[転職]自分を信じます

Academic.png



【アカデミック】ジャスミン

DNクエスト

はい、お姉ちゃん。

自分を信じますⅠ


アカデミックステーションにアクセスしてみよう。

(アカデミックステーションの接続に問題があるのか、ジャスミンの声が聞こえない)

お…お姉ちゃん?

簡単じゃないって事は分かってるでしょ?
でも、あなたは[時空移動のための研修プログラム101種]全てに合格したんだから、絶対やり遂げられるわ。

お姉ちゃんのおかげです。今でも自信がありません…

ふふっ、DNクエスト。まだまだ子供ね。
私も一緒に行けなかったのは残念だったわ。
最初の座標もそうだったし、考えていたのより誤差が多くて…

確実なものなんてありません。

それに、最近になって不安定な電波を感知し出したのも心配ね…。
十分なサポートはできないけれど、ここでできることを考えてみたの。
でも、出発した以上サポートする方法は限られてるわね。

不安定な電波…?んー、どうしましょうか…

理論だけじゃ確実ではないけど、その世界であなたの存在を安定させるには転職をした方がいいようね。

う~ん…やってみます!どうすればいいですか?

それじゃあ、アカデミックステーションにある職業遺伝子安定化プログラムを起動しておくわ。
準備ができたらプログラムに接続してみて。

(プログラムに接続する)

(ベルスカードが深刻な顔をしている)
(ジャスミンが深刻な表情でベルスカードと会話している)

自分を信じますⅡ


【アカデミック】ジャスミンとベルスカードが話しているようだ。話を聞いてみよう。
(※転職クエストはパーティ状態では進行できません)

ベルスカード

皆を救うために彼らを犠牲にするというのは道理ではないと感じる。
アポカリプス号で過去に移住させるほうが良いのではないか?



【アカデミック】ジャスミン

ジェレイント様に影響されたんですか?
ベルスカード様も情が深くなりましたね。
ですが、私の意志は変わりません。
私にとって大切なのはここにいる人たちであって、過去の彼らではないのです。

ご存じの通り、過去へのタイムスリップには多々難点があります。
中でも致命的な問題は、互いに違う時間を生きる同一人物が、同じ時空間を共有する事はできないという事です。
正確な原理はまだ解明されていませんが、そのおかげでケビンおじいちゃんは身体を失い…結局戻って来れなくなりました。

だから、ここの皆が過去に戻るとしたら間違いなく多くの人間が消滅してしまいます。
過去に行く事ができるのは、ごく一部の人間だけです。
50年以上を生きたエルフや他の種族達、そしてベルスカード様、あなたも過去に行く事はできません。



ベルスカード

…………
(ベルスカードが沈黙する)



【アカデミック】ジャスミン

納得して頂けましたか?
私達が選べる道は、ただ1つしかありません。
新たに平和なアルテイアを創造する…モノリスの力があれば可能です。



ベルスカード

もし失敗するような事があればどうするつもりなのだ?
何か別の計画でも?



【アカデミック】ジャスミン

失敗した時のことは考えたくありません。
でも、万が一、そのような事が起これば…
その時は最後の手段を使うしかないでしょう。



ベルスカード

最後の手段?



【アカデミック】ジャスミン

皆を連れて安全だと思われる過去に移住するのです。
今の世界に広がるレブリウムを集めれば、ここの皆を連れて最大50年前に移住することができます。
理論上、の話ですが…



ベルスカード

過去への移住は無理だと言ったではないか。
過去の人間と現在の人間が同じ時空を共有する事は不可能だと…
………ジャスミン…まさか、お前は…?



【アカデミック】ジャスミン

そうです。だから私も最後の手段は使いたくありません。
私はただ、新しい世界を造ってここの皆と一緒に生きていきたいんです。
DNクエスト…あの子が計画を成功させれば…。
それが犠牲を最小限にできる、唯一無二の方法です。



ベルスカード

…ジャスミン、お前は恐ろしいな。
…だが、それがお前の意志ならそうするがいい。
お前がこの世界の未来を担った瞬間から、お前には義務と同時に権利が与えられているのだからな。

自分を信じますⅢ


ふと出発前にベルスカードが言った言葉を思い出した。
選択の部屋でベルスカードと会話してみよう。

ベルスカード

これから過去に行くのだな。
準備はできているか?

この世界とは違い、50年前にはたくさんの人間がいる。
様々な人と出会い、そして別れを経験することだろう。

ワクワクします。知ってる人の昔の姿を見れるんですもん!

浅はかな期待を抱いているな…
過去の世界では、困難に陥る者たちに出会うことだろう。
だが、歴史はすでに決まっている。彼らがどうなるかもお前は知っているという事だ。

もし危険が迫っている人を目前にした時…
お前ならどうする?

ジャスミンお姉ちゃんは…歴史を変えるような危険な事はしちゃダメって言ってました。

お前自身はどうなのだ?
ジャスミンと同じか?

お姉ちゃんが正しいけど…。やっぱり助けてしまうかもしれません。

……
お前の心に従え。
助けたいと思ったのなら助けろ。

え?だけど…そうしたら任務に失敗するかもしれませんよ?

私もジャスミンの計画に反対する訳ではない。
…それに今はこの方法しかないと思っている。
だがこれは過去の人間たちを苦しめる道だ。

そ、それは…

正解など存在しない…
最後は任務を遂行するお前自身が選べばいい。

ベルスカード様は、私に何を願っておられますか?

…私は……
DNクエストが後悔しない道を選んでくれればそれでいい。
自ら考え、自らが願う道を行ってこい。

そんな重大な事…私に決める資格があるのでしょうか?

当たり前だ。英雄は誰かが決めるのではなく、自ら考え行動する者の内から生まれてくるのだ。
お前も新しい英雄になる可能性を秘めている。

……(期待が重い…)

私の知るお前なら資格は十分に持っている。
(ベルスカードが1人つぶやく)
自分が何者なのか…それを知った時、お前にもその意味が分かるだろう…

選択は…DNクエスト、お前がするんだ。
さぁ、出発の時間だ。

自分を信じますⅣ


目標の座標に戻ってきたようだ。
アカデミックステーションにアクセスして、職業遺伝子安定化プログラムを実行しよう。

アカデミックステーション

▶ローカルインターフェースでシステムを起動中です。
▷使用者認証完了
▷職業遺伝子安定化プログラムを実行します。

Connect……………
▷転職可能な職業を画面に表示します。
▷体験プログラムを起動します。

自分を信じますⅤ


新しい職業を体験して、どんな職業にするか決めよう。



自分を信じますⅥ


新しい職業を体験した。どんな職業に転職するか選択しよう。

アカデミックステーション

Connect………
▶体験プロセス進行中の使用者です。
▷転職する職業を選択してください。
▷職業を選択するともとにはもどれません。

[転職]

ID Card Information Change……Successed!!
▷おめでとうございます。転職が完了しました。

自分を信じますⅦ


転職に成功した。キャデラックのアカデミックステーションを利用してジャスミンに報告しよう。

【アカデミック】ジャスミン

ずっとステーションのシグナルが途絶えてたから心配したのよ。どうだった?

よくわかりませんが…転職は成功したみたいです。

おめでとう。あなたが無事でよかったわ。
おかしな電波も今は感知されなくなったようね。
今回は私が何も手伝えなかったのによくやったわ。さすが私の妹ね。

へへ…

新しい[キャラクター職]のIDカードが気に入ったみたいね。
あなたの転職を祝う意味も込めてプレゼントを贈っておいたわ。
いつも一緒にいてあげれないのが残念だけど、私はいつでもあなたの無事を祈ってるわ、DNクエスト。

※転職を完了しました。

ついに[キャラクター職 ]になったのね。
これで新しいスキルも覚えられるし、もっとがんばらないとね!

はい!がんばります!

関連クエスト




  • 最終更新:2014-09-15 03:33:23

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード