Lv12 不思議な銀髪の女剣士

machina.jpg



【レンジャー】ファーガス

ワールウィンド峡谷に黒衣の騎士が現れて少女を連れ去った!?なんてことだ…

黒衣の騎士登場


キャデラックにいるファーガスに、黒衣の騎士が現れたことを伝えよう。

【レンジャー】ファーガス

それが本当なら黒衣の騎士も古代人の力を狙っているということになりますね…
冒険者ギルドと連絡を取り、事実確認ができ次第、黒衣の騎士を追わなくては…

…それ!アタシも手伝ってあげる。

ああ、いえ。
マナレージの冒険者様も我々の力になってくれるそうなので…
無理にDNクエストさんの手を煩わせることでもなさそうです。

あっ、そう…いいわ。ただの社交辞令よ。
(フンッ、獣人は仲間に入れない、ってことね!
いいわ。…あっ、師匠にセルスに会ったことを話さなきゃ!)

シャオロンの提案


ファーガスはこちらの助けを必要としていないような素振りだ。
ひとまずシャオロンに会って、セルスとのことを報告しよう。

【武道家】シャオロン

ロゼはどうなった?おいらの弟子なら、もちろんバババッて見つけ出したんだろ?
はっはっは!これからは、おいらたちが暁の預言者を救った英雄だぜ!

(ため息をついて、ワールウィンド峡谷でのことを報告する)

セルスを見つけたが……黒衣の騎士だって?なんだそいつ?

知らないわよ、そんなの。あ~もう、どいつもこいつも邪魔ばっかり…はぁ…

たぶん、ロゼが暁の預言者だからだろうなぁ。
マナレージの冒険者から聞いたんだが、ロゼは暁の預言者の星の下に生まれたらしいな。

古代人の預言については聞いたことあるだろ?
暁の預言者の星の下に生まれた者が世界を救うって話だ。
未来を夢に見ることができる…って聞いたんだけど…ガ~ルルゥ?
(シャオロンははっきりと思い出せないのか首を傾げている)

じゃあ、セルスはきみの仲間を助けようとしてるんじゃないのか?
セルスだけが知ってる「何か」があるんだっけか?
それにきみの仲間を保護してるってことを考えたら…別に悪い奴じゃない気がしてきたんだが?

何言ってるの?あいつが飛空艇を落とさなかったら、アタシらは今頃赤の商団で治療を受けて…ウッ!
(義手の隙間から再び黒い液体が流れ出てくる)

おっと。
また痛むのか?隻腕拳法は、応急処置にしかならなかったか…。
たくさん義手を使えば、隻腕拳法の力で痛みを抑えられるが…まぁ限界があるよな。
綱渡りをしてるみたいに、いつ転んでもおかしくない状況ってことだ。

セルスの言うとおりなら、ロゼを見つけたらきみの腕も、きみの町の人も助けられそうだな。

う~ん、ってコトはやっぱりマナレージの冒険者より先にロゼを見つけなきゃなんないってことだぞ?
ファーガスはきみの助けは必要ないって言ったみたいだけど、そうだなぁ…デカードはどうだろうなっ?

そんな一般兵の言うことなんか無視してさ、デカードのところに行って、黒衣の騎士探しを手伝いたいって言ってみようぜ!
ただでさえマナレージの冒険者が頼りないってデカードが心配してたんだ。
獣人は獣人でもおいらの弟子だっ、そんな強力な助っ人ならあっちもきっと万々歳だぜぇ~♪

ギルド長の力


シャオロンの提案通り、デカードに黒衣の騎士について聞いてみよう。

【冒険者ギルド長】デカード

ウン?
初めて見る顔だな…ああ!お前がシャオロンの弟子とか言う子か?話は度々聞いているよ。
冒険者ギルド長の私に挨拶もせず、レンジャーのファーガスと仲良くしていたらしいな。

(さては師匠の仕業ね…)
違うわ。師匠が代わりに挨拶しといてやるって言ったの。

ハハハ、わかっているさ!
なぜなら、本当はシャオロンがきっちり私に伝えてくれていたからな!
フフフ、シャオロンめ!愉快で良いヤツだ!!
(デカードは満足気な顔をしている)
それで、何の用で来たんだ?

黒衣の騎士の追跡をアタシも手伝いたいの。

ウム…ただの噂にすぎないが、黒衣の騎士が龍の使徒やドラゴンの手下だと言う話も聞く。
ギルドの偵察隊が、黒衣の騎士が聖域-森林-へ移動しているという情報を入手した。
そこで、ギルド員を投入したのだが…

ふむ…。
すでに黒衣の騎士を捕まえて、少女を救出しているかもしれんな。
本当に手伝いたいのなら、ギルド員が少女を聖域-森林-からキャデラックまで護送するのについていっても構わんぞ。

聖域-森林-ね。分かった、行ってみるわ!

ウム、ではそうしてくれ。
聖域-森林-クリスタルレインの橋の向こう、沈黙の森入口から行けるはずだ。

...


聖域-森林-へ進入


デカードの情報によると黒衣の騎士は少女を連れて聖域-森林-へ移動したらしい。
クリスタルレインを通って聖域-森林-へ向かおう。


聖域-森林-で【冒険者ギルド員】ウィルバーと会話


聖域-森林-で、傷を負った【冒険者ギルド員】ウィルバーに出会った。
黒衣の騎士の行方を知っているか尋ねてみよう。

【冒険者ギルド員】ウィルバー

ん…だ…誰ですか?もしかして黒衣の騎士の手下?
(怪我のせいで顔色が悪い)

失礼ね!デカードに頼まれて来てあげたっていうのに!

ウッ…獣人の助っ人とは…ううっ…黒衣の騎士を捕まえるために待ち伏せをしましたが、あっけなくみんなやられてしまいました。

ねえ、赤毛の女の子を見なかった?

黒衣の騎士と一緒にいたあの赤い髪の少女のことですか。
黒衣の騎士が神殿の中に連れて行ったのですが…。
その後どうなったかは分かりません…うう…

神殿の中ね…分かったわ!すぐに行かなきゃ!!

わ、私は大丈夫ですから…黒衣の騎士を追って中に入っていった他のギルド員を…よろしくお願いします……

聖域-森林-で黒衣の騎士を追跡


黒衣の騎士は少女を連れて聖域の中へ向かったらしい。
聖域-森林-の中で黒衣の騎士を追跡しよう。
}


銀髪の女剣士との出会い


すぐに冒険者ギルドへ報告し、少女を連れ去った黒衣の騎士を追って聖域-森林-へと向かった。
そこで、ついに2人を見つけたが、黒衣の騎士にはまったく歯が立たず気を失ってしまった。
その時現れた謎の銀髪の美女。彼女に話しかけてみよう。

アルゼンタ

…何しに来たの?
(銀髪の美女が面倒くさそうに聞いてきた)

黒衣の騎士を追ってきたの。誰よアンタ。

黒衣の騎士を追ってきたですって?
フフッ…黒衣の騎士に関心を持つのはまだまだ早いわ。
命が惜しければ早く帰ることね。

それはできないわ。
アタシの命はあの子に懸かってるんだもの。

あの子?黒衣の騎士が連れ去ったっていう赤毛の子の話かしら?

そうよ。古代人の子孫だって言う女の子。

なんですって!?(銀髪の美女が顔を歪める)
…クッ、遅かった…!
あなたの言うとおりその子が古代人の子孫なら話が変わってくるわ。
でもなぜあなたは黒衣の騎士を追ってるのかしら?

ロゼを追いかけてまわってるセルスって奴が、古代人の子孫の力でアタシの腕を治す方法を知ってるみたいなの。
だからそいつに会わなきゃ。

セルス?
また面倒なのが増えたわね…

悪いやつよ…!アタシの町のみんなが乗ってた飛空艇を墜落させたの……アイツ…仲間と一緒に悪さしてまわってるに違いないわ!

そう。
あなたは黒衣の騎士じゃなくてそのセルスとかいう子に用があるわけね。
じゃあ、そのセルスとかいう子を頑張って探しなさい。
私は急いで黒衣の騎士を追わないと…

ねえ!アタシが獣人でも気にならないって言うなら手伝ってあげるわ!
その子を探すのも黒衣の騎士を探すのも目的は一緒でしょ。

獣人?あなたが獣人だからなんだって言うの?
おちびちゃん、あなたはあなたの尋ね人でもしっかり探してなさい。

…へぇ。アンタはアタシが獣人でも関係ないのね。
まぁ、助けがいらないっていうなら、ここにいても仕方ないし。
デカードのトコにでも行くわ。

デカードに報告


聖域-森林-でのことをデカードに報告しよう。

【冒険者ギルド長】デカード

うぅむ…まさかギルド員が全滅するとは…
黒衣の騎士は私の予想以上に強かったようだな。
お前は大丈夫なのか?

(事の次第を説明する)

黒衣の騎士にやられたお前を、赤いローブを着た銀髪の女剣士が助けてくれた?
銀髪の女剣士なら彼女のことだと思うが…

彼女!?知ってるの?

フム…味方なのか敵なのか、よくわからん人物でな。
詳しいことは知らないが、黒衣の騎士が現れた頃から活動し始めた冒険者だという話だ。
聖域-森林-に黒衣の騎士が現れるという情報も、あの銀髪の美女から聞いたものだった。
お陰でキャデラックの冒険者ギルドは戦力の半分を失ったがな…

今いるキャデラック冒険者ギルド員では、とてもじゃないが黒衣の騎士を追えそうにない。
別の冒険者の助けもかなり必要になってくるだろう。
これからも銀髪の女剣士や黒衣の騎士についてなにか分かったら、すぐに知らせてくれ。

そうだった!
お前のお師匠様がお待ちかねだ。
弟子が師匠を待たせるもんじゃないというが、さてどの国の言葉だったかな…?
では、お前は師匠のところに行きなさい。

(アイツ…自分が師匠だってところかまわず言いふらしてるみたいね。
チェッ、ただ必要だから利用してるだけなのに…)

シャオロンの情報


デカードの話によるとシャオロンは何か言いたいことがあるようだ。シャオロンに会いに行こう。

【武道家】シャオロン

DNクエスト~!
デカードを助けて聖域-森林-に行ったんだって?

どうだ?兵士なんてのはリーダーの一言で右向け右だったろぉ~!!
よぉし、…で、今回こそおいらの弟子らしく、サクッと解決してきたんだろ?

(面倒だけど何があったのか説明しよう)

関連クエスト




  • 最終更新:2015-07-22 22:47:20

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード