Lv34 信頼の条件

machina.jpg



【ビショップ】イグナシオ

ご苦労じゃった。
スチュアートの件は仕方あるまい。

ネストに入れるなら楽だったんじゃが…
お、そうじゃ!ブラックドラゴンネストのように古代司祭長のルーンが使えるか確認してみる必要がありそうじゃな。

(イグナシオの話が気になる。
ジェレイントにネストが安全か聞いてみよう)
あー、ちょっと用事を思い出したわ。また後でね。

む?どこへ行く気じゃ?
お若いのには頼みたいことが…
(ビショップは気分を害したようだが、放っておこう。
まずは地下秘密区域に行ってジェレイントと会話しよう)

地下秘密区域へ


イグナシオの話が気がかりだ。ジェレイントにネストが安全か確認してみよう。

ジェレイント

古代司祭長のルーン?
それなら心配することはないだろう。

ブラックドラゴンは古代人により作られたもの。
それで古代祭司長のルーンで力を弱められたんだ。

分かった。じゃあ信じるわね。

私たちはケイオスの子孫とは違う。

…私たち?アンタとアルゼンタのこと?

そうだ。
エンシェントの末裔は、アルゼンタと私だけだ。
私が知るかぎりでは、だがな。

ふーん。(アルゼンタもドラゴンだったのね)

他に用がないなら、少し休ませてくれないか?
まだ完全には回復していないんだ。

ネストは不可侵の領域だ。
主人が消滅しない限り、侵入者がその中で完全に力を行使することは難しいだろう。
だから、君が心配することはないんだ。

なっ!?べ、別に心配なんかしてないわ!
(…少しホッとした。イグナシオの所に戻ろう)

今のところは安全


イグナシオがネストに入ってくることはなさそうだ。イグナシオの所へ戻ろう。

【ビショップ】イグナシオ

話の腰を折って飛び出すとは…。
人の世の礼儀も知る必要がありそうじゃな。
そんなことでは、誰からも本気で話してもらえんぞ。

あー、はいはい。分かった(ことにしておく)わ。

ふむぅ…まぁ良い。
暁の預言者はジェレイントの手にあるからの。
我らはセントヘイブンの防備を固めるとしよう。
信頼を得るための秘訣は、先に手を差し伸べることじゃ。
ブラックドラゴン配下の魔物たちの動向が気になるのぅ。
頭を失くした群れというものは、統制がきかなくなるからの。
こちらは先だっての激戦により消耗しきっておる。

しかもじゃ。
ヘルテマルテ港に出没した盗賊が軍需物資の運送を妨害しているらしいのじゃ。
この一件、お若いのが解決してきてくれんかの?

(こっちも急ぎなんだけど……でもイグナシオを騙すためにも頼みは聞いた方が良さそうね)

離れ島-中央-にいる盗賊を退治して、黒き鉱山の火薬を奪い返してきてくれんか?

分かったわ。

火薬奪還


離れ島-中央-に行って、盗賊に盗まれた火薬を取り戻そう。


退治完了


離れ島-中央-の盗賊を倒し、火薬を取り戻した。
イグナシオに報告しよう。

【ビショップ】イグナシオ

うむ、ご苦労じゃった。
このことは皆にも伝えておこう。

今回のように、一心不乱にセントヘイブンの問題を解決していけば、評判もよくなることじゃろう。
すまんが、確かめたいことがあるんじゃ。

他の者には頼めなくての。
お若いのなら任せられそうじゃ。

関連クエスト




  • 最終更新:2015-07-25 00:34:00

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード