばう理由はわからないけど、彼はフェアリスターじゃ大罪人だ。
そんな人にチャッティーを任せられない。

僕は古の武器庫-東-に行くよ。

聖地に向かって


シーデルは今度こそ チャッティーを助けたいと言いながら、 チャッティーの後を追う。
シーデルについて行こう。


切ない叫び


チャッティーがドラゴンの宝玉を取り込み魔物となってしまった。
チャッティーは理性を失いどこかへと姿を消した。
シーデルと会話しよう。

シーデル

チャッティー…チャッティーが魔物に…
僕がなんとしても止めなきゃいけなかったのに…!
ウワァァ!!
(シーデルが泣き叫ぶ)

カラハン様…どうして…?

まただ。
僕はまた…チャッティーを助けられなかった!
チャッティー…うぅぅ…

シーデル…アンタのせいじゃないわ。
カラハンを信じたアタシがバカだったのよ!

チャッティー…チャッティー…うぅぅ…


シーデル

戻ろう。
カーラ様なら何か方法を知っているかもしれない。

魔女ばあさんが…?いや、なんでもないわ。
シーデル、帰るわよ。

チャッティーの理性を取り戻す方法があればいいんだけど…
(シーデルとカーラの家に戻ってください)

一歩遅れた消息


チャッティーを元通りにする方法を見つけるために、カーラの家へ行こう。

デービット

やっと来たか、ドンくさい田舎者!
このデービット様をどれだけ待たせたら気が済むんだ?

なんでここにいるのよ?

フッフッフ、アルゼンタ様がとても重大な事実を伝えろとおっしゃったのだ。
ドラゴンの血に汚染されたお前!
絶対にケイオスの子孫である ドラゴンの宝玉に触れるなと仰せだ。

お前みたいに汚染された奴がドラゴンの宝玉に触れると、宝玉が汚染されたエネルギーに反応して取り込まれる。
宝玉の力に耐える器じゃない場合、下手すると魔物になっちまうらしいぞ。
ところで…なんで泣きそうな顔してんだ?

…もう遅いわ。

なにっ…!?
でも、お前に異常はなさそうだが…?

シーデルの友達が…宝玉を取り込んじゃったのよ。

うあっ…!?
お前はどうして俺がいないときにかぎってもめごと起こすんだ…!?
はぁ…。
早いとここの事態をアルゼンタ様にお伝えしないと。
お前はことが大きくならないようになんとかしろよ!

アルゼンタ様は…どこでなにしてるの?

アルゼンタ様は今、エルフ達の聖地であるアレンデルにいらっしゃる。
そこですご~く重要なことをしていらっしゃるんだ。

重要なこと…? 何それ?

それは後で直接見てみろ。
お前もびっくりするぞ。
とにかく俺は先に行く!

強くならなければいけない理由


カーラに今の状況を知らせてアドバイスをもらおう。

カーラ・フェアリスター

ついにやっちまったかい。
(カーラが舌打ちをする)

カラハンは、ドラゴンの宝玉で町のみんなを治せるって言ってたわ。

愚かだねぇ。
その言葉を信じたのかい。
お前の病は隕石という異世界の物質によるもの。
この世界のもので簡単に治せると思うかい?

隕石の記録でも残っていれば別だが、今ではそんな話すらない。
カラハンがどんなに優れていても、不可能なことは不可能なんだよ。

それじゃ…アタシまた騙されて…

初めから人を騙そうとする奴に騙されないのは簡単じゃない。
特に人間社会をよく知らない原住民を騙すなんてことは、カラハンにとったら造作も無いはずさ。

チャッティーを助ける方法はないの…?

すでに宝玉を取り込んだ者から、それだけを取り出す方法はない。
だが、魔物になった者すべてが暴走するわけじゃない。
もしかすると、その小娘の理性を取り戻すことができるやも知れないねぇ。

アタシ… ずっと魔女ばあさんを信じられなかったわ。
でも、アタシが間違ってた。
信じるから…お願い。
チャッティーを助けて…
どうすれば理性を取り戻せるの…?

失敗すれば嘘つき呼ばわりってことかい。
ゴホッゴホッ…その小娘にひとかけらでも理性が残っていたら可能なはずさ。
その子の心を呼び覚ます方法を探すならね。
(カーラは意味深な表情でシーデルを眺める)



シーデル

僕が…僕がチャッティーを引き戻してみせます!



カーラ・フェアリスター

言うほど簡単なことじゃないよ、シーデル。
今のお前の力では、魔物になった小娘に八つ裂きにされちまうのがオチだ。

ドラゴンにこそならなかったが、ドラゴンの宝玉に宿るとてつもない魔力を持った魔物だ。
容易では無いよ。
本当にチャッティーの心を呼び戻したいのなら、まずは自分を守る力から手に入れるんだ。

自分を守る力…?

そうさ。
少なくとも、その力を得るまではチャッティーを捜そうだなんて、夢にも思うんじゃないよ!分かったね?
(強く念を押す)

どうやったらその力が手に入るの!?教えて!

関連マクロ



※注意事項
アップデートにより、メインクエスト内での「転職クエスト」が必須ではなくなりました
そのため一部ストーリーにおいて矛盾が発生しています。
これは、関連クエストを進行することで補完されます。


  • 最終更新:2015-07-26 13:28:12

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード