[ネスト]リバース・ボルケーノネスト

all.png



画像を表示 画像を表示

【旅人】フリー

うーん…
(フリーがチラシを見ながら、妙な表情を浮かべている)

何見てるんですか?

お、DNクエスト君じゃないか。
これかい?最近、セントヘイブン中でばらまかれているチラシなんだけどね。
キミも見てみるといいよ。

それじゃあ……って平和とチキン教団?

リバース・ボルケーノネスト


フリーに、平和とチキン教団が配ったチラシを見せてもらおう。


画像を表示 画像を表示

平和とチキン教団

チーメン!
同志たちよ。常にチキンと共に過ごし、チキンと愛を語らい合っていることだろう。
だが我は今、幾ばくの恐怖を感じている…

(チーメン!このノリ懐かしいなぁ)

汝らが平凡なチキンで満足してしまえば、我らの今までの努力は水泡に帰してしまう!
つまり汝らが平穏無事に、チキンとの素晴らしい対話を続けられるか否か…それが怖ろしいのだ!

(チキンと会話とか…病んでるね)

我らはこれまで、平和とチキンのために努力してきた。
より美味なるチキンを求め、山を越え、川を渡り、地に潜り、時には空にまで上った!

(え…かなりの冒険者さん?)

だが最近、農場で育てた平凡極まりないメガミニワトリ如きで満足してしまう同志が増えていると聞いた!
我は今まで、そのような月並みなチキンを食べようなどと、考えたこともなかったぞ!

(ニワトリにメガミって付けたの誰だ…)

同志たちよ。
我らはついに答えに辿り着いたのだ。
今までと同じようにな!
今回発見したのは、前に食したボルケーノチキンと似て非なるもの。
そう…異世界に存在するボルケーノチキンだ!
その巨躯には常に炎が燃え広がり、翼を広げれば業火が辺りを埋め尽くす!

(それ…食用なの?)

…我の言わんとしていることは分かるな?
その通りだ。
つまりいつ如何なる時でも、アッツアツのチキンにむしゃぶりつけるということだ!
明日でも明後日でも明々後日でも!!
あぁ…なんと素晴らしいことだろう。
賞味期限のないチキンなど、夢のまた夢だと思っていたぞ!!

(いや…言うても腐るでしょ…)

同志たちよぉ!時は来たぞ。リバース・ボルケーノチキンを迎える準備をせよ!
爆炎の中心に存在する美味なるチキン!早く食したい!我が胃袋へと導いてやりたいぃぃぃ!!
チーメン!
(チラシの内容はまだ続いているが、正直読むのに疲れた)

熱いなぁ…



画像を表示 画像を表示

【旅人】フリー

なんかスゴいよねぇ。
読むだけでお腹いっぱいというか、胸いっぱいというか?

その気持ち、よく分かります。

でもこの人たちって、どうやって知ったんだろうね?
異世界のことなのに…。
正直、それを知れたという事実が怖いんだけど。

あははは…

彼らが見つけたのは、復活したボルケーノネストだよ。
不死鳥よろしく復活するなんて…スゴいチキンだよね。
まぁでも、DNクエスト君なら簡単に倒せちゃうか。

もちろんです。
いただいてきますね!

ははっ、どうぞ召し上がれ。
それじゃあ[リバース・ボルケーノネスト]で遊んでくるといいよ。
[時空の庭園(Lv.95)]にある[リバース・ボルケーノネスト]の入り口から行けるはずだ。
頑張ってくれ!

関連クエスト



  • 最終更新:2017-06-24 19:58:04

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード