世界観


女神アルテア

アルチェリンガ

女神アルテアが創造した豊かで慈愛に満ちた世界。
善良な心を持つ古代人、それらを守護する「エンシェントドラゴン・ケイオスドラゴン」がいた。

アルテイア大陸

アルチェリンガに存在する大陸の1つ。
プレイヤーが物語を繰り広げている舞台。



古代人

女神の恩寵に恵まれ紋章と宝玉について膨大な知識を持っていた存在。
元々アルチェリンガにはこの古代人しかいなかった。
女神アルテアが堕落の毒を口にしてからというもの、善良な古代人たちは闇に汚染され、徐々に堕落していった。

なお、堕落の毒を初めてアルチェリンガに持ち込んだのも古代人(【賢者】アルノらよりもさらに古い時代)であるらしい。



暁の預言者

女神の夢を視る能力を持った特殊な人間。【賢者】アルノは暁の預言者が人間を救いに導くとは予言。
ただし本人自体に「救う」力はないようだ。
作中では「古代人の末裔ロゼ」がこれにあたり、モノリス(女神の意思)を読み取ることで修復する力を持っている。



メビウス

未来からの侵入により変異してしまった時空間によって、ねじられた世界を修正するためにできた余剰なる世界(いわゆるパラレルワールド)。



闇の境界

女神が見る悪夢の影響を最も直接的に受けている場所。
選ばれた闇の女神官たちが魔法の障壁で闇の境界を囲い、外部に毒が漏れないようにしている。
しかし、強大になりすぎた闇の力を抑えきる事ができず、その結果アビスというステージが発生した。

女神ベスティネル

ミストランド

女神ベスティネルの世界。女神アルテアと同様で創造したものかどうかは不明。
この世界からビヨンドドラゴンを送り込み、女神アルテアの世界アルチェリンガを破壊し始めた。
50年後の未来では、このミストランドから多くの魔物が送り込まれているようだ。

女神の欠片

古代人の実験によりアルチェリンガに呼び出されたミストランドの存在

ルナリア

美しく、真っ白で、背が高くて、髪が長くて、無口で…謎に包まれた女性。
時間移動が可能で様々な時間をアサシンと共に過ごしてきたようだ。
その正体はベスティネルの欠片。使命は「モノリスの扉を開ける事」。
しかし、それを実行してしまうとアサシンは消えてしまう。
彼女は使命とは相反する気持ちを抱えてしまったため、違う結末を手に入れようと何度も時間を戻し…ついには感情をなくしてしまった。



仮説

変異体生息地付近にいる変異していない魔物はミストランドからきたものではないかとされている。
ロータスマーシュ地域に落ちた隕石もこのミストランドから移転してきたものではないか。

モノリス

アレンデルに存在する女神アルテアの意思と繋がっている扉のこと。
モノリスは夢への橋であり、同時に女神がこの世界を忘れないための媒介体。
ミストランドに通じる扉がある場所でもある。
これが開かれると【世界を終える準備が整った合図】とみなされ女神との連結が切れアルチェリンガは少しずつ消滅していく。
跡形もなく消え、モノリスに少しずつ吸収されていき、ミストランドの一部となる。

モノリスの扉は何度開かれている?
A.3回+α(現在の進行状況までで)
【1回目】
時期 賢者アルノ】を含めた古代人たちによって。数百~千年前。
目的 女神ベネスティル側としてはアルテアを乗っ取りたいがために開こうとしている。堕落した者は基本的にベネスティル側の考えを持っていたが、古代人特有の知識欲によるところも大きい。
結果 古代人の数多くの命と、アルゼンタにより閉じられた。
【2回目】
時期 ルナリアによって。おそらく500年前。
目的 ルナリアの目的もまた女神ベネスティルに沿っているため、開かねばならないという意思がある。
結果 フェザーとレッドドラゴン、メリエンデルの力により閉じられた。この時、フェザーはモノリスの扉の真実(この世が女神の夢ということ)を知る。
アサシンがルナリアの力を使い、直前で500年前に飛んでいる模様。
この時アサシンが折れた場合は結果アサシンが消えてしまうため、事実を受け入れられないルナリアは何度か時間を巻き戻しこの2回目の出来事を繰り返している。
今回の物語は、どうやらアサシンが折れなかった場合で展開。
【3回目】
時期 フェザーによって。現在の時間軸。
目的 世界を全て壊して、新しい世界を作るため。
結果 アルゼンタがばらまかれた毒を全て吸収し、消失した。フェザーは現在力を蓄えるため静かにしている。扉は開かれたままだが、各々の思惑により侵攻はされていない様子。

とある学者の話

神々の王デスモデウスの指示により女神アルテアと女神ベスティネルがそれぞれ別のアルチェリンガを作った。



  • 最終更新:2016-11-18 12:01:24

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード