ミストランド


ミストランド

女神ベスティネルの世界。
アルテイアの存在を破滅させるため、ただ女神ベスティネルの恨みから造られた世界。
アルテイアを複製した模型の庭園。
欲しいものは奪い、力のない者は服従し、使えない物は捨てるのが当然だと教えられる。

メルカ

メルカの商人が荒れ地を開拓して造った楽園。
様々な勢力が行き交う自由中立国家
この国では経済こそが法則で、多くの情報が自由市場に流れ込んでいる。
たとえチャイルドであっても、ここで争いを起こすことはできない。
人間はここで高い税金を払うことで、安全を得ている。



反女神派

反女神派とは女神ベスティネルの支配理念に反対する人々で、世界の救いと善の心の回復が信条。
その活動はアルテイア侵攻の阻止。



チャイルド

女神ベスティネルの手によってばらまかれた恨みの種が芽吹いたことにより生まれた闇の子。
アルテイア侵攻のために創られた「究極の兵器」とされている。
覚醒する際に、本能により自分と関わりの深い者から排除してきていたため、どう誕生するのかを知る者は長年いなかった。
同じチャイルドであってもそれを倒し、相手の宝玉を吸収してより強くなることを生きる目的としている。
生まれたばかりのチャイルドは「プロトチャイルド」と呼ばれている。



アルテアチャイルド

自我を失うことなく、自分の意思を持った新生チャイルドのこと。
反女神派からすると、ベスティネルに対抗できる「駒」となる。



カタストロフ

エリート兵士だけが入れる、ミストランドでの貴族的な立ち位置。
チャイルドを支援し、その恩恵を預かる事ができる。



【ベスティネルの巫女】

ミストランドの生命体に女神が憑依したもの。
女神ベスティネルと相性の良い適合者なら、種族に関係なく巫女として選ばれるが人間が多いようだ。
女神の言葉を伝える者として機能し、その者の自我が強くなりすぎて問題となる場合は、廃棄されてしまう。
巫女に選ばれると、女神教の総本山「神聖エダート帝国」の女帝になれる。
現在は、ピティアという少女がその役を担っている。


メルカの人々

【メルカ国王】ベルニカ

メルカの蒼き毒蛇と呼ばれるほど、諜報や策略に長けた人物。
非常に凄惨な経験をしてきている。
ダイダロスの子。

【イベール】

反女神派の連絡係として所属している少女。
ミストランドでの生き方に疑問を持っている。
強くあろうとしているが度重なる不幸により、その心はかなりもろくなってきてしまっているようだ。
トリヤンにより連れ去られた【グレル】を守り、その命を落とし、ネイブリーズ平原に墓が作られた―…ようだが、宝玉が覚醒してチャイルドになってしまった。

【グレル】

【イベール】の弟。生計を立てるため、ネイブリーズ平野の工場で働いていた。
【イベール】が自分を守って死んだことをきっかけに、チャイルドとして覚醒。
同時に【トリヤン】の宝玉を取り込んだからか、自我を保つことができている。

【ギイ】

【イベール】や【グレル】たちの長兄。
ドリムゴルド鉱山の採掘場で仕事をしている。
しかし、ドリムゴルド盗賊団が鉱山を襲ったことにより、働き手でもあった彼はそこで命を落とした。…ようだが?

ラピス

【メルカ国王】ベルニカがドリムゴルド盗賊団に送り込んだスパイ。
現在は盗賊団の副頭にまで上り詰めている。
ラズリ王国の王子。

シャリカ

メルカの先王の一人娘。
現在は国を出て世界を回っているようだ。

狂気のマッドバード

ネイブリーズ平野に現れる詩人。
密偵の任務を請け負っている。


【トリヤン】

チャイルドをまとめあげているチャイルドの一人。
【グレル】によってその宝玉を奪われた。

【ノルペ】

南部領地の領主。


ラズリ王国

ラピスラズリを象徴にしている天然の要塞。
しかし、たったの3日でチャイルドによって滅びた。
雪原にされてしまった氷土に、死者の彷徨う地となり、人々は関心を抱かなくなってしまった。
現在はヘイズアイスドラゴンネストが展開される地となっている。

ダイダロス

伝説の建築家で名匠。
し彼はベスティネルが作った地域の奇怪さに心を奪われ、まだメルカ市国が安定化する前の混乱期に乗じて、青い砂漠に家族と共に移住し自分だけの迷宮を作ることに専念した。
その美物を創造し、蹂躙する神に匹敵するほどの建築物を残したかったのだ。
その後、彼はダイダロスネストを展開するまでになった。



  • 最終更新:2016-11-10 14:05:23

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード