Lv43 謎のソーサレス

machina.jpg



カラハン

さて、どこから始めるとするかな。
カーラはどうせ、私がフェアリスターを捨てたとでも言ったのだろう?
だが、それは事実ではない。

カラハンの調剤Ⅰ


カラハンと会話して原住民を治療する方法を教えてもらおう。

カラハン

むしろフェアリスターが私を捨てたのだよ。フェアリスターの後継者は代々女性だった。
その理由は魔導術の才能が女性に強く現れるからだ。

あのー、二人の話はどうでもいいから早く治療法を…

フフフ…随分とせっかちな子だな…
今話したのは、私の偉大なる冒険談のプロローグにすぎないが…なに、治療法は簡単だ。

3つの薬剤で作った治療薬で毒を中和させればいい。
必要な材料はジャングルセリだ。

残りの二つは何?

う~む。残り二つの材料も考えてあるのだが、少し慎重に進めるために悩み中だ。

原住民の血とか…じゃないわよね?

原住民の血?
あぁ、イミテイトキュアのことか。
フフフ、偉大なる私はそんな怪しげなものなど扱わん。

じゃあ、もしかしてアタシの腕の治療剤も作れるの?

ふはははは!ほう?これは落下した隕石の影響か?
ドラゴンの血と共に三つの力が体の中で衝突している。
今は問題なく見えるが、後でどうしようもない状態になりそうだな。
…この状況把握能力…私の偉大さを理解できたか?

隕石のせいだっていうこと、すぐにわかったわね。

偉大なる私にわからないことなどない。
見慣れない症状だが、お前の腕のことも考えてみよう。

今はひとまず、チャッティーの部族の毒を浄化することが先決だ。
ジャングルセリリバーワート廃墟で手に入る。

カラハンの調剤Ⅱ


カラハンは、治療薬を作るために三つの材料が必要だと言う。
その中でも、まずはジャングルセリを採ってくるように言った。
ジャングルセリは、リバーワート廃墟で採れるという。


謎のソーサレス

キャアアアアア、その腕は…まさか!?

あ…アンタは!!
アタシ、アンタのこと覚えてる。
町のみんなを助けてくれて、こうやって治療してくれた人よね??探してたの!

アラ…?
(急いでどこかに行こうとしていたソーサレスが足を止める)

研究室に残っていたみんなは無事?
その…一緒に出て行ったみんなはもういないの。

【ソーサレス】ランターナ

研究室?
あー、プロフェッサーの研究所のことですカ?
他の人たちは、プロフェッサーとアタシの指示に従って安全に過ごしてますヨ。
ひょっとしてアナタは…飛空艇に乗っていた獣人ですカ?
同じく飛空艇に乗せた人たちは、かなり病状が悪化してましたからネ。
もう…生きてはいないでしょうネ…

飛空艇が墜落したという話はアタシも聞きまシタ。
赤の商団から原住民は到着しなかったので代金は払えないと言われ、プロフェッサーが苦労されまシタ。

え?代金?

ホホホ、治療費のことデス。
ところで、アナタは腕の汚染が体全体に広がっていないのが不思議デス。
何かあったんデスカ?
(【ソーサレス】ランターナがノートを取り出す)

(今までのことを話す)

(ランターナがマキナの話を記録し終わる)
アナタの言った拳法…気になりますネェ。
それに研究所を狙う者がいることも、教えていただきありがとうございマス。
プロフェッサーが聞いたら心配されるでしょうネ…

アタシも研究所に行ったらダメ?町のみんなに会いたいの。

研究所を狙う者がいるなら、なおさら仲間を連れ出すのは危ないでショウ。
プロフェッサーとアタシが一生懸命治療しておくので、心配しないでくだサイ!

今日も町のみなさんを治す薬を作るために、ジャングルセリを採りに来たのデス。
これからもジャングルセリを採る必要がありマス。

師匠様にアンタと会った話を伝えたいの!きっと喜ぶわ。

(ランターナの目がキラッと光る)
その方になら、話しても大丈夫でショウ。
その方を連れて来ていただいてもいいですヨ。
隕石の力を抑える拳法……とてもいいですネ!
プロフェッサーが喜びそうデス!

アタシはプロフェッサーのために黒い灰キノコも探さないといけまセン。
アタシに会いたければ、古代武器庫-東-に来てくだサイ。
(先にシャオロンにランターナと出会ったことを伝えよう)

【武道家】シャオロンと会話


【ソーサレス】ランターナと会ったことを、ロータスマーシュの師匠シャオロンに伝えよう。

【武道家】シャオロン

カーラ様やらシーデルやらで忙しそうだったってのに、今度はまたどうしたんだ?
この師匠は、モーリンが会ったっていうソーサレスを見つけるためにあらゆる手段を使って色々やっていたぞ。色々な!

そのソーサレスに会ってきたの。

関連マクロ




  • 最終更新:2015-07-26 12:14:25

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード