Lv32 遅れた歓迎

machina.jpg



【ビショップ】イグナシオ

…ブツブツ。
大変なことになった。
暁の預言者が…ブツブツ。
ジェレイントが…ブツブツ。
フゥム、この事態をどうすれば…ブツブツ。

(イグナシオが考え込んでいる)

別れ


アルゼンタはロータスマーシュへ行くと言っていた。
セントヘイブン城内へ行きイグナシオに状況を報告しよう。
※Lv.32以上で進行できます。

【ビショップ】イグナシオ

おお、セントヘイブンの真なる友よ!
よく来てくれた!
(ビショップが大げさな動きで歓迎してくれた)

…何よ、いきなりどうしたの?

シッ、この場では調子を合わせるのじゃ。
(イグナシオが声色を変える)
お若いのはセントヘイブンを守った。
素晴らしき功績を残してくれた。
じゃが…本当に驚いたぞ。
一時は王国の騎士だったベルスカードが、ブラックドラゴンの力で攻めてきたことじゃ。

ブラックドラゴンを倒すために戦った者が、まさかその力に染まってしまうとはな。
悲しい話じゃった。
本当にな…(ビショップが不憫そうな表情を作る)

しかもじゃ。
暁の預言者を連れ帰ってきたのがゴールドドラゴンじゃと?
貴族たちは皆、その話で持ちきりじゃ。
先程から後処理を後回しにして会議をしておるが、結論は出ておらんようじゃ。

聞いたところによると、ゴールドドラゴンが暁の預言者といる所には、お若いのだけが出入りできるようじゃの?
貴族たちは、お若いの言いたいことが多いそうじゃ。
少し話を聞いてあげたらどうじゃ?

(イグナシオに本当のことを伝えるのはやめておこう。いったん嘘をついておこう)
まさか。
アタシがゴールドドラゴンのネストに入れるワケないでしょ?

うむ?そうなのか?おかしいのぅ…。
たしかにお若いのがネストに入れると聞いたのじゃが。
見間違えたようじゃな。

それよりも、暁の預言者のことを家族に伝えたいんだけど。

うむ?…おお、そうか。
お若いのは、頼みを受けて暁の預言者を助けるためにここまで来たのじゃったな。
忘れておったよ。
手紙を送りたいのならクリムドに頼むといい。

(ビショップが声をひそめて耳打ちしてきた)
詳しい話は後にしよう。

嬉しい知らせ


暁の預言者ロゼの救出の知らせを手紙に書こう。
クリムドの所に行こう。

【エリートガード】クリムド

大変な戦いでしたが、無事に暁の預言者を救出したと聞きましたよ。
本当に良かったです。

手紙が送られるのですか?それなら私にお任せください。
城の使節に要請しておきますね。

えーと…プレーリーのハロルドさんに届ければいいのですね?
ではこちらにお名前をお願いします。
(書類へサインする)

それではお届けしますね。
手紙を受け取れば、相手の方も喜ぶことでしょう。

助けたのがアタシで、ガッカリするかもね。

そんなことはないと思いますよ。
DNクエストさんは、他の獣人とは違いますからね。

フン、アタシだって他の人と変わらないわ。
何がどう違うってのよ?

あ、いえ…!と、とにかく手紙は必ず届けますので心配しないでください。
イグナシオ様がお待ちのようですよ。

城の立場Ⅰ


手紙を送った。
もう一度イグナシオの所へ戻ろう。

【ビショップ】イグナシオ

おぉ、よく来てくれた。
暁の預言者の安否を気遣う人々も、お若いのが連絡したおかげで一息ついていることじゃろう。

お若いのが暁の預言者を助けた功績は、私から他の者に熱弁しておいたよ。
これからは自由に城に出入りできるよう手配しておいた。
じゃが、公爵を説得するのにはとても苦労したのじゃ。
(イグナシオが恩着せがましく言ってくる)

今は暁の預言者の処遇問題と、負傷兵の処理について皆が議論の真っ最中じゃ。
真近で暁の預言者とジェレイントを見たお若いのが、皆の話を聞いてみておくれ。

ふむぅ…いったん順番に話を聞いてみておくれ。
まずは…国王カシウス陛下にあいさつをしておくれ。

城の立場Ⅱ


城内の貴族は、戦争の後処理について話したいことがあるようだ。
まずはカシウスと会話しよう。

【国王】カシウス

き、金髪の剣士が…ゴ、ゴールドドラゴンだと兵士が噂していたが…
な、なぜここへ、あいさつをしに来ないのだ?
ぶ、無礼な…

ジェレイントのこと?

ジェレイント?50年前にブラックドラゴンと戦った英雄と同じ名か…。
ま、まぁ今ではジェレイントという名前はとても多いしな…
と、とにかくこの城は余のものじゃ。
きょきょ、許可無く立ち入り居座るなど…ぶ、無礼だ。
(カシウスが不快感を露わにする)

ほ、本来ならひ、引きずり出して王の威厳を見せるのだが…ここ、功績を称えて許すとしよう。
そ、それでは…よ、余のために暁の預言者を守ってくれ。

当たり前よ。初めからそのつもりだったわ。

そ、そうか。
そなたは獣人だが信じられる…と叔父上が…おっしゃっ…い、いや…言っていた。
……こ、これでいいのだ…ろう?
(スチュアートの方を見つめている)

城の立場Ⅲ


カシウスは、城の地下にいるジェレイントを許すことにしたようだ。
次はスチュアートと会話しよう。

【公爵】スチュアート

ドラゴンは皆、悪だと思っていたが意外だったぞ。
しかもゴールドドラゴン暁の預言者と共に現れるとは…。

実に驚くことじゃないか?
そこで私は考えたのだ。
我らの国王の素晴らしさに感化され、邪悪なドラゴンが自らセントヘイブンを守護するようになったとな。
おお…なんと美しき話ではないか?(スチュアートが勝手な解析をして感動している)

…フンッ、どうでもいいわ。

ふぅ…これだから獣人は。
まぁいい。
貴殿の功績により、少しは獣人の地位が高くなったのだ。
カシウス陛下の寛大さを皆に知らせるといい。
この事実が広まれば民草は皆喜び、国王陛下を賞賛するだろう。
屈強な黒衣の騎士と対決し、大勝利をおさめたのも全て国王陛下のおかげである。
そうであろうとなかろうとだ!

ん?それに比べて軍費を出せだの兵士を動員してくれだの、こうるさかったエリートガードは一体何ですかな?
フムフム…、とはいえダグラス将軍の忠誠をあざ笑うわけではないが…んん?
(公爵がチラッと将軍の方を見る)

では私は、国王の業績を広く知らしめる準備をせねばならんので、貴殿はもう下がってよろしい。
陛下のために忠誠を尽くして戦った貴殿も誉れであろう。
(ダグラスが硬い表情で公爵の話を聞いている)

城の立場Ⅳ


スチュアートはジェレイントを利用して、今回の戦いを国王の功績にする計画らしい。
次はダグラスと会話しよう。

【将軍】ダグラス

暁の預言者は、まだ目覚めていないと聞いた。
しかも、我らの軍を助け敵を退けたあの騎士がゴールドドラゴンだとはな…
本当に信じ難いことだ。

様々なことが一度に起きたため、民が動揺していないか心配だ。
公爵とビショップは、民がパニックに陥らないよう適度に作り話をするようだが…それにばかり気を取られて兵士たちの苦労は忘れているようだ。
(ひどく不満気に見える)

数多くの魔物との戦いのせいで我が軍の被害も甚大だ。
それなのに公爵ゴールドドラゴンに気をとられて…何よりも私は兵士たちの功労がしっかり評価されていないことが残念でならない。
(今にも不満が爆発しそうだ)

(フーン…結局はみんな、自分の功績が評価されないのが不満ってことか。
あ~ぁ…)

早く負傷兵の治療と魔物の残党狩りに集中したいのだが…
カーライエンはどう考えているのだろうな?

城の立場Ⅴ


ダグラスは、ゴールドドラゴンと暁の預言者にのみ関心を寄せ、負傷兵の処遇を後回しにしている城内の雰囲気に不満があるようだ。
最後にカーライエンと会話しよう。

【宮廷ソーサレス】カーライエン

ゴールドドラゴンが現れたという報告に、あのたぬきビショップの顔が青ざめたのよ。
見ものだったわ!
ホホホホ。
本当に可笑しかったんだから!オッホホホ。
(カーライエンが大声で笑っている)

城の地下にゴールドドラゴンがいようといまいと、私には関係ないわ。
でも、暁の預言者が起きないのは問題ね。
暁の預言者なら、何が何でも預言をするものでしょ?違う?

そうよ!聞きたいことがあるのに…

ふーん。
お前も私と同じ考えだったわけね。
ホホホ~。
心配しないで。
ソーサレスに伝わる魔導術の力で暁の預言者を必ず目覚めさせてやるから、見てなさい。

そんなことできるの?

も…もちろん今すぐではないわ。
何でも準備というものが必要なのよ!
(カーライエンがあわてて巨大な本をめくり始める)
確かここら辺にあったと思ったんだけど…。
この本じゃないのかしら…
(ごそごそ)な、何を見ているの!!

このカーライエン様が準備をしておくから、お前はあのたぬきビショップの相手でもしてなさい。

暁の預言者の眠り


貴族の話を聞き終わった。
もう一度イグナシオと会話しよう。

【ビショップ】イグナシオ

話を聞いて来て分かると思うが、各々当面の問題を解決するため、みな非常に慌ただしい。

みんな、自分のことしか考えてないみたいだけど?

私は誰よりも暁の預言者の身を案じている。
目覚めもせん暁の預言者など何の意味も無いではないか…。
どんな力を持ち、そして女神が何を伝えようとしておられるのか、全く分からぬ。
お若いのが暁の預言者を連れてきてくれたら…全てが丸く収まるのじゃが…(チラッ)

(ネストには入れないって言ったのに…)
さっきも言ったけど、ゴールドドラゴンのネストには入れないわよ。

ゴールドドラゴンが、お若いのに何かを話していたという報告を聞いたのじゃが…
ネストについて話してたのではないのか?
お若いのがジェレイントから信頼されていなかったとは……
面倒なことになってきたぞ。

そうね。これからどうするの?

関連クエスト




  • 最終更新:2015-07-24 21:39:42

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード