Lv30 小さな希望

lencea.jpg



エルティア

お姉ちゃん…それは違うよ。
ドラゴン同士の戦いだもん。
人間が入ることなんて無理だもん…
私たちは…(エルティアが堪えきれずに涙を流す)

(……どうしよう…なんとかしてエルティアを励ましてあげたいけど…)

小さな希望


勝利はしたものの、手がかりは消えてしまった…。エルティアと話してみよう。

DNクエスト

エルティア……私、ジェレイント様に会ってくるね。

……え?なんで…?

ジェレイント様はさ、黒衣の騎士と一番近くで戦った人だもん。質問すれば、何か新しい手がかりがつかめるかもしれないわ。

お、お姉ちゃん…!!(エルティアの目が輝きだした)
私…私…諦めようとしてた…。
うぅ…ぐすっ…でも、お姉ちゃんは諦めてなかった!
やっぱり…やっぱり私のお姉ちゃんは最高ね。お姉ちゃん…大好き♪
私は…お姉ちゃんを信じて待ってるね!

(うっ…き、期待されすぎると困っちゃうな…)
だ、大丈夫、任せといて!エルティア…待っててね!

うん!ジェレイント様は、セントヘイブンの地下秘密区域で休んでるんだっけ?
近いから安心だね~♪

地下秘密区域へ


負傷したジェレイントロゼを連れて行った場所に行ってみよう。


...


ジェレイント

古代人の子孫は私のネストの中心にいる。
この少女に会いに来たんだろう?

…ネスト?え?ここって…ネストなんですか?

そうだ。そしてネストの中心は聖域。
ネストの主人が認めた者以外は進入できない…
古代人の子孫を守るためには、これが一番良いのだ。

…あれ?私はなんで入れたんですか?

私が許可したからだ。アルゼンタを手伝ってくれたと聞いているぞ。
だから、信頼できる者だけを入れるようにしたんだ。

傷が治るまでは、しばらくここに留まるつもりだ。だがアルゼンタは出て行くつもりらしい。君に別れの挨拶をしたそうだったな…。
話しかけてやってくれないか?

ネストを完全に破壊するには、ネストの主を倒すしかない。つまり私だ…
もし侵入者がいても、私に任せてくれ。食い止めてみせる。

アルゼンタとの別れ


ジェレイントが、ロゼを守るためにセントヘイブン城の地下に自分のネストを作ったらしい。
だが、アルゼンタはどこか別の場所に行くつもりのようだ。
別れの挨拶をしよう。

アルゼンタ

ジェレイントったら面倒なことばっかり…
なんでそんなに苦労したがるのか分からないわ!

…で、でも…ジェレイント様はいいことをしてますよ…?

あの馬鹿…自分も怪我してるっていうのに、古代人の子孫の面倒まで見て…!!
古代人なんか見捨てて、傷の回復に集中すればいいものを…まったく…

み、見捨てるなんて……わ…悪いことだと思います。

ふーん?私に教えを説こうっていうの?生意気ね。
とにかく…ジェレイントは古代人の子孫を守ることを選んだ。もう私が言うことはないわ。
(言葉は刺々しいが、表情はとても穏やかだ)

あなたみたいな子をネストに入れるなんて…あいつは昔から他人を信用しすぎなのよ。
私はジェレイント以外は誰も信じなかったけどね…
ジェレイント…そのせいで失敗したっていうのに…

それって…50年前のことですか?

そうよ。
あの時、私とジェレイントはブラックドラゴンを倒しにセントヘイブンに来たの。
私は2人だけで十分だと思っていたけど…ジェレイントはそうじゃなかった。
仲間を集め始めたの。

あ…それが六英雄!ジェレイント様が六英雄を集めたんですね!?

あー、それそれ。でもそいつら以外にも、騒々しい部下たちが少なくとも数百はいたわ。
やれフェアリスターだの、シルバークレクレ…だの…本当に鬱陶しかったわ。
(アルゼンタがブツブツ言っている)

ブラックドラゴンを倒して、あと一息というところだったわ。
だけど、ちょうど宝玉を取り出した瞬間…
そう、あのベルスカードが横から奪い取っていったのよ。

ベルスカードは、宝玉を持って姿を消したわ。最初からそのつもりだったのよ!
……やっとのことでブラックドラゴンを倒したっていうのに…最悪よ…。
私もジェレイントも傷を負って、しばらくは身を隠すしかなかったの。

でも…なんで今になってブラックドラゴンに…?

ふぅ…ドラゴンの宝玉を手に入れたからって、人間がドラゴンになれるわけないでしょ?
それでも…奴は諦めなかった。だから古代人の力を狙ったんでしょうね。

古代人の力を得て、自らブラックドラゴンになったのよ。
まぁ、50年前のブラックドラゴンに比べたら弱かったけどね。
…当時のブラックドラゴンは、古代人が知恵を絞って作り出した奴だったから比べようもないわ。

ブラックドラゴンを…作り出した?それじゃ、アルゼンタ様とかジェレイント様も…?

はぁ…もう質問タイムは終わりよ。疲れたわ。
…とにかく、私はこのくだらない守護者ごっこに付き合うつもりは無いの。
もうここでやることもないしね。

どこに行くんですか?

カーラに会いに行くわ。
私の傷もそうだけど、ジェレイントの傷を治す方法を探さないと。

…えっ!六英雄のカーラ様!?

あの小うるさいソーサレスも英雄って言われてるの?
だったらそうなんでしょうね。
とにかく、私はロータスマーシュに行くわ。
DNクエストは、大人しくジェレイントと待ってなさい。

心配しないでください。私がジェレイント様の面倒を見ます。

ふふっ、笑わせるわね。
誰が誰の面倒を見るって?弱いくせに…他人の心配なんて…
本当に不思議な子ね、ふふっ。
(アルゼンタが一瞬だけ優しそうな微笑みを浮かべる)

それじゃ、私は行くわね。
(別れの挨拶が終わった。ジェレイントにブラックドラゴンの行方について聞いてみよう)

ブラックドラゴンの行方


ジェレイントに黒衣の騎士…ブラックドラゴンとの戦いについて聞いてみよう。

ジェレイント

古代人の子孫が心配なようだな。
私が倒れない限り、誰も彼女に触れることはできない。安心してもいいぞ。

えーと…(アルゼンタはもういなくなったようだ)
黒衣の騎士…ブラックドラゴンのことについて聞きたいことがあって…

何か気になることでもあるのか?

はい…。ホントは黒衣の騎士に直接聞きたかったんですけど…いきなり戦いが始まっちゃったので…
あの…ブラックドラゴンはまだ生きてるんですか?

君は…この少女を助けに来たんじゃないのか?
ベルスカードならかなりの深手を負わせたが…まだ生きてるかもしれないな。

…ホントですか!?

それすらも不明だ。相手の生死を判断できるほどの余裕はなかったからな。

黒衣の騎士のことで気になることがあるようだが、これ以上は分からない。少々疲れた…休ませてくれ。
君は君の道を行くがいい。
(ダグラスと話してみよう)

少々疲れた…休ませてくれ。君は君の道を行くがいい。

新しい手がかり


これ以上ジェレイントと話す事はなさそうだ。
ダグラスと会話してみよう。

【将軍】ダグラス

暁の預言者の救出に成功し、ブラックドラゴンは地に落ちた。
ようやく一安心といったところだな。
これも、お前の手柄だ。

ありがとうございます。ところで…

せっかく助け出した暁の預言者は、ずっと眠っているというが…。一体どうなっているのだ?
もちろん暁の預言者を放り出したりはせぬが…心配だな。

ダグラスさん!戦った後に黒衣の騎士を見かけましたか?

フム…傷ついた兵士の治療が最優先だったからな…
そういえば、イグナシオ殿が傷ついた兵士を見回っている時に何かを見つけたようだったぞ。
ひどく心配そうな顔をされていたが…

おそらく兵士たちを心配してのことだろう。
おかしなことに、参戦した兵士の中には無傷にも関わらず苦しんでいる者が多いからな。

イグナシオ様ですね?ありがとうございました!

関連クエスト




  • 最終更新:2014-08-23 11:07:50

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード