Lv24 ロゼを救う理由

machina.jpg



【ビショップ】イグナシオ

今、お前と話せることはないのう。

捨てられたウィルドンハロウでは黒衣の騎士に会えなかったのか?
暁の預言者の痕跡はなかったか?

(目撃したことを話す)

【ビショップ】イグナシオ


イグナシオが人目を避けて会話しようと、黒き山裾まで来た。
彼と会話しよう。

【ビショップ】イグナシオ

黒衣の騎士と金髪の剣士…。
やつと対等に渡り合えるほどの力となれば…、彼らかもしれん…
銀髪の女剣士には会わんかったかの?

アルゼンタのこと?会ってないわ。

アルゼンタじゃと?では金髪の剣士はやはり…ふぅむ…。
そうじゃったか。

やつらの手に暁の預言者が渡らぬよう、一刻も早く暁の預言者を探さねばならん。

…悪いけど、別にその子はどうでもいいのよね。
…そうだ、これ。
エレナの手紙よ。
アタシ、エレナからアンタの所に行けば腕を治してくれるって聞いて、それで来ただけなの。

(イグナシオが義手をじっと見た)
もちろんじゃ、お前の腕くらい簡単に治してやろう。
じゃが、腕を治すには我々の知識の他に、暁の預言者の力が必要じゃ。
あの少女を探してくるがよい。
暁の預言者を逃せば、すべては水の泡じゃ…、お前の腕も暁の預言者にかかっておるぞ。

黒衣の騎士と金髪の剣士はどこへ向かったのじゃ?
やつらを追うのが先決じゃのう…

あっちの方に行ったわ。

ふむ。
ではおそらく黒竜の領地へ向かったのであろう。
奴にとっては庭のようなものじゃ。
暁の預言者を取り戻すには、黒竜の領地を攻略するのが早いが…、今そのような兵力はない。

神殿騎士団はマナレージとキャデラックへ派遣されてまだ戻ってきておらぬ。
万一戻ったとしても、とてもじゃないがすぐには出せんはずじゃ。
どちらにしても戦力にはならん。

じゃあ、誰か他の人に手伝ってもらえばいいじゃない?

ほお、良い考えじゃ。
セントヘイブンのエリートガードを使うか…。
お前は彼らに協力するふりをして、暁の預言者を手に入れたらすぐに私の所へ連れて来るがよい。

じゃが、セントヘイブンのエリートガードは今、ダグラスと共に黒き鉱山に集結しておる。
将軍の許可が先決じゃの。

うむ、急ぎの手紙を黒き鉱山のダグラスに出すことにしよう。
(イグナシオはこちらを一瞥した後、言葉を続ける)
お前は獣人だからのう…、直接説明するより私の手紙の方が早かろう。

お前に暁の預言者救出という功を与え、城に出入りできるよう尽力してみよう。
それまでは、私との関係が明るみに出ぬよう…、忘れるでないぞ。

ダグラスのもとへ


イグナシオはエリートガードを集合させようとしたが、彼らはダグラスと共に黒き鉱山にいるらしい。
ダグラスに会いに黒き鉱山へ向かおう。

【将軍】ダグラス

ん?お前はだれだ?
ここは獣人がうろつくには少々危険だ。
ロータスマーシュへ帰るがよい。

アタシはDNクエストよ。


初めて聞く名前だが…。
私に何の用だ?
見ての通り、私は重要な作戦を遂行中なのだ。

(将軍がイグナシオの急ぎの手紙を見て目を見開いた)
こ、これは…、イグナシオ殿の伝言であったか。
イグナシオ殿が獣人の手を借りて伝言するとは…、よほどの事態なのだろう。

…ふむ。
暁の預言者が黒衣の騎士にさらわれた…と。
何っ、黒衣の騎士が再び戻り、何やら黒き山裾のあたりが騒がしいと…、うむ、承知した。

黒き鉱山は、軍需品補給地としてとても重要な場所なんだ。
ここを魔物に奪われでもすれば、それこそ大事になる。
しかし、今は暁の預言者を救出するのが最優先…、ここの防備はしばらく冒険者ギルドに任せるとしよう。

さぁ、兵を動かさねば。
副官たちと退却経路を話し合わねばならんな。
お前は先に戻るがよい。

私は急いで予備兵力を徴兵せねばならん。

私は城に戻る。
伝言ご苦労だったな。
(ダグラスが優しく頭を撫でた)

...


将軍の帰還


ダグラスは兵を退却させることを約束した。
セントヘイブンのシャオロンの所へ行って詳細を伝えよう。

【武道家】シャオロン

DNクエスト、おいおい、黒き鉱山に行ったんだって?
なんでまた、あんな危ないトコに行ったんだ?

イグナシオに頼まれてダグラスに手紙を渡しに行ったの。

ダ、ダグラス将軍!?
こりゃまた、大きな魚を捕まえたもんだな!ガ~ルルゥ♪


関連クエスト




  • 最終更新:2015-07-24 19:45:57

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード