Lv24 冒険の同伴者

all.png



【マジシャン】サンダース

世界は神秘的なものに満ち溢れている。
お客様がこの私に問いかけてきたのもまた神秘でございます。

え?何の話…

サーヴァントに興味を持ったことがないというのは本当かな?
お客様の瞳の中は、気がかりばかり…。
自分を偽ってはいけません。

そんなことはありませんが…

冒険の同伴者


セントヘイブンの【マジシャン】サンダースがあなたに話したいことがあるようだ。
彼の魔法について話を聞いてみよう。

【マジシャン】サンダース

…もしや同伴者については既にご存知なのかな?
そう、まるで魔法のように現れては、救いの手を差し伸べ消え行く存在。

えっと…何のことですか?

な…なんと!お客様はサーヴァントの存在を知らないと!?
…お客様のような方がまだいたとは…驚きだ。

お客様が持っているアドリアーノチケットで、このサンダースが魔法を見せてしんぜよう。
サーヴァントを購入すれば、お客様の行く先々で冒険を手助けしてくれる同伴者が現れるのでございます。

同伴者だったら…私にはペットがいます。

失敬な!拾ってばかりの俗物とこの私の魔法を比較しないでもらいたい!
(サンダースの細い目がジロリと見開かれた)

あ…えと……じゃ、じゃあサーヴァントを呼ぶにはどうしたら?

サーヴァントを購入したら右クリックで契約ができる。
1度契約を交わしたサーヴァントは、特別な場合を除き、お客様の傍を離れることはない。
そしてお客様と契約を交わしたサーヴァントは、キャラクター情報の「サーヴァント」タブにあるサーヴァントリストで確認できるのでございます。

リスト?ってことは…たくさん呼べるんですね!

そんなことはない。
複数のサーヴァントと契約を交わしたとしても、1度に呼び出せるのは1人のサーヴァントだ。

選択したサーヴァントだけがお客様と共に戦い成長する。
実は…サーヴァントは嫉妬深いのだ。
(サンダースがなぜかヒソヒソと話す)

どうやって選択するんですか?

複数のサーヴァントのうち、共に戦う者を選択して[登録] ボタンを押すのだ。
実に簡単だ。
魔法のように、クリック1回で、サーヴァントがお客様と共にあるのでございます。

そうなんですね。

サーヴァントは嫉妬深いだけではなく、恥ずかしがり屋…
人が多く行き交う町では姿を現さない。
サーヴァントが現れないからと、慌てふためかぬよう…

じゃあどこで現れるんですか?

お客様が寂しく冒険をしている時…そう…パーティメンバーが2名以下の時に現れるのです。
3名以上だと恥ずかしがり、姿を見せてくれない。

恥ずかしがり過ぎですね。

サーヴァントとの冒険を続けると、サーヴァントのレベルが上がっていく。
最高レベルに達したサーヴァントは、転生させると、より高い等級のサーヴァントに転生することができるのだ。

おお、転生…

フフフ…全ては魔法のなせる技。
複雑な話がご所望ですか?
ならば…エネルギーを吸収したサーヴァントは、身体となる分子と女神の記憶の中にある特別な魂の構成体が反射するビームを通して、ある領域に噴射されると相互干渉作用が起こり、新しい単位の分子で再構成され…(非常に難解な講釈が始まった)

……

失礼。
難しい話でしたな。
簡単に説明すると、転生の過程を経て、より良い等級のサーヴァントと契約できるということだ。
サーヴァントリバーサーの使用方法は敢えて説明する必要もないだろう。

へぇ~、早く使ってみたいです!

お客様の反応は予想済みでございます!
それでは…お客様の望むサーヴァントが出ることを祈っておきましょう。

(確認する)

関連クエスト




  • 最終更新:2014-10-07 19:39:58

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード